人生を変える習慣のつくり方。習慣の形成に不可欠なものとは?

人生を変える習慣づくり Mind

自分にとっても、自分以外の誰かにとっても、魔法の方程式というものは存在しない。誰かの習慣を真似したところで、たとえそれがいちばん優れた習慣であったとしても、創造性や生産性は高まらない。創造性や生産性を高めたいなら、自分の性質を知り、自分にとっていちばん効果的な習慣はどれかを知る以外に道がない。

by 『人生を変える習慣のつくり方』グレッチェン・ルービン:著

私は何事も習慣化することが非常に苦手です。具体的な物事に対して、計画的に順序立てて目標に進むということが昔から出来ず、基本的に先を見据えずにとりあえずやるタイプです。そして、やっていくなかで、方向転換をしたり、自分に合うやり方で、変えていくうちに、いつのまにか自分の習慣ができていた、と後になって気づきます。

ジムやランニング、英語や読書、そして、ミニマリスト的生活に関しては現在習慣化できているといえますが、それははじめから固く決意して始めたわけではなく、ちょっとやってみるか、という感じで始めたものです。一直線で実践してきたものではないし、極めてオーガニックな自分のライフスタイルを追求していくうちに自然にそうなっていたという印象です。

なので逆に、資格試験とかは限りなく向かないのは明らかだし、競争心で燃えることもまずないし、英語の勉強にしても、テキストブックを一課ずつやっていくことほど面白くないものはないと思っています。同じ時間に何かをするとか、同じものを使ってそれをやりこなす、繰り返す、というのが本当にできない。

でもその一方で、自分の内面的なことや、抽象度の高めなことに関して持続的に、日常の水面下で考え続けることは意識をしていなくてもできます。友達と話をしていて、何かひらめくものがあって、その後、数ヶ月後にまたその友達に会うまで、なんとなくずっとそのことをテーマにして考えることはできます。で、その期間に考えてたことを活用して、新たに自分の考え方や物事に対する捉え方を変えていくことができるし、元の考えとミックスさせてその時点で一番良い考え方を選択していく、といった感じのことも習慣的にやっているわけです。(ま、それはスキルといえるほどのものではないのですけど、あくまでも自分をコントロールできる、という点においてです)

つまり、人は、自分の性質に合っていることなら、苦痛を感じずに比較的ラクにできますが、合っていないことに対してはブレーキがかかるし、そもそもやる気が起こりません。

人の性質のなかには、絶対に変わらないものがある。習慣を形成するときは、そうした性質を踏まえるべきだ。
「ほかの作家と机を並べて書けば、一日の執筆料が増えるし、どちらが先に本を書き上げられるか競争できる」と思いついたところで、競争が苦手なわたしには意味がない。

人生を変える習慣のつくり方』グレッチェン・ルービン:著 (以下、引用文はすべて同書より抜粋)

↑これはほんとにその通りだと思います。競争が嫌いに人に、競争を強いることほどストレスなことはないし、個人的に思うのは、クリエイティブな活動をするときに、つまり自由でオープンなマインドが必要なときに、他人と机を並べて相手の存在を感じ続けながらいなくちゃならない時点で、少なくとも私にとっても著者グレッチェンと同じく、意味のないことです。

そもそも習慣というのは、万人に適用できるような特定のものがあるわけでないし、私たちは自分に合ったパーソナル化された方法で習慣を身につけるのがいいのではないでしょうか。

成功者がやったことを、それをそのままやってみても、それが自分の性質と合っていなければ、ブレーキがかかるでしょうし、仮にそれで成功したとして、その習慣を成功後も続けることが苦痛であれば、誰のための人生なんだって疑問に思うことになるはずです。

習慣をつくり、自分のものにするためには、まず自分を知る必要がある。ほかの誰かと同じ習慣を真似したからといって、その方法で万人が成功すると思うのは間違いだ。同じ人間は、誰一人としていない。-中略- 自分を知るのに行動を変える必要はない。自分のことを正確に見つめることさえできればいい。

良い習慣をつくることは素敵なことです。私もこのブログで習慣について何度か記事を書いています。でも最近思っていたのは、習慣化できないこと自体が根本の問題で、だからこそ本屋には習慣に関する本がどっさり積まれているということです。

なぜ習慣にできないのか?

それは自分に合う習慣がどんなものかを理解していないから。
これが『人生を変える習慣のつくり方』の著者グレッチェン・ルービンの一貫した意見です。

じゃ、どうすればいいの?

自分をもっと知ること、そして自分を知るためには色々な角度で問いを発すること。
彼女はそう薦めます。

なので、本記事では習慣にまつわる具体的行動については触れず、習慣をつくる前の、問いかけについて書いていきます。

私のおすすめする習慣や習慣にまつわることについては↓の記事をご覧ください。
・喜びから生きよう。ワクワクを常に選択するために習慣にしたい5つの事
・アフリカンシャーマンに学ぼう。魂を高める朝のちょっとした3つの儀式
・波動のはなし&『神さまとの直通電話』に教わる運がよくなる波動の法則

スポンサーリンク

習慣をつくる前に_1. 自分の傾向を知る

「人生を変える習慣のつくり方」のなかでグレッチェン・ルービンは、全ての人は習慣という点において、4つの傾向に分類できるとしています。

「他人から課される期待(社会的ルールや設定された締め切りなど)」と「自分で課す期待(資格試験や新年の抱負など)」に対する反応によって「4つのタイプ」に分類され、自分がどのタイプなのかを理解すれば習慣化の方法が見えてくるといいます。

  1. アップホルダー(約束を守る人):
    他人からの期待や要望と自分自身の意志の両方に進んで応えようとする。このタイプは習慣をつくるのは比較的簡単
  2. クエスチョナー(疑問をもつ人):
    あらゆる期待を疑問視し、自分が納得できる「正当な理由」を見つけたときにのみ、実行する。常に本人にとって正当かつ妥当な理由がいるので、意味のない慣習的なルールなどに抵抗を感じる 
  3. オブライジャー(義務を果たす人):
    他人からの期待や要望には従うが、自分の期待に応えるのは苦手。自分で何かを決めるよりも「周囲の期待」に応えようとするので、自分を犠牲にして周囲に貢献しがち。
  4. レブル(抵抗する人):
    他人からの期待にも自分で課したことにも、反発する。自分で選び自由に行動することを望む。自他からの統制を嫌い、独自のやり方で自らの目標を達成しようとする。ゆえに習慣を受け入れようとしない。

この4つの傾向のうち、どの傾向の人が一番幸せか、とか一番成功しているか、というとそれはケースバイケースなのだけど、著者曰く、いちばん幸せな人やいちばん成功している人は、自身の傾向の長所を活用する方法とともに、その短所を埋め合わせる術を理解しているだ、とのこと。
(これについては古今東西のクリエイター161人の天才たちの習慣を紹介した『天才たちの日課』がおすすめ。万人に共通する習慣がないってことを痛感できるし、結局は自分にあった方法をみつけることがパフォーマンス向上につながるってことが具体的にイメージできます)

人生を変える習慣のつくり方』では、4つの傾向について実際に自分のタイプをチェックするための診断テストが付いてるので、興味がある人は実際にやってみるといいかもです。

私は、クエスチョナーとの診断でしたが、実際はレブルとの中間ぐらいかなと思いました。私の場合、自分にとっても他人にとっても「それをやることがいいことなのだ」と思える理由が必要です。でも、でもガチガチの理由である必要もなく、「なんとなく」で決めることもかなり多いし、それ以上に自分が自由に行動できることの方が大事なのですけど。

そんな自分にとって、習慣をつくる前にまずすべきことは、自分がそれがしたい理由や目的をいくつか見つけることです。その上で、習慣化することには囚われず、自分が好きな方法で行動していくことで、結果的にそれが習慣になることを目指すことが一番合う道筋だと思いました。そもそも習慣をつくろうとすると、それに抵抗する自分がいます。予定があったら、日が近づくごとに億劫になってくるし、何かが決まっている、ということがなんとなく不快。そう思うと、やっぱり冒頭で述べたように、これまでやってきたスタンスでよかったのかなと思いました。

スポンサーリンク

習慣をつくる前に_2. 自分の性質を知る

4つの傾向で基本的にはうまく分類されるのですが、さらに自分に合った習慣をつくるための質問をグレッチェン・ルービンは提案します。ここではその一部を紹介します。

  • ヒバリかフクロウか
    朝型か夜型かということですね。この性質は生まれつきのものらしく、生産性が高まる時間帯やエネルギッシュになる時間帯が異なります。
    私は元々夜型で、真夜中にすごい頭が冴えて集中できるのも事実なのですが、早朝からカフェに行ったり散歩をすることが自分の幸福度を高めるということを何度も実感してからは、よっぽどの納期の都合等がない限り、朝型の生活です。どっちのライフスタイルに所属することで自分をより好きになれるかという点で考えてもいいかと思います。
  • 長距離ランナーか短距離ランナーか
    長距離ランナーは、ゆっくりと着実に物事を進めていくタイプで、期限が嫌いです。短距離ランナーは、短い時間に一気に集中して作業することを好みます。思考を澄ますため、あえて締め切りをギリギリまで待って取り掛かります。
  • 買い控えタイプか、買いすぎタイプか
    たとえばジョギングを始めるとして、買い控えタイプの人は、手元にあるテニスシューズを履いて始めようとします。一方買いすぎタイプの人は、、まずジョギング用シューズを買い、歩数計や本を買おうとします。
    どちらがいいという話ではなく、自分がどちらのタイプかを知っておくと、良い習慣を身につける際に役立ちます。買い控えタイプの人は、良い習慣の維持につながることへの出費は価値があると、覚えておいたほうがいいし、買いすぎタイプの人は、ものを買うだけでは良い習慣は身につかないことを覚えておくべきです。

ちなみに私はずっと自分が短距離ランナーだと思っていました。学校の試験もだいたいは一夜漬け、夏休みの宿題も最後の3日で仕上げる(たぶん仕上がってはなかったのですがとりあえず終わらせた)、そして実際に体育も短距離のほうが断然得意で長距離が得意の人が理解できませんでした。一気に走って、すぐ終わった方が気持ちいいと思っていました。

でも、社会人になって、会社の上司と仕事をしていくなかで変化がありました。私の上司は、私よりも短距離ランナー、というか、納期のギリギリまでしないタイプの人で、ギリギリまで取りかからないほうが、ストレスがかかって緊張感のある環境で作業ができ、結果的にイイ仕事ができるという信念の持ち主でした。

もちろん部下の私はその影響を直で受けます。上司が判断するまで、私は取り組めない作業がほとんどだったので、まず自分のペースで進めることができません、そして、締め切り直前で一気に取り掛かるのでプレッシャーとストレスが半端ない。いつも、すごい険相で納期を乗り越えるわけです。

短距離ランナーの自分にとってさえ、その上司の短距離っぷりは上をいくものがあり、暇な時期と追い込む時期の驚異的な差が謎で仕方ありませんでした。思いますよね、もう少し全体的にバランス良く分散させたらいいのに、って。でも、上司にとってはその追い込みが「良い」負荷になっていたし、そのスタイルがそもそも好きだし、何より結果を出していた。

そしてその時に私は悟りました。自分がストレスをかけて自分を鼓舞できるタイプではないこと、そしてリラックスできている状況で作業することで自分は結果を出せるということを。ゆっくりと着実に進めていくほうが、私は幸せでいられるのです。

なので、「自分はこういうタイプだ」と思ってみても、意外とそうじゃないこともあります。一度極端な境地に置かれてみるとはっきりするかもしれません。(ストレスかかりますけどね)

スポンサーリンク

自分の理解を深めるのに役立つ質問

新しい習慣をつくる際にさらに役立つ質問として、グレッチェン・ルービンが挙げていたものをシェアしたいと思います。自分を知ろうと思っても問いかけがないと、何を知ればいいのかわからなかったりします。その意味で、下の質問は「習慣をつくる」というテーマで考えられた質問なので、とても有益だと思います。

好きな時間の使い方について

  • いちばんやる気がみなぎるのはどの時間帯?自分がハイになるのはどんなとき?
  • つねに忙しい状態とあまり慌ただしくない状態、どちらが好き?
  • あまり役に立つとも刺激的とも思えないのに時間をとられていることは何?
  • 友人と一緒の時間とひとりの時間、どちらのほうが好き?
  • 楽しみにしていることをカレンダーの予定に入れている?
  • 退屈せずに何時間でもできることは何?
  • 10歳のときに毎日(または毎週)楽しみにしていたことは何?

価値をおくことについて

  • 時間、お金、労力。どれを節約できるのがいちばん嬉しい?
  • 他人と違うことを気に病むタイプ? それとも楽しむタイプ?
  • 自分にとって重要なことよりも、他人にとって重要なことをのほうに多くの時間を使っている?
  • 好きなことに使えと言われて5万円渡されたら何に使う?
  • 専門家の意見を聞きたい? それとも自分で考えて答えを出すほうが好き?
  • 何かをするときにお金がかかると、熱意は高まる?それとも冷める?
  • 子どもが自分と同じ道に進むと嬉しい?

いまの習慣について

  • 悪癖がつい出てしまうのは、誰かと一緒にいるとき? それとも自分ひとりのとき?
  • 魔法の力で習慣を一つだけ変えられるとしたら、どの習慣を変えたい?
  • 周囲の人に自分の習慣を一つだけ変えられる力があるとしたら、彼らはどの習慣を変えると思う?
  • いまの自分にある習慣で、自分の子どもにも身につけてもらいたいもの、身につけてもらいたくないものはどれ?

私の場合、「魔法の力で習慣を一つだけ変えられるとしたら、どの習慣を変えたい?」と考えたとき、忙しいときに化粧落としを雑にしていまうことや、忙しいときにLINEの返信をしないこと、とか、忙しいときに周りが見えなくなること、というように全てに「忙しいときに」という共通点があることがわかりました(一つじゃないけど)。

つまり「忙しい」とき、私は全体的に余裕がなくなり、言動がおろそかになる傾向にあります(多くの人がそうかもしれませんが)。

本書の考え方に沿って考えると、LINEの返信をきちんとするための習慣をつくる(既読したら10分以内に返信する、とかスマホは定期的にチェックするとか)よりも、まずはリラックスしている状態がとても自分にとって大事であることを自覚し、忙しくなる状況をできる限り作らないための工夫や習慣づくりを第一に考えることほうが、結果的にはうまくいきやすい、ということになりますね。

スポンサーリンク

習慣の形成の不可欠なもの

ライフスタイル

習慣を変えることについて研究したわたしが、いちばん大事だと思ったことは何か。
それは「自分の性質が土台にないと、幸せな毎日は成り立たない」ということだ。

習慣や幸せに関する研究のすべては、まさに「理想郷での毎日」をできるだけ現実にするためのものだ。

そもそも習慣づくりは何のためにあるのか、と考えたとき、目標達成にせよ理想のライフスタイルの実現のためにせよ、最終的には幸せになるためです。良い習慣によって、毎日少しずつ自分の環境や暮らし、そしてマインドが良くなることを望んでいるはずです。そしてそれは自分の描く理想郷を築いていくためのライフデザインといえます。

となると、自分の性質に合ったものを選択していかないと、習慣づくりが得意にはなっても、なんかしんどいし楽しくないぞ、という感じで本末転倒になってしまいます。

身につけたい習慣を定着させるためには、まず自分について知ること。コレ、私は大いに賛成です。

スポンサーリンク