スピリチュアル本を探索するのにまずはKindle Unlimitedをオススメしたい件

スピリチュアル_オススメ本 Book

一時的スピリチュアル・精神世界の本を読み漁っていた時期があります。

別の記事で取り上げましたが、私はある日突然「一瞥体験」というものを経験した際、世界観がひっくり返りました。

関連記事:悟りの一瞥体験。絶望の果てに垣間見た世界の神秘が私にもたらしたこと

一瞥体験というのはスピリチュアルな目覚めのことで、それは全く予想していなかった形で(ある意味強制的なやり方で)、私に深い癒しと解放をもたらしました。それ以来、自分の身に起こった一瞥体験のことやその周辺のスピリチュアルなこと、さらに広く精神世界のことを知りたいという思いで様々な本を読んできたわけです。

当時、精神世界・スピリチュアルなことに対して何も知らなかった私は、身近な友人や知り合いにその方面に詳しい人もおらず、セミナーやワークショップに足を運べるような自由時間もなかったため、Amazonで精神世界のセクションを徘徊しては気になったものを購入して暇を見つけて読んでいくというスタイルでした。

スピリチュアル方面に知識がなさすぎたため、判断基準が無くて、今思えばあれはヒドイ内容だったという本も多数あります。いや、むしろスピリチュアル系の本は色々な意味でヤバイ本がたくさんあります。感覚だけで書いたフワフワお花畑系といえばヒドイかもですが、こんな内容で出版していいの?っていうのもあるんですよね、正直なところ。笑。そのため、買ったものの、投げ捨てるようにゴミ箱に直行した本の数も相当にあります。(買う前にちゃんと調べようよって話なんですけどね)

で、数年前スピリチュアル系の本への興味が薄れてきた時に、はじめてamazonのkindle unlimitedの存在を知りました。対象の電子書籍は月額980円で読み放題というサービスですね。Kindle(amazonが販売する電子タブレット)を持っていなくても、アプリさえダウンロードすれば読めるので、ほとんどの人がスマホを持っていることを考えると実質誰でも使えるサービスです。

値段の話になってしまって恐縮ですが、980円といえば、文庫本こそ買えるものの単行本は買えない程度の値段です。その値段で読み放題なのか、と当時衝撃を受けました。そして、その読み放題の対象本のなかに、自分が普通に本屋さんで定価購入したスピリチュアル系の本を多く見つけたのです。

Oh my gosh!

一冊読めば、もとが取れてしまうというこのサービスを利用しない手はないと、それ以来私はkindle unlimitedを利用しています。

ということで、今日は、kindle unlimitedの対象になっているオススメのスピリチュアル本を紹介したいと思います。
もちろん、紙の書籍でスピリチュアル系の本で内容が素晴らしいものはたくさんあるのですが、今回はkindle unlimtiedの対象本だけに絞っています。

対象本以外の本、紙の書籍については、また今後紹介していきたいと思います。

ブログ内で宣伝みたいなことは基本的にしない方針なのですが、どう考えてもkidle unlimitedはオススメできるサービスだし、スピリチュアル系の本に関していえば、ビジネス書などとも比較しても格段に良書が読み放題の対象になっているので、このサービスを使わない手は無いんじゃないかと思います。

しかも、この分野の本って玉石混交なので今からスピリチュアル系の本を探索していきたい人に変な本(!)に多大な時間を費やしてほしくないし、自分が実際に読んで、なにか響くものがあった本については、きっと誰かにとっても実りのある読書になるだろうとも思います。(amazonを使用しない方のために、一応他のwebサイトへのリンクボタンもつけていますが、コスト的なところを考慮すると読み放題で読まない利点はないような。)


では紹介していきますね〜

まずはここから。スピリチュアル入門書

kindle unlimited

タイトルの通り、「スピリチュアルって何?」って感じている人にまずオススメしたい本。対談形式なので非常に読みやすいです。

山川紘矢・亜希子夫妻はまだスピリチュアルという言葉がなかった30年以上前から海外のスピリチュアル関係の書籍を翻訳して日本に紹介している第一人者です。翻訳本の『アルケミスト』や『ザ・シークレット』など、スピリチュアルに興味がなくても読んだことがある人は多いのではないでしょうか。

一方、対談相手の雲黒斎さんは『あの世に聞いた、この世の仕組み』を書いた人です。雲黒斎さんは、セロトニン欠乏による記憶障害をきっかけに、突然の霊的な目覚めを体験し、その経験をもとに立ち上げたブログが元になって「あの世に聞いた、この世の仕組み」を出版されました。これはスピリチュアルに興味がない人でもエンターテイメントとして普通に面白い本だと思います。他のスピリチュアル業界の人との対談なども聞いていると雲黒斎さんの説明はロジカルなのに直感的で、なるほどーって思う部分が多いです。


同じく山川紘矢・亜希子夫妻によるニューエイジ・スピリチュアル系のガイドブック。『アウト・オン・ア・リム』『聖なる予言』『神との対話』『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』など世界中のスピリチュアル界で一世風靡した作品の概要が掴めます。ニューエイジ系に関しては、まずはこの本を読んで、興味の湧いたものを順次読んでいくといいかと。

どれも(いい意味で)王道本が紹介されていて、翻訳本に関してはとりあえずこのガイドに沿って進めていけば、精神世界の素養(?)を身につけることができるのではないかと思います。(私自身は、紹介されている本をすでに一通り読み終わったあとでこのガイドブックを読んだので、もう少し早く出版してくれていたらよかったのになと思いましたが。。。)

ニューエイジ(New Age)とは、20世紀後半に現れた自己意識運動であり、宗教的・疑似宗教的な潮流である。ニューエイジという言葉は、魚座の時代から水瓶座の時代の新時代(ニューエイジ)に移行するという占星術の思想に基づいている。グノーシス的・超越的な立場を根幹とし、物質的世界によって見えなくなっている神聖な真実を得ることを目指す。

引用:Wikipedia_ニューエイジ

非二元 & 悟り系

目覚めや悟りのこと はよくわからないけれどなぜか生きることが苦しい、どうしたらここから抜け出せるのだろうか、と考えている方には、今はまだ見えなくとも必ず そこから抜け出す道 があるのだ、ということを感じていただけるはずです。

著者の中野さんは自身の苦悩やこの世界の本質をまっすぐに見続けてきている方で、その真摯さが文面から伝わってきます。この本を読むことで自分自身もともに内観をする旅に出ている感覚を覚え、その過程で自己受容力が高っていくように感じました。文面から滲み出る中野さんの優しさによって読者に癒しをもたらしてくれる素敵な本です。抗しがたい苦しみを感じている人、生きづらく感じている人には強く薦めたいです。


本書は情味も含蓄もぎりぎりカットした身も蓋もない露骨な本である。トニー・パーソンズは、情味や含蓄のある『悟りや気づきの物語』を求める人々の心を一つまた一つ撃ち落として、たったひとつのもの『生の感覚』にだけ集中させる

訳者あとがき

上のあとがきにあるように、非二元のことをよく知らずにこの本を読み始めると、何の話を言っているのかさっぱりわからないと思うかもしれません。そもそも非二元の教えというのは、本来絶対矛盾を抱えて、普段使う言語で説明するには限界があるし、何か答えを知りたいと思うこと自体が無意味だということに気付かされます。そして私たちにできることは、ただ「生の感覚」だけに集中すること、それだけなのだと、トニーは繰り返し伝えます。


スピリチュアルな深い目覚めを得た著者の安元さん。私という個はドラマの役者であり、人生は創りだされたドラマなのだという内容を身近な言葉でわかりやすく伝えます。語られているテーマは先に紹介した「何でもないものが あらゆるものである」と重なる部分が多いのですが、「何でもないものが あらゆるものである」で著者のトニーが表現するような無骨さはなく、より一般的な表現で理解しやすい感じになっています。(これは決して、トニーの本を非難しているわけでないです、むしろその無骨さがストン入ってきたときには読者に深い気づきをもたらす直球力がトニーの真骨頂ではないかと。)

やがて人生ドラマの脚本は次第にシリアスではなく平和なコメディに変わっていきます。

私もかつて非常にシリアスな性格でしたが、著者と同様、一瞥体験後に変容が起きて深刻性がなくなりました。それは現実世界で周りの人に死が訪れたり、不幸が訪れたり自分が危機的に状態に陥る際に感じる悲しみや不安は人間の感情としてありますが、どこかで徹底的に平和というか、根本的に気楽になった、といえるのではないかと思います。

残念ながら私自身は体験後の世界観の変化をうまく表現できずにいるし、気づきのレベルも相当低いので何もお伝えすることはできないのですが、この本では目覚めのあとの視点の変化や世界に対する捉え方の変化ついて、わかりやすく説明してくれています。


これは、悟りとは突然の直接的、エネルギー的な啓示であり、絶えず手の届くところにあると宣言する本だ。そのことは公然の秘密であり、その秘密は私たちの生のあらゆる部分で明かされている。どのような努力も、浄化の道も、プロセスも、教えも、私たちをそこに連れて行くことはできない。というのは、この公然の秘密は自分 の生き方を変える努力とは関係がないからだ。これは、生きているのは何なのかを再発見することと関係している。

「オープン・シークレット」=「公然の秘密」。良いことばです。体験談以外の非二元系の本、つまり非二元系とは何かについて語っている本は、はっきり言って理解が難しいです。禅問答のような、結局何なのかワカラナイっていう不甲斐なさを感じることが多いかと思うのですけど、その一方で非二元系の教えは突然瞬間的な気づきをもたらしてくれるアプローチでもあると感じています。この本、非常に薄い本なのでワカラナイことをむしろ前提にして一気に直感的に読み進めるには最適な一冊なのではないかと思います。

先にお伝えしておきますが、これを読んだからといって、公然の秘密の答えがわかるわけではありません、笑。でも読んでおいたほうが良いです。

スポンサーリンク

臨死体験

奇跡の生還を果たしたアニータ・ムアジャーニさんによる臨死体験の話。全身を癌に侵され、臓器の機能停止により亡くなりましたが、そのあと、あの世に行って、ワンネスを垣間見て、また肉体に戻ってきました。すごいのはその後で、たった数週間で全身から癌がなくなるという医療界の常識を覆す現実を起こします。

この世界に戻ってきたあと、題名にある通り「喜びから生きる」ようになるわけですが、一度死んでまた生き返った人の多くが体験する「この世界の完璧さ・美しさ」がとても伝わってきます。この本を読むことで、ある種の浄化作用があるような、個人的には名作だと感じています。

これは私が日頃から思っていることですが、私たちは臨死体験者の話にもっともっと耳を傾けるべきです。私のような一瞥体験者とは違って、臨死体験者は実際に一度死んでいるのです。現実で一度死んだ人が、医学的には不可能なスピードで生還して、しかも死んでいた最中の記憶がある人たちからその世界を直接聞けるということ。それがどれだけ貴重かということを医学界が先頭を切って発信していってほしい限りです。


こちらも同じくアニータさんの著書です。一作目の続編と言える内容で、「向こう側の世界」で得た洞察をより現実に活かすためのメッセージが散りばめられています。こちらも同じく何かしら浄化作用みたいなものをもたらしてくれる不思議な本なのですが、私としては一作目の衝撃が大きすぎたのと、微妙なタイミングに読んだのもあって、実はちょっと印象が薄いという、、、。また近々再読しようと思っているところです。

以前、記事の中で脳科学者が経験した脳卒中の発作のことを紹介したことがあります。脳卒中によって脳の機能―運動、言語、自己認識が活動を停止したため、彼女は右脳だけの世界を体験しました。生還後、奇跡的に再び脳科学者として活動し、今も私たち人間がもつ可能性について研究し続けている方です。その右脳だけの世界を、彼女はニルヴァーナ(悟り)と表現していますが、これは臨死体験者や一瞥体験者が経験するワンネスと同じ体験だといえます。

参考記事:人生が最高に面白くなる、心に響くTED Talks オススメ5選。

彼女たちが発信している経験は真実だと思います。人間が思考で知り得ないことがまだまだあるということを皆が知る必要があるのではないかと。

引き寄せ & バシャール系

元祖引き寄せの法則といえばヒックス夫妻です。ただヒックス夫妻の「引き寄せの法則」シリーズは、翻訳本のためか読みにくいというか、使われている用語が抽象的でいまいちわからない、という難点がありました。そして、その分かりづらかった世界観を『サラとソロモン』という物語で見せることで見事解決したといえます。物語形式なので、引き寄せ学ぶぞーっと意気込まなくても自然と読み進めていくうちに理解できます。

そしてこの本を読んで、「引き寄せるってのはこういうことか」とヒックス夫妻の伝える世界観を掴んだうえで、王道の引き寄せ本「願えば、かなうエイブラハムの教え」や「実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川”を下ろう」などで、理解を深めていくことをオススメします。


いまのところkindle unlimitedで唯一読めるバシャール関連本です。バシャールとはアメリカ人のダリル・アンカ(1951年10月12日生)がチャネリングするとされる宇宙存在。まぁ宇宙人ですね。これについては諸説あると思いますが、個人的に大事だと思っているのは、バシャールが発する「メッセージ」が自分に響くかどうかだと思います。バシャールの語る内容で自分が何か前に進もうと思えるパワーをもらえるのであれば、それが全てかと思います。数多くあるメッセージに一貫して語られるキーワードは「ワクワク(情熱)に従って生きる」ということで、私がこのブログで伝えていきたいこととも共通しています。

チャネリング中の動画をはじめて見たときかなり衝撃を受けましたが、こういうものもあるんだなとなにはともあれ一度受け入れてみることで学べることが多いのも事実です。

とにかく気軽に読みたい人向け。引き寄せ関連本

日本に引き寄せの法則の再ブームを起こしてくれた著者の奥平 亜美衣さん。こちらの引き寄せハンドブックが奥平さんの著作のうちkindle unlimitedで今のところ読める唯一の本です。少し前、引き寄せの法則再ブームの波が来ていた際に私は日本にいなかったので、事情を知らずに帰国したときに偶然、奥平さんの『「引き寄せ」の教科書』を読んだのですが、説明の分かりやすさと「常に自分の気分がいい状態を選択していく」というアプローチがとても気に入りしばらくハマっていました。そしてその時培ったスタイルが今のブログに影響しているように思います。前述した元祖引き寄せの法則提唱者であるヒックス夫妻の本が読みにくい方は、奥平さんの説明のほうがしっくりくるのではないかと思います。


上の2冊は、女性が引き寄せの法則を最大限に活かして人生をエンジョイする方法やその体験談が紹介されています。サクサク読めるので、非二元などのちょっと難しい本を読むときの息抜きとして読むにはちょうど良い内容です。引き寄せをマスターして、あくまでも「この現世」というステージで人生を満喫することを前提としている内容なので、悟りや覚醒体験に興味がある方には合わないかもしれませんが、スピリチュアルなアプローチで現世的にハッピーになりたい方は読んでみて損はないはずです。

スポンサーリンク

その他

精神世界を探索していくと、遅かれ早かれ老子の思想に行き着きます。老子だけでなく東洋思想自体が、悟りの哲学と言っていいほどに、霊的探索のためのヒントが散りばめられているのですけど、まぁいかんせん『老子道徳経』は東洋哲学の原点といえるだけに、普通にオリジナルのものを読むとそれなりに難しいわけです。

で、超訳の出番。超訳なので、著者のフィルターがかかっていることは考慮しつつ、楽しみながら老子のことを学ぶには良い感じに仕上がっているかと思います。(ちなみに著者の黒澤 一樹さんは、この記事の一番はじめに紹介した対談本「山川さん、黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?」の雲黒斎さんと同一人物です)


スピリチュアルの本を読み始めた当初、感性だけで書いたお花畑系の本(スミマセン!)に嫌悪を感じていた自分にとって吉福伸逸氏の翻訳本『意識のスペクトル』(春秋社)、『無境界』(平河出版社)、『タオ自然学』(工作舎)などは、思考で納得のできる濃い内容のものでした。

吉福氏は、この記事の冒頭あたりで紹介した山川夫妻とはまた異なる、アカデミックなアプローチで日本にニューエイジ、ニューサイエンス、トランスパーソナル心理学といった学問分野を日本へ最初にもたらした方だといえます。おそらく多くの方が吉福氏の導きによって内的探求を歩んでこられたのではないかと思います。残念ながら数年前お亡くなりになりましたが、この本の中で氏の思いは生き続け、孤高さと優しさが色褪せることなく言葉から溢れでているように感じます。昨今のワクワクハッピーなスピリチュアル系統とは一線を画す本物の人格者だと思います。

って、こういうことを言うと、ワクワクハッピー系を否定しているように思われるかもしれませんが、そんなことは全くないということも一応お伝えしておきます。むしろ、ワクワクという気持ちで人生で歩んでいくことは本当に大事だと実感しています。

ただ、精神世界というのは、引き寄せの法則やチャネリングといった何かしら実際的に恩恵を授けてくれるものがある一方で、直接的には体験しえないもっと深い層の精神世界があります。この世界の根本的な神秘というか、そういうものも視野に入れてスピリチュアルを探索していくともっと面白いですよーとお伝えしたいわけです。

kindle unlimitedは30日間無料体験が可能

最後にまた宣伝をさせていただきますが、kindle unlimitedは30日間の無料体験ができます。1ヶ月試して、やっぱ電子書籍は合わないと思えば、退会すれば課金はもちろんされませんので、今回紹介した本の目次や中身を確認したい場合とかでも、一度登録してみてもいいかと思います。で、そこから紙の本を買うのもありだと思います。

なんでこんなにkindle unlimitedを薦めるかというと、、、とにかくスピリチュアル界の門戸を広げたいと感じているから、その一言に尽きます。

周りの人間の意見を聞いていても、スピリチュアル方面のこと、精神世界のことは誤解されていることが多すぎると常々感じます。それが本当に残念で、もっとオープンになれば生きる上での現実的なヒントだって得られし、幸せになる秘訣がたくさん詰まっている分野なのです。それを知らずに、自分に人生に不満を感じるだけの日々を送ったり、悲観的になるのは本当にもったいない。

良い本をよりたくさんの人に読んでもらい、興味を持ち始めた人には精神世界の道筋を良い感じに指し示すことができればいいなと。

私は教えみたいなものを発信することはできないし、紆余曲折で辿ってきた道は全然舗装されていませんでした。でもだからこそ、足跡を、轍を、そのまま見せることができます。そして辿ってきた道をもとにして、案内役として誰かの少し前で旗をなびかせることはできるかもしれない、そう思う今日この頃なのです。

では、本日はこのあたりで。

スポンサーリンク