蜂の存在をスピリチュアルな視点で意味づけしてみる。解釈したメッセージを実生活に活かす方法

花畑の蜂 スピリチュアル

こんにちは、サリーです。

スピリチュアルなこと、不思議なことがあったら、いい感じに解釈して、実生活に活かしたい。

と私は日頃から思っているのですが、先日早朝に神社参拝をしたときに不思議な出来事がありました。蜂のジンクスや蜂に何度も出会うスピリチュアル的な意味について考えてみたいと思います。

蜂に何度も遭遇した不思議なひととき

先日いつものカフェに行く前、早朝に神社へ足を運んだときのこと。

参拝後に拝殿近くでぼんやりしていると、蜂(クマバチ)二匹が飛んできて、数分間私の上を飛び回り始めました。春ですから虫たちも喜んでいるようでした。

「春だな」ぐらいに特に意識せずに虫たちの横を私は通り過ぎました。

そして、帰りに鳥居をくぐる際にお辞儀をしていると、再び蜂(おそらくクマバチ)が飛んできました。すると私の頭の上を旋回し出したんですね。

近づいてくる気配はなかったので、やはり気にせずカフェに向かおうとすると、、、蜂がついてきました。さすがに少しビクビクしながら、ついてくる蜂を見た時に「あ、これはもしかして何かのサインとかメッセージとかってやつかもしれないな」とふと思いました。

そして、そのあとカフェでコーヒーを飲んでいた最中、この一連の出来事で蜂への関心度が高くなっていたので、生物学的なことやスピリチュアルな意味などを調べてたんですね、記事にしようかなーと考えつつ。

そして、店を出たとき、、、、やっぱりそこにはまた蜂がいるではありませんか。私の自転車が置いてあるところに!

もう書くしかいない、と感じてこの出来事をシェアすることにしました、笑

ちなみに、、、自然が多いエリアですとこの頻度で蜂に出会うことって普通なのかもしれませんが、私が住んでいるところはそれなりに賑やかなエリアなのです。ですので公園や神社でも大きな虫はほとんど見かけない環境。だからこそ、こんな短時間にこんな蜂を見かけることなんて滅多にないんですね(ただの異常発生かも!w)。

サインやメッセージはたまに調べるぐらいがちょうどいい

蜂の意味についてネットで調べていると、もう山ほど出てきます。この世界のもうどんなことからもスピリチュアルな意味をとれるのか、、、というほどにすごい量の情報を目にしました。

ただ、私の考えとしては、すべてのことにスピリチュアルなサインやメッセージを読み取ろうとすることには少し無理があるように感じています。

たとえば、蚊にさされたらその意味を調べて、お腹痛くなったらまたその意味を調べて、歩いててつまづいたらまたその意味を調べて、、、って、そんなことやり始めるとキリないし、そんなすべてのことに意味なんてないからー!!と、ネットサーフィンをしながらwebメディアにツッコミを入れたりなんかして。

日常的な出来事を深読みしすぎたり、なんでもかんでも「この意味はなんだろう」「スピリチュアルなサインなのかしら」って考え出すと”スピ沼”にハマりかねない、笑

基本スタンスとしてスルーするという前提で、今回の蜂の出来事のようにちょっと異質な現象、妙に気になることがあったときに調べてみる、というぐらいがわたくしのオススメです。

スポンサーリンク

スピリチュアル観点からの蜂がもつメッセージ

では蜂のスピリチュアル的な意味がどんなものかというと。

まずはじめに、神社にいるときに見たということから、スピリチュアル界でいわれるであろう第一の解釈が「神社の神様に歓迎されている」ということです。神社に歓迎されていると捉えると、単純に嬉しいですよね。

というのも、神社ですごい良い気分を味わっているときに、蜂がきたことを考えると、蜂のネガティブなスピリチュアルメッセージと言われる「危険なことがあるよ」というサインだとは考えにくいわけです。

想像してみていただきたいのですが、蜂にスピリチュアルな意味があると仮定して、人間が幸せに感じているときを狙って、神様が使いである蜂に「あいつにちょっと警告してこい!」ってそのタイミングであえて命令するとは思えない、と思いませんか?(人間的すぎる価値観でしょうか?笑)

そして、もし危険サインなら私はそれを受け取ってなんとなく心がざわつくか、不安な気持ちになったりするはずです。私の場合、そのあたりの直感は結構あると感じています。しかし今回はそういうザワザワ感は全くありませんでした。

もう一つ考えられる警告サインとしては、「注意深くありなさい」という意味もあるということをネット上で散見しました。そこで私の捉え方としては、この意味の真偽を問うことは重要じゃないということを前提にして、この警告サインと言われているスピリチュアルなメッセージを『警告』と捉えるよりは、自分に対して、物事に対して、仕事に対して、真摯に向き合えているか、という自分の足元を確認する時期だと思えばいい、という結論に至りました。

つまり、ルーティンが続く日常を送っているとどうしても気が緩みますし、慣れた仕事は惰性でやりがちです。惰性で動いているときは案外本人は気づいていなくて、ミスが起きたときにはじめて「最近気が緩んでたな」と気づくことが多かったりします。

でもミスが起きてしまう前に、ちょっと気を引き締めようと『意識するだけ』で、防げるミスはかなり多いはず。それほど「無自覚の気の緩み」はミスを起こしやすいものですよね。

そういう意味で、蜂に出会ったときの「注意深くあれ」といわれているメッセージを「最近気がゆるんでるかもよ、雑に対処しないで、細部をきちんと意識したほうがいいんじゃない?」という感じで捉えたらこれは冷静な気づきになるだろうし、スピリチュアル観点を抜きにして、物事に対する処理が雑になっていないかを振り返る、内省の良い機会になります。

そして、「物事に対する処理が雑になっていないか」という視点で考えていくと「感謝の気持ちに注意を払う」ということにも繋がってきます。気が緩んでいるときには、周りの出来事や自分の状況に対する察知力や観察力が弱くなっている可能性がかなり高いからです。

相手の存在をないがしろにしている時というのは往々にして感謝の気持ちを忘れています。そういう時には今一度、自分がいまここに存在しているということ、そして環境や周りの人に感謝の気持ちをもつようにしたいものです。

「感謝できることが、良いことが、最近無い!」と感じているのであれば、それはそれで今が意識の持ち方を変えるタイミングなのだと思います。感謝できるようなことを積極的に発見していくべき時期だと捉えるようにしましょう。

感謝グセがついていない人は、はじめは工夫がいるかもしれません。普段自分でなんでも済ませてしまう人はあえてちょっと人に頼ってみたり、特別なことじゃなくても何かあったらありがとうと言ってみたり、一日一回絶対人を褒めてみたり。自分自身がやりやすいアプローチで取り組んでみましょう。

結局のところ大事なことは、感謝できることがない今の自分の状況・環境が問題ではないということ、そして感謝できることを「日々の生活から」発見できていないという心の感度の低下がもしかすると問題なのではないか、という点です。

スポンサーリンク

出来事の象徴的な意味を読み取る

では次に、せっかくなので蜂の”スピリチュアルな意味”をもう少し解釈してみようと思います。

私はデザインの仕事でロゴ制作をよくしていたので、会社のコンセプトや思いを象徴できるようなシンボルマークを、図像学の観点から考えて取り入れることがありました。記号・図像の哲学的思想は歴史も長く、大変興味深いです。

話は少し飛びますが、、、旧約聖書の中には、約束の地として知られるカナンの描写に、「乳と蜜の流れる場所」と言う記述があります。

コーランの中にも度々登場するシドルは神聖な木とされていますが、この木から採取できるのはハチミツです。そのことから特に西洋ではハチミツ・蜂は幸運の象徴でもあります。なんかそうなってくると、スピリチュアルな読み解きをするのも、西洋の情報を頼ったほうがいいような気がしてきて。

ということで英語のほうで情報を探してみました。
(私が蜂をみたのはThe JAPANESEな神社で、なのですけど。)

参考にした海外の記事:Bee Meaning and Symbolism(英語)

この記事によると、蜂を見たとき自分に問いかけるべき質問として次のようなものが挙げられています。(意訳ですのでその点ご容赦ください)

スピリットアニマルである蜂と出会う意味

1.  最近(心身ともに)乱れていたり、散漫になっていないか?

→ミツバチの社会が見事な秩序を持っていることからこのように解釈します。身辺が乱れていると、マインドも混乱します。シンプルかつ秩序をもって、自分のフォーカスすべきことに意識を向けていく必要があります。自分のセンターにもう一度つながるように意識しましょう。

2. 自分の夢やプロジェクトに対して決めかねていることがないか?

→夢や新しいプロジェクトに取り組むこと時、時に足踏みしてしまいますが、蜂を見たときは、恐れず飛び込んで、今はそれに時間を費やすべきとのことです。そして、成し遂げるためにはその献身の姿勢が必要な時期です。そして身を捧げたあとには、それに見合う喜びが訪れます。ミツバチが時間をかけて巣を作り、最終的には蜜を手にするように。

3. 無理をしすぎてぐったりしてないか?

→蜜を探し求める、つまり喜びを追い求める蜂のように、人生をもっと楽しむように、というメッセージです。人生の甘く楽しい面を享受しましょう。

4. 自分をきちんと表現しているか?

→人間が言葉を使って情報伝達をするように、ミツバチは複雑なダンスを踊って情報伝達をします。蜜を発見したミツバチが蜜源をダンスを踊って教えます。私たちも、自分にとってなにか必要なことを見つけるためには、自分から伝えたり表現することが大事です。

5. 人と深く関わることを避けてないか?

→蜂は、蜜を発見すると、仲間に呼びかけて適切なミツバチの数がその場所に向かいます。一箇所に多くのミツバチが集まりすぎることがなく、各場所にそれぞれのミツバチが配置されて作業を行う様は、非常に合理的である種のダンスのようだと生物学者たちにも言われています。ミツバチが生きていくためには、共同作業が不可欠で、一つの目的に向かって皆がそれに献身する必要があります。

自分のチームに深く関わり、自分の役割を全うすること。つまり、自分が関わるべきプロジェクトや役割に対して、他人事の意識で取り組んではいませんか?という問いかけだと解釈できます。

蜂一般というよりミツバチの話になっていますが、まぁいいとしましょう。。。でもこういう風に見ていくと色々な角度から自分を見直すきっかけになると思いませんか?

普段の習慣的な思考サイクルはだいたい人それぞれ固定化されていることが多く、一歩出て視点を変えて物事を見たり考えたりというのは案外難しいものです。

でも上記のように解釈を拡げて、普段とは違う切り口で自分に問うことで、いつもの自分の思考サイクルの枠から抜け出すことができます。

その結果、新しいインスピレーションや、自分にとってはすごい意外だけど実は良いアイデアだな、って思うものが頭に浮かんできたりします。

スポンサーリンク

蜂つながりで身の回りを見渡してみよう

最後に、蜂繋がりでさらに自分なりの意味を加えていってみると面白いかもしれません。

私が頻繁に行う超超シンプルなアイデアの出し方を紹介しておきます。

はち、はち、はち、はち、はち、という感じで、自分の生活の中でなかで何か蜂にまつわることがなかったかを思い浮かべ、関連性を探ります。

「そういえば、少し前に砂糖断ちをしてはちみつを使うようにしていたのに、はちみつが切れてから、気がついたらまた砂糖に戻っていたな」

とか

「はちみつといえば、くまのプーさん、そういえばプーさんと老荘思想が似てるって何かの本に書いてたな、老荘思想の本を読んでみよう」

とか、何でも OKです。

想像力を使って遊び感覚で取り組みましょう。このような一見幼稚に感じる遊びが意外と大切で、どんどん自由に空想を繋げることができるようになります、その結果面白いアイデアが思いついたり、建設的に思考しているときには思いつかないような突飛なアイデアも浮かんだりします。

たまたま蜂に遭遇したことがきっかけになって、普段は思いつかないようなアイデアが浮かんだとしたら、それはもう蜂に感謝するしかないわけで、スピリチュアルな機会を十分実生活に活かした、と言えますよね。

まとめ

以上、私が最近体験した蜂にまつわる出来事、そしてそこから解釈していった様々なメッセージを紹介しました。

上記のような感じで日常に起きたちょっと不思議なスピリチュアルな出来事を、自分の振り返る内省のきっかけとして使うこともできるます、逆に空想力を使って楽しみながら最終的には現実的アイデアに結びつけることができます。

「不思議なことがあった!」で終わらさずに、ではそれをどうやって自分に反映させるのか、実生活に活かすのか、を考え、実行することで、実践的なスピリチュアルライフになります。

むしろ、それがなかったら、スピリチュアルに解釈する意味がないともいえるのではないでしょうか。空想だけじゃつまらないし、もったいない、という気がします。

という感じで本日は以上です。

それでは、あなたが有意義なスピリチュアルライフを楽しむことを願って、

本日はこのあたりで。

関連記事

こちらもオススメです!

スピリチュアルで不思議な実体験ネタを他にも書いています。完全に個人の体験ですので信じるも信じないも自由です。ただ、出来事としては単純に面白いと思いますのでご興味があればぜひ読んでみてください♪
・ 実体験!神様からの『9つの歓迎サイン』& 神社参拝前後の現象を一挙大公開
ソウルメイトに出会う意味。5つの不思議な現象・サインを巡って考察してみる

スピリチュアル_オススメ本

スピリチュアル系書籍紹介!スピ本探索にKindle Unlimitedをオススメしたい件

一瞥体験_スピリチュアルな目覚め

悟りの一瞥体験。突然のスピリチュアルな覚醒が私にもたらしたこと

スポンサーリンク

Others