龍神様からスピリチュアルパワーを授かり開運するためのポイント

龍神様 スピリチュアル

こんにちは、サリーです。

近頃本屋を徘徊しているとどうしても目についてしまう龍神様に関する本。精神世界に興味津々で、神社巡り好きな自分としては知っておきたいNewカテゴリーなのですが、龍という細長い生き物がどうしても苦手で敬遠しておりました。

しかし先日とても印象的な龍の夢を見て龍神様への関心が募ってきたのこの機会なので龍神について書こうと思います。

本記事は、私同様「龍神様って最近ブームになってるみたいだけど、何なの?」と思っている方にまずは知ってもらいたい龍神様のカンタンな紹介と龍神様を味方につけるためのマインドセットについて話したいと思います。龍神様からスピリチュアルパワーを授かり、開運しましょう!


【追記】New Information : 龍神に関する記事を新たにアップしました。龍神を味方につけるための具体的行動についてまとめています。

龍神_共存共栄

龍神と繋がる方法。龍神に愛されるために今日からできる10のこと


龍神様が応援してくれるとどうなるの?龍神様のご利益は?

龍神

「龍神」とは神獣の一種で、金運・仕事運・人間関係運などをアップさせてくれるパワーを持つ存在です。

「龍」と聞くと、具体的なあの細長い、ヘビのバージョンアップ的な見た目を私は想像してしまうのですが、物理的な体をもたないエネルギー体です。この世界を守る龍の神様ですね。

「龍がつくとどうなるの?」という疑問があるかと思いますが、龍神様と繋がり味方になってもらうようになると、次のような現象が起こり始めると言われています。

  1. 運気が上昇する
  2. 物事の流れが速くなる
  3. 良縁に出会う
  4. 困難もチャンスに変えられる
  5. クリエイティビティが高まる
  6. 直感力が高まる
  7. 心が安定して生産性が高まる
  8. 能力を発揮できる

特にこの中でも注目したいのは「物事の流れが速くなる」という点です。『日本昔ばなし』でおなじみの、”男の子が龍に乗って空を駆け巡るシーン”がありますが、龍に味方されるとあの場面のように「人間が足で地を歩むのとは桁違いに」自由自在にスピーディーに駆け巡ることができるわけです。

つまり、龍神様の背に乗ること(味方につける)によって、自分の力だけでは到達できないスピードで、なおかつ自分の力だけでは到達できない地点まで飛躍することができる、ということ。

龍神様が動くところに「流れが起こる」と言われます。(エネルギー体としての)龍神様が自由自在にこの世界を駆け巡っているところを少し想像してみましょう。

雲を動かし、風を吹かせ、雨を降らせ、四季にそって天候を左右する自然神としての存在は私たち人間の運気の流れも変えてくれると考えるのはとても理にかなったことのように思えてこないでしょうか?

では次に、龍神様からスピリチュアルパワーを授かり開運するためのポイントについて。

スポンサーリンク

龍神様からスピリチュアルパワーを授かり開運するためのポイント

龍神

目には見えないスピリチュアルパワーを龍神様から授かり開運するためには、何よりも龍神様に愛される人間であることが前提となります。

神様がどんな人間を応援するのか、を知っておくことが必要不可欠。「神様なんだから、どんな人の願いも叶えてくれるでしょ?」と考えるのは、少しもったいない考え方かもしれません。

これは神社参拝についても同様で、ただ闇雲にパワースポットに行きまくるよりも、どの神社にどんな神様がいるかを調べてその神様の特徴に沿った願い事をした方が叶いやすいこととも共通します。

「誠意」が必要です。「姿勢」が大切です。

では、龍神様に愛されるためにどんなことを意識すればいいのでしょうか。

龍神様に愛されるための3つのポイント

① 素直であること

年を重ねるごとに「素直であること」は難しくなっていきます。多くの経験をして、自分なりの信念を確立し、確かさをもって生きることは大切なことですが、その一方で、柔軟に思考したり、何か不思議な存在や出来事を素直に受け止めることに、疑問を感じるようになります。

もしかするとあなたは、この世界の神秘や不思議現象や神様のパワーにとても関心がある一方で、それでもやはり確固たる証拠や科学的な根拠を求める気持ちもまた同じように強くあるかもしれません、

でも、人間の目に見えていることは、実際のこの宇宙のほんの一部であることにもきっとお気付きのはず。

素直であることは、何かをやみくもに信じてしまうこととは違っていて、何か良いことがあったときにその状況を素直にありがたく思える「感謝力」だとも言えます。

日頃から斜に構えて過ごしていると、思いがけなく良いことがあったときに「ただの偶然だ」「自分にそんな価値があるのだろうか」「こんなに幸せでいいのだろうか」「いま運を使い果たしてしまっているのではないか」という感じで、ハッピーな自分でいることを(無意識に)拒絶してしまったり、幸せな瞬間が去った「いつか」のことを、無根拠に恐れてしまう癖がつくようになります。

良いことがあったときは素直に喜ぶ、幸せだと感じたらその幸福感を満喫するようにしましょう。そのような「素直さ」、良い意味での「単純さ」というのが、龍神様に愛されるまず第一の要素です。

② スピリチュアルなことだからこそ、即実践・即行動を心がける

即実践・即行動を心がけることの重要性は、特に”頭”だけで考えがちな人には特に覚えておいていただきたい開運ポイントではありますが、特にスピリチュアルなことになると精神面が重視されているせいか、生活の実際的行動と精神生活が乖離する傾向が出てきます。

神様やスピリチュアルなことを学んで魂を磨こうとしたはずが、知識を追い求め”スピリチュアルマーケット”を渡り歩いて消費しまくっている、沼にハマる、みたいな本末転倒なことが起こりやすいジャンルなのですよね。

いくら本を読んでも、セミナーに参加してもそれを自分自身の生活に取り入れることをしなければ意味がありません。実践ありきでなければ、この”三次元世界”では現実を変えていくことはできないという点を常に意識しておくことが大切です。

私自身読書がすごく好きなので、ついつい本を読んだだけで納得して終わってしまったり、読んだだけで功徳を頂いているような気にもなります。実際著者のポジティブなパワーを頂戴するということももちろんあると思いますが、何より必要なのは「学んだことを実践すること」。自分の生活に取り入れることなくして真のスピリチュアルライフはありません。

「もらったリンゴはすぐ食べた方がいい。引き出しに入れたら忘れる。思い出したときにはもう腐ってるんだ」

これは私が会社の上司に昔言われた言葉なのですが、これを聞いたとき、「ほんとそうだよな」と得心した瞬間がありました。

物事の旬を逃さないようにしましょう。起きる出来事にはすべてタイミングというものがあって、目の前にやってきたときが、多くの場合ベストタイミングかもしれないのです。素早くキャッチして「流れ」に乗るようにしていると龍神様が味方をしてくれるようになります。

「新鮮さ」は「物事のピークポイント」にポジショニングしていることを意味するので、波動も高く、何かを吸収したり学ぶにも最適なタイミングです。トントン拍子のスピーディーな流れで物事が進むときにはきっと龍神様がサポートしてくれているはずです。

③ 自分らしく生きる

しばらく前、LET IT GO という曲があれだけ流行したのは、それだけ多くの人が”ありのままで”いられておらず、もっと”自分らしくありたい”という心情の反映だったのでは、と私は感じています。自分らしく生きることは特に同調圧力の強い日本文化においては多くのが人が立ち向かうべきテーマだといえます。

「自分らしく在る」というのは、「好き放題に生きる」ということとも違っていて、実はもっと根源的なテーマ。誰かがこうしているから、とか、誰かがこう言っていたからというのが、知らず知らずに判断基準になっている人は非常に多いです。「自分で決めている」と思っているけれど、実はそんなこと心の奥では望んでいなかった、ということもよくあります。

このあたりの「ウソの願望」と「ホントの願望」は日頃占星術セッションをしていて、多くの人が”内なるギャップ”として抱えています。「自分はあんなふうになりたい」と思っていたとしても、それがあなたの本来の生き方から逸れていれば、続ければ続けるほど苦しくなる、ということもあるわけです。

(そういった「より自分らしい人生の軌道修正」をしていくのに占星術はめちゃくちゃ役立ちますよ、というのは大きな声でお伝えしたいのですが本記事のテーマではないので先に進みましょう。)

「あんな風になりたい」「あんな人でありたい」というのは誰しもあるでしょうし、向上心をもって進むことは素晴らしいことですが、自分にフィットしていないことを生きることは想像以上にストレスがかかるものです。本来出せるはずの才能やパフォーマンスの滞りも当然ながら出てきます。自然体の自分をまず自分が受け容れて、自分らしく生きることを決意することが龍神様から愛されるためのポイントです。

龍神様は私たち人間がいつも自分と誰かを比較して、自分にないものばかりに焦点を当てて嘆いている人よりも、いつだって唯一無二の存在である自分を喜んで受け容れている人に寄り添ってくれるようになります。

スポンサーリンク

ご利益以上にまずは意識改革から始めよう

神社参拝にしても龍神を味方につけることにしても、お金や良縁など個人のご利益に意識が向いて、”もらう”ことばかりにエネルギーが注がれていると、”状況を変えるために、自分自身がまずは変わる”という能動的な態度を忘れてしまいかねません。

別記事でも何度かお伝えしている「神様が喜ぶような、神様に応援してもらえるような姿勢で望むこと」がポイントです。それは自分自身が見えない存在から応援してもらえるような人間になっていくことです。もっと言えば、「魂を磨こう!」ということです。

関連記事:神様が喜ぶ神社の参拝方法 & 神社の選び方。願いを上手に届けるために知っておきたいこと

人間関係において相手の立場になって考えたり、ビジネスにおいてもwinwinが大事と言われますが、それは神様との関係でも同じなのかもしれません。

自分自身がまずは変わっていくマインドを忘れずにいましょう。

今後龍神について記事にしていくにあたって、龍神様との向き合い方を考えることは同時に自分自身との向き合い方だよな、という思いがあったため本記事を書きました。ご参考になれば幸いです。

では、本日はこのあたりで。

【追記】New Information : 龍神に関する記事を新たにアップしました。龍神を味方につけるための具体的行動についてまとめています。

龍神様から愛されるために今日からできる10のこと。共存共栄 with 龍神!

龍神_共存共栄

龍神と繋がる方法。龍神に愛されるために今日からできる10のこと

参考本

 

スポンサーリンク

Others