ブルームーンの天秤座満月 (2018年3月31日)にオススメしたい3つの事。

満月の願い事 占星術

本日は占星術について。

普段から占星術を生活に取り入れているのですが、自分で星の動きを見て、「今の星の動きだと、こういうことをすればいいかなー、こういう流れがくるかなー」という感じで、自分の日々の生活に天体の流れを取り入れています。自分としては壮大でエキサイティングな活動。元々分析したり観察することが性に合っているので、ホロスコープというデータを読む、という行為が自分にはとてもとてもフィットしているんですね〜

本記事では、占星術を楽しんでいる一個人がこんな感じで星の動きを生活に取り入れているのですよーっていうことを伝えられたらいいなと思っています。

西洋占星術的には先日の春分の日は「新年の幕開け/宇宙的新年」と考えられていて、とても神聖で大切な一日でした。

この記事で紹介する天秤座満月(3月31日)も同じくこの宇宙元年の流れを含んだものになりますし、水星は逆行中、そして本格的に2018年のエネルギーが始まる牡羊座新月も4月16日に控えています。

そして3月31日の満月の時点で5ハウスに天体が集中します。天体大集合に加え、水星と太陽がコンジャンクション。占いに興味がない人からすれば、へぇぇぇ、という程度だとは思いますが、占星術好きとしてはとにかく気合いが入ってしまう今日この頃なのです。

占星術おすすめ本

占星術を楽しく独学したい人へのオススメ本3冊厳選。私が占星術に魅せられた素敵な書籍たち

2018年4月6日

そして宇宙元年が過ぎた今、新しいことに取り組むには絶好のタイミング。「過去」がキーワードになる水星逆行中のこの期間に、これまでの経験や過去を振り返ってみて、やろうとしたけど結局できずにいたことや、テレビとか雑誌や人伝えでもなんでもいいので何となく気になっていたことを調べてみるだけでもいいですね。

本格的な2018年のエネルギーが始動する牡羊座新月(4/16)に向けて、下準備をするつもりで意識していきましょう。私が4/16に向けてひとまず取り組みたいことは、最近やりかけたものの忘却の彼方だったビジョンボードを再開して完成させることです。

新月の願いでライフデザインをする。

天秤座満月の前に、少しだけ新月のことを。

占星術のなかでも特に「新月の願い」というのは色々な雑誌で定期的にでも取り上げられていて、私の周りでもそれぞれの方法で新月の願い事をしている人はけっこういます。そして私も実際、新月の願いをゆるやかに習慣づけるようになってから、生活リズムも以前よりずっとイキイキするようになりました。

私にとって新月というのは定期的に訪れる精神的リセット日であり、自分を見つめ直す日でもあります。新月の願いを具体的に書くことで、いま自分が現在の生活や状況に対してどう思っているのか、これからどうなっていきたいのか、といった将来に対するビジョンを再確認することができるのですね。

そして、なりたい将来というのは、なにも1年後や5年後といった先のプランである必要ではなく、今月末までにはこうありたい、来週末にはあそこに行きたい、とか、今日中にこれを終わらせたい、といったショートスパンの願いでも全然オッケイなわけです。

大切なことは、雑多な日常に追われる私たちの現代社会の中で定期的に自分を見つめなおす機会をもつ、そしてそれを一つの楽しみにするということです。毎月行う楽しい儀式ができることで生活にハリや潤いが出てきたら、人生の様々な活動にもフローが起こります。

つまり、新月の願いを行っていくということは、人生のライフデザインをすることに通ずるのです。

満月は感謝をするタイミング

新月に放った願い事を最大限に受け取るためには、満月のパワーを同時に使うことが必須です。
新月の日に、願いを放つとします。でも新月だけにお願いをするというのは、自分の望むことを伝えた後に、その希望がどうなったのかを確認しないようなもので、やや一方通行な状態と言えます。

新月でまいた種が満月で実り、そこで散った種子が新月でまた芽吹いて次の満月で実る、というサイクルを繰り返していくので、新月だけだと放ったままの状態。つまり満月の日に実りを収穫する必要があるということですね。

では、満月では具体的になにをするべきなのでしょう。

それは、「これまでに放ってきた願い事を振り返り見直しつつ、感謝をする」ことです。その時点で自分の放った願いが叶っているかどうかは全く重要ではなく、なりたい自分がすでに叶っているものとして感謝すること。願いが叶ったときの気持ちを先に味わっておくことが大切です。

そして今回の天秤座満月の場合は、人間関係や恋愛がメインテーマです。これは身近に天秤座(太陽星座)の人がいる場合、その人のことを思い浮かべてみるとわかりやすいと思います。天秤座の人は、他者との関わりが本人にとって深い意味をもっていたり、周りの人間とのバランスや調和を求めるといった性質を持ち合わせている人が多かったりします。

とにかく、他者という存在が大きな意味をもつのですね。

そのため、天秤座満月においては男女関係や夫婦関係、仕事面に関しても同僚や上司との関係、チームワークやクライアントとの関係にフォーカスして感謝をするのがベター。キーワードは調和・結びつき・公正さ・洗練さ…etcです。

人間関係において自分が固執している価値観を見直し、手放し、アップデートする。そして感謝!!!!

↓書き方の例↓


  • ベストなタイミングで事業に必要な人物に出会うことができ、その人のおかげでヨコのつながりがスムーズに拡がりました。ありがとうごございます。
  • 自分の興味のあることに共感してくれる人が現れ、これまでには経験したことのなかった喜びをベースにした交友関係を築くことができました。ありがとうございます。
  • 私は大人数の人と一緒にいたときも、自分のスタンスを守り自分らしくあると同時に、周囲に調和をもたらすことでベストな関係を築くことができています。ありがとうございます。
  • 依存関係で成り立っていた古い人間関係に気持ち面でも実生活でも区切りを打つことができました。ありがとうございます。

こんな感じでしょうか。その星座の性質にフォーカスを当てて、書くのがポイントです。餅は餅屋というのと同じで、各星座に合った内容を組み込んでいくことで宇宙の流れに乗りやすくなります。そして、最後には感謝のことばを添えること。

スポンサーリンク

古いエネルギーを洗い流す感覚で掃除をする

そして最後に、私が満月の日に心がけていることがあります。ずばり「掃除」。

満月の日というのは、いわば結実の日でエネルギーが満ちている状態なので、また次の新月に向けてそのエネルギーを放出していくことになります。ですので、新月に向けてのエネルギーの放出作業が満月をもってスタートするのに合わせて、私たちも手放しモードを発動させれば、宇宙の流れにうまく乗ることができるということ。

これには、単純に「部屋の掃除をする」が一番いいと思います。というか取り組みやすい。

家のなかにある古いエネルギーを洗い流すことをイメージしながら空間をリフレッシュさせること。

風通しを良くして、新しいエネルギーを迎え入れる準備をします。もしくはメンタル面での掃除でもいいと思います。執着しているものや、捨てられないものをどんどん捨ててしまいます。

そうすることで、次のサイクルの新月に向けて、クリーンな状態で向かうことができるのです。

まとめ:天秤座満月で取り組みたい3つのこと

  1. 人間関係、人付き合いを見直す
  2. 見直した人間関係を元に、叶えたい関係を描き、願いが叶ったものとして喜びを感じ、感謝する
  3. 掃除をして古いエネルギーを洗い流す

でも、まぁ、なにはともあれ、願い事叶うならいっちょやってみるかーという気軽さで始めれば良いと思います。自分の願いを紙に書くという行為の不思議なパワーをきっと実感するはず。

そして自分の願いを認識することができれば、あとは宇宙がその流れに方向づけていってくれるように思います。ちなみに、この話が怪しいとか怪しくないとかは私からしたらどっちでもいいことです。信憑性っていう言葉自体、人の常識のなかにしかないと思っているので、自分がそれで楽しんだらALL  GOOD、そして結果もGOODだったりするのです。

新月満月の願いの習慣を見つけることで、天体や宇宙のことに興味を持ったり星読みをしたりして、私たちはこの世界に星とともに生きているのだというロマンチックな一体感のなかで日々を過ごせるようになります。それ自体すっごい素敵な生き方ではないかと思うのです。

では、本日はこのあたりで。

月星座_太陽星座

太陽星座と月星座のこと。新月&満月の願い事など、宇宙と調和して生きるために知っておきたいこと

2018年10月2日

スポンサーリンク

その他の記事