2018年4月30日 蠍座満月にオススメしたい7つの開運アクション。木星パワーを味方につけて最高の日にしよう

蠍座満月2018 Horoscope

2018年4月30日9時58分、蠍座で満月を迎えます。

今回の蠍座満月の特徴や意味、そしてラッキースター木星との関係などについては、すでに専門家の方たちがブログやメルマガで素敵な記事を発信してくださっているので、JOYLEではそれらから得た情報や手元にある占星術の本などを元にして『蠍座満月で具体的に起こしたい開運アクション』をシェアしたいと思います。

蠍座のもつ集中力を活かして、願い事もリリース(ネガティブな感情や習慣の解放)も、どちらも実際の行動に移すことが大事かと。

普段の新月や満月の日は、仕事や家事で時間が取れないという方も今回は振替休日と重なるのでいつもよりゆったり過ごせるかと思います(私もその1人)。それなら最大限満月パワーをもらえるように一日を有意義に過ごすしかない!と思い、蠍座満月の一日プランを具体的に練ることにしました。

蠍座の満月と木星パワーのことをざっくり

満月の日は、成就したものが見えてくる日です。今ある幸せに感謝するタイミングであると同時に、願い事に先回りをして感謝する日。そして自分が新しい道を切り開いていくために、古い価値観や思い、執着して身動きがとれなくなっているものを手放すタイミングでもあります。

そんなエネルギーとパワーに満ちた満月が2018年4月30日起こる場所は、蠍座。

「洞察や集中、隠された本質を見抜く」星座です。普段の満月も潜在意識や無意識にスポットがタイミングなのですが、蠍座の満月ではさらにそれらの側面が強まり、「心の深いところを見通す洞察力や直観」が得られます。

そして、ここが最も注目したいところですが、今回の蠍座満月は木星の影響も作用して、いつも以上にあらゆる物事を拡大し成長させることのできる絶好の機会です。

4月16日の牡羊座新月でスタートさせたことを今回の満月で発展・拡大させるベストタイミングとも言えます。

木星のくれるきっかけは、
自分がすでに知っている世界よりも更に「外の世界」への
陽気な旅立ちを意味しています。
ここでは、怖がったり身構えしたりする必要はありません。
元々の自分の力を外に解放することが目的なのですから、
それに抵抗しなければ、必ずうまくいくのです。
木星は楽観的で肯定的な星です。

引用:『星読み+』石井ゆかり:著(以下、引用文同様)

ラッキースター木星さん、心強いですね。
では本題、『7つの開運アクション』を紹介していきます〜

スポンサーリンク

2018年4月30日 蠍座満月で取り組みたい7つの開運アクション

TO DO LIST

1. これまでの願い事の見直し・振り返り

満月はもともと振り返りのタイミングですが、今回は蠍座の木星、山羊座の土星、冥王星3星が逆行していることで、見直し、振り返りのエネルギーが特に強まっています。

ただ、月が蠍座にくる時期は、物事を感情的に深く捉えるようになるといわれています。建設的に思考できたらとても良い時期になるのですが、場合によっては執着心がとても強くなったりする可能性もあります。なので、蠍座特有の深いエネルギーを使って創造的な思考ができるように少し意識してみてください。

ちなみに、前向きで創造的な思考をするための、おすすめアクションは散歩しながら考えること

グイグイ少し早めに歩いていると、後ろ向きな考えは出にくくなります。願い事をじっくり座って見直す場合は、できる限り自分のメンタルがイイ感じになるよう、好きな音楽かけたり、お気に入りのドリンク飲んだり、外の新鮮な空気を入れたりしながら、幸福モードのなかで取り組むことをおすすめします。

いつも以上に、願い事を見直して、今の自分とは合わないものは軌道修正していき、また、すでに書いたものにさらに加えたいものがあれば、それらを追記していきましょう。

2. 掃除!

美しい部屋

満月は”手放し”の日。不要なものを手放して浄化するためには、掃除が欠かせません。整理整頓や掃除をして、不要なものを手放しましょう。

  1. 部屋の掃除
    2018年4月30日の蠍座満月は第4ハウスで起こります。家庭や家といった”自分の居場所”を司る第4ハウスで起こることを考えると、特に”自分の部屋”や家の中でも、特に自分にとって大事な場所の掃除をするといいかと。
  2. トイレの掃除
    蠍座の支配する身体部分は子宮や卵巣といった生殖器なので、トイレ周りをいつもより念入りに掃除をするのも良さそうです。
  3. 仏壇周り & お墓の掃除
    蠍座の重要なテーマの一つは「生死にかかわること」。日頃から見守ってくれているご先祖様に感謝の気持ちをもって、仏壇周りを磨きあげたり、お墓参りに行って丹精込めてお墓のお掃除をしてみると良さそうです。
  4. 財布の中の整理
    蠍座は財運・金運も司ります。蠍座的財運というのは、自分自身が動いて働いて稼ぐお金というより、不労所得(後半で取り上げます)や臨時収入といった外側からの要素が強いです。いずれにしても、この機会に財布の中を整理しておきましょう。溜まった不要なカードの見直し、レシートの処分、また新しい財布に買い換えるのもいいかもしれません。

3. 一人静かに、創造的な活動を行う時間を持つ

静かな1人時間

今回の蠍座満月が起こるのは「居場所」がテーマの第4ハウス。

–  第4室に月が来たとき –
心をすうっと落ち着かせるような時期を持つと良い時期です。
1人になって、リラックスできる空間を確保することで、
それまで見えなかったものが見えてくることがあります。

「見えなかったものが見えてくる」というのは言い方を変えれば、「物事の最終結果」が目に見えるカタチで出現するということです。そして、蠍座満月のテーマは、自分がこれまで全身全霊をかけてきた活動に何か一つのことに取り組むことや、徹底的に物事を掘り下げることです。

これらを考え合わせてみると、自分1人の時間を多くもつことで、この蠍座満月という成就の日に、これまで深く掘り下げてきたことや、情熱を傾けて取り組んできたことにおいて、大きな気づきや、新しい視点、また、集中して取り組んだことの結果として「目に見えるもの」が見えてくる、ということなのではないかと思います。

いずれにしても、キーポイントは、1人で静かな時間を確保することです。

そして、さきほども言ったように、蠍座に月があるときは、執着心が強くなる可能性がある時期です。悶々とした状態で思考が巡って非生産的にならないためにも、創造的な過ごし方を意識することをおすすめします。

自分の進めているプロジェクトや研究に集中して取り組んでみたり、気になっていた調べ物を一気にしてみたり、趣味に没頭したりといった感じで目的を明確にして過ごす時間を確保するようにしてみてはいかがでしょうか。

4. 大切な人と大切な時間を過ごす

愛情

これは、1人で過ごす時間を確保することとは矛盾するように聞こえるかもしれませんが、今回の蠍座満月が第5ハウスの木星とのコラボであることに注目すべきです。

第5ハウスに木星があるときのキーワード『愛』

どんなにお金持ちでも、どんなに美しくても、
非常に強い権力や財力で誰にでも言うことをきかせられたとしても、
もし、誰にも愛されていなかれば
その人は、不幸な人なのではないかと思います。
-中略-
木星が第5室に巡ってくる時期、
その人は、愛の本当の意味を、体験を通して学ぶことになります。
愛は様々なものとすり替えられやすいので、
それを真に成し遂げるのは、本当に難しいことなのです。
依存心、虚栄心、孤独を恐れる心、現実逃避、
相手を親代わりにしたり、自分の身代わりにしてしまったり、
そんなあらゆる「代替」が、愛の名のもとに、
いかに安易に行われているか、
ちょっと周りを眺めただけで、
驚くほどたくさんのケースを見つけることができます。
第5室に巡ってくる木星は、
そうした「愛」という名前のウソを暴くとともに
本来のあり方で人を愛することができるように
導いてくれる星なのです。

蠍座の月の特徴として、物事を徹底的に行うという習性がありますが、これには誰かと深く愛し合うことや、人間関係を濃密に築いていくことも含まれているので、その点も踏まえて考えてみると、今回の時期に学ぶべきことが見えてきます。

全身全霊で人とコミットメントしていくと、その過程で、様々な感情を経験します。そのなかには深い愛情があることはもちろんですが、その一方で本人は愛情からやっていると思ってやった言動が、実は依存心からであったり、単なる虚栄心や相手を打ち負かしたいという気持ちからであることもあります。

ですので、この時期、自分が「愛情」だと思っていた言動を見直すことになる出来事や、愛についての意識の変化がありそうです。

なので、過ごし方のポイントとしては、社交パーティーや新しく出会った人と過ごすというよりは、自分にとって大切な人や気心の知れた人、つまりこれまで一定以上の期間をかけて人間関係や愛情を育んで来た間柄の人と時間を共に過ごすことで、大事な学びや気づきがあるのではないかと思います。

大事な人とのひとときを通して、自分にとっての「愛することの意味」を考えることを意識してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

5. 疑いや閉鎖的な思いを手放す

感情の手放し

第5ハウスに木星があるときのキーワードとして『愛』をあげましたが、愛を深めたいと思ったとき、「不信」や「疑い」は大きなブロックになります。さらに、蠍座のことを考えた際、愛に関わらず、自分に仕事や趣味、将来のビジョンなどに関してもいえることですが、一つのことに徹底的に打ち込むときには、「少しの疑い」や「少しの迷い」が、気が散る原因になり大きな障害となる可能性があります。

そう考えると、今回の満月で最も手放してあげたいことは、自分が人や物事に対して抱いている「猜疑心」「閉鎖的な態度」「迷い」「未練」などです。まっすぐに進みたい時に、これらの気持ちがあるとブロックがかかるので、スピードも落ちますしフィルターもかかってしまいます。

特に人との関係において私が普段大事だなと感じていることは、人からどう思われるかどうかを気にする前に、自分から相手をまず信じる、自分から心を開いていく、ということです。「疑うよりも、信じて騙されるほうが生き方として尊い」たしか親鸞がこんなことをゆってたはず。

自分がまず信じる、だから相手の人も心を開いてくれるのではないかと思います。
相手が笑顔じゃないから自分も心を閉ざすのではなく、自分から笑顔を向けていくことで、相手の心を開いていくことを意識的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

6. 不労所得とソウルメイトについての願い事を書く

願い事を書く

不労所得とソウルメイト。あえて、違う要素を二つ取り上げてみます。

最近の世相の動きとして、ワークスタイルの変化があげられます。

これまでは、労働集約型のワークスタイルは、AI化やネットビジネスの発展、仮想通貨の普及によって、ますます変化していきそうです。そうなると、不労所得や権利収入といったお金の稼ぎ方がますます注目されるはずです。

蠍座が象徴するテーマとして「豊かさ=お金」があげられます。牡牛座の「豊かさ」が「自分で稼ぐ収入」であるのに対して、蠍座は「権利収入や遺産の不労所得、不動産や株、最近でいえば仮想通貨などの外から流れてくる収入」であることに注目したいです。

なので、いま自分の腕でどんどん仕事をしている人は天王星牡牛座パワーを活かして引き続き邁進していくことは全然okで、さらにそれと同時に、特にこのタイミングで不労所得についてもアイデアを練って、その望む未来を願い事として書いておくと良いのではないかと思います。

働いた分だけお金を稼ぐのではなく、放っておいてもお金が入ってくる仕組みを考える、それは蠍座が得意とするフィールドです。

次に、ソウルメイトの願い事についてですが、これは蠍座が深い人間関係とくに男女関係がテーマの星座でもあるから。蠍座の場合、結婚や付き合う、といった目に見える関係に着目するのではなく、もっと深い層(精神的な意味で)にフォーカスすることで本領を発揮します。

「魂同士の結びつき」「心からお互いに認め合うこと」「一緒にいることでお互いが自己実現していく関係性」「今世の魂の目的をサポートし合う」といった感じで、より精神的なポイントに絞って願い事を書くのが良いのではないかと思います。

なので、恋愛が今回の満月で一つのテーマになるとは言うものの、「彼氏がほしい」「結婚相手を見つけたい」といったアプローチではなく、上記のような「精神的な面でどのような深い関係を築きたいか」を考えて願い事を書くことをおすすめします。

7. ザクロを食べる ザクロジュースを飲む

ザクロ

蠍座の支配する身体部分は子宮・卵巣なので、それらに関わる悩みについて蠍座満月で手放すといいと言われいます。

で、そういう意味で女性ホルモンを整えたり、女性運をあげることに注目したいのですが、そこでおすすめなのがラッキーフードであるザクロです。

栄養学的な話はここでは省きますが、ざっくり言うと、エストロゲンという女性ホルモンと同じ成分が多く含まれているため、卵巣や子宮の発達の助けとなるとされています。あと、肌つやが良く心身ともにとても健康で美しい状態を維持できるとも。

私がロンドンに住んでいたときちょうど「ザクロの実」ブームがきていて、スーパーフードとして雑誌やオーガニックショップで取り上げられていた記憶があります。一時的ブームだと思っていたのですが、「ざくろの実」自体はヨーロッパではごくごく一般的な食べ物だということを友達に聞いて知りました。一部の地域ではソウルフード的な感じでもあるみたいです。今回の蠍座満月のことを抜きにしても、恋愛運アップ、女性運アップにおいてはザクロはおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

蠍座満月 2018
4月30日の蠍座満月におすすめしたい7つのこと

1. これまでの願い事の見直し・振り返り
2. 掃除
3. 静かで創造的な1人の時間をもつ
4. 大切な人と過ごす
5. 疑いや閉鎖的な思いを手放す
6. 不労所得とソウルメイトについての願い事を書く
7. ザクロ(ジュース)を口にする

6と7は、やけにピンポイント、笑。そして、ぜんぶ実行しようと思ったら忙しくなりますね〜。ゆっくりするはずの休日がいつも以上に忙しくなりそう。

でも、5月の天王星牡牛座入りを考えると、今ってとても大切な時期なので、特に満月や新月の日の有意義な過ごし方が『最強の開運』につながるんじゃないかなって思います(と願いたい)。

この記事がみなさんの蠍座満月の過ごし方の参考になることを祈って、本日はこのへんで。

蠍座木星期の集大成として取り組みたいこと & 自分に問いかけたい7つの質問

2018.10.10

スポンサーリンク