5月5日 牡牛座新月。今すでにある豊かさをカラダで感じるとき & 豊かさマインドを強化する7つの方法

牡牛座新月 占星術

2019年5月5日、AM7:45 牡牛座にて新月を迎えます。

記事のテーマとしては牡牛座新月ですが、いつも書いている諸々の星読み&願い事情報は抜きにして、「豊かさ」に関する本質的なことについて書きたいと思います。

お金というテーマが絡んでくるときにはそもそものマインドセットをするほうが大事だと感じたので、そのあたりを詳しく話したく。

星読み情報はありませんのであらかじめご了承ください〜。

ではまずは、牡牛座の基本情報を。

蠍座満月

5月19日 蠍座満月のこと。『私の愛する世界』の構築に向かって、秘められた思いが顕在化されるとき

2019年5月17日

スポンサーリンク

おうし座が表すもの

牡牛座新月_牡牛座の特徴

おうし座は12星座の中で、2番目のサイン。不動宮・地の星座です。

牡牛座といえば、絶対的五感世界!

始まりの勢いがあるものの実体をもたなかった一番目のサイン牡羊が、ここ牡牛で肉体を手にします。

そして牡牛は手に入れた肉感的なものを手放さないよう抱え込みます。身体としっかりと結びついた確かなる生命力を手にして、持って生まれた才能や感覚的な資質、そして見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触れるといった五感を通して世界を探求します。

自己という存在をしっかりと大地に根付かせ、自分の感覚を通して、世界を堪能し、愛でる。

というわけで、牡牛座の方が得意とするのは、<自分の五感を通して>世界を認識すること、学ぶこと、成長すること。そして染み込んだ体験や備わっている資質を駆使して、世界を味わい楽しむことです。身体性や物質が持つさまざまな面を活用して、感覚的な面を発達させていくのですね。

物質的な確実さというのが大事なポイントなので、曖昧で不確かなものとは相性が合わないともいえる。

何事もゆっくりと進んでいく特徴を持ってますが、これはただ遅いわけではなくて、その過程のなかで何度も何度も確認して、コレだという確かなる感触と確信が必要だからだといえます。だから、コレと決めたことについては強い。ゆっくり着実に、自分の欲するものを手にしていくのです。

スポンサーリンク

『豊かさ』について

牡牛座新月

物質的世界を堪能する牡牛座世界にとっての最たるテーマといえば『豊かさ』。わかりやすいところで言うとお金ですね。

天王星牡牛座時代である今、自分が生まれ持った資質や伸ばしてきた才能をこれからの時代に合わせて、変えていく必要があると同時に、否応無く変化を求められるだろうとも思います。

ただ、自らの資質や才能を使っていくことの重要性とは別に、豊かさに対する意識を捉え直すことのほうが今取り組む課題だと思うのですよね。

むしろ、潜在意識の世界のことを考えると、『豊かさ』に対する意識改革ができない限り、実質的な収入革命を起こしたり、才能を活かして物質的な潤いを満たすことは難しいわけです。

「豊かになりたい」

「お金持ちになりたい」

「自分が授かった資質を存分に活かしたい」

このような願望を今回の牡牛座新月で願い事として放ちたい人が多くいるかと思うのですが、アナタが豊かになりたい、と思っている限り、豊かさはアナタから離れていくということをまずお伝えしたいと思います。

そして先に結論から言うと、アナタが豊かになりたいと思うのであれば、今この瞬間から豊かな意識状態を作ることです。物資的にではなく、まず意識レベルで豊かになること。これが全てです。

同様に、生まれ持った資質や才能を活かして自分という存在を開花させていきたいと思うのであれば、今すでに持っている自分の資質に目を向けて、そこに愛と感謝を注ぐことです。

「豊かになりたい」という気持ちで、願い事を放った時点で、その思いの前提となるアナタの意識は「ワタシは今豊かじゃない」です。その欠乏感が豊かさを引き寄せられない原因となっていることをチラッと覚えておいたほうが良さそうです。

牡牛座新月_new-moon-in-taurus

だから、あえて言いますが、豊かさを目指さないでください。

そして、すでにある豊かさを感じてください。

豊かさを感じるコツとして、今回の牡牛座新月の場合は、願い事を言葉で書く以上に意識してもらいたいのが、カラダ全体で豊かさを感じること。

満たされた感覚で自らのボディを包み込んであげてください、五感の牡牛座ですから。

もっとお金があれば、〇〇ができる、〇〇に行ける、そうしたら幸せになれる、と考えているのであれば、

それは、外側が整えば内側が満たされる、という構造です。

でも、外側を満たしたいのであれば、まず内側を満たすことです。

今回の牡牛座新月のタイミングを含め、2025年まで続く天王星牡牛座時代の間、ぜひ頭の隅で覚えておいていただきたいことが、お金を使うときに欠乏感を持たないこと、つまり喜びと感謝とともにお金を手放すことです。

もちろん散財しろということではなくて、お金を使うときにはポジティブなエネルギーを放ったほうが良い、ということです。

エネルギーの法則として、常に物事には「引き寄せる力」と「引き離す力」がありますよね。

このエネルギーバランスが、どちらに寄っているかで、アナタがどちらの現実を経験するかが変わります。

お金を得る際には引き寄せるエネルギーつまり「豊かさ」を感じられる人は多いですが、そのあとすぐにお金が減ることを嫌だなと感じたとしたら、その欠乏意識が豊かさを引き離すエネルギーとして発動します。

なので、お金を手放すのが嫌だ惜しいと感じる機会をいかに減らすか、が大事。

また、願い事として「〇〇万円稼ぎたい、お金持ちになりたい」と書いたら、〇〇万円稼がないとアナタは豊かではないことになります。

そのような願い方ではなくて、何よりも、自分はすでに豊かなんだという意識をもつことが大事なのですね。

「今すでに自分は十分に満たされている。その上で〇〇のために、さらに今収入を増やしつつある」とあくまでも現在進行形で「今ここ」での満たされた感覚を味わうようにしましょ〜。

スポンサーリンク

5/5 牡牛座新月周辺で意識したいこと & 取り組みたいこと

牡牛座新月_意識したいこと

上で述べた「豊かさ意識」を前提にして、今回の牡牛座新月周辺で意識しておきたいことをシェアします。

題して、『豊かさマインドを強化する7つの方法』。ぜひともこのタイミングで豊かさマインドを育てていきましょ〜!

豊かさマインドを強化する方法①
『お金ではなく、自分がワクワクするかで、決める』

牡牛座には「自分の腕で稼ぐ」というテーマがありますが、アナタがこれから自分自身のスキルや経験、資質で収入を得ていきたいのであれば、ぜひ意識してほしいことがあります。

「こっちのほうが手っ取り早い、損しなさそう、儲かりそう、簡単そう、正しい」

といった前提意識で取り組む行動がないか、ご自身の活動を振り返ってみてください。

なぜなら、もしその意識をベースにして、スキル磨きなり収入アップを目指していくと、そもそもアナタは本当はやりたくないのに、心の奥底のどこかで「仕方なく」やることになる可能性があるから。

仕方なくやっているということは、本質的には不安や恐れがベースになっているということです。もちろんお仕事には、どうしてもやらなければいけない面白くない側面(たとえば備品整理とか事務とか確定申告とか!)はあるかと思いますが、それはそれとして、今回お話しているのはご自身のメインとなる活動の部分に関してです。

損をしたくない、大変なことはしたくない、簡単な方が良い、という意識が前提となって取り組むということはつまり、自分にはキャパシティ、能力がないと認めているようなもので、自分の価値を低く見定めていることと同じなのです。

なので、そういった不安や恐れベースの意識をできる限り減らしていって、すべての選択基準を楽しさや喜び、充実感があるか、に変えていくことが必要。そうすることで、自己卑下の姿勢が弱まって自己肯定感が高まり、幸運や豊かさを引き寄せられる体質になっていきます。そして豊かさマインドを体得できるようになります。

また、不安や恐れベースの意識を自分から引き離していくことで、やりたいことの純度が高まります。

豊かになりたいのであれば、マイナスの状況を避けたいがために何かに取り組むのではなく、単純に興味があること、なんだか面白そうだなと素直にワクワクすることにチャレンジし続けることです。

「これで稼いでいこう」としていることが、何かを避けるための願望から来ていると気づいたなら、どうアプローチを変えれば純粋なワクワクに変えていけるか考えてみましょう。

すると、人やモノやお金は後からついてくるようになっています、不思議なことに。

豊かさというと、お金をたくさん持っていることをイメージするかもしれませんが、金銭の額というのは相対的なものなので、結局のところ真の経済的豊かさとは端的に言うと必要なときに必要な額が手元にあるということではないでしょうか。

なので、例えば今あなたが1万円が必要で、すでに手元に1万円があるのであれば十分豊かだと言えるし、1000万円が必要でそれが手元にあれば同じく豊かです、その差は現象界レベルでは差異がありますが、本質的には豊かであることに違いはありません。

繰り返しになりますが、不安や恐れベースではないシンプルなワクワクがどこにあるかを発見していくことが、本当の自分を満喫して生きることに繋がります。

どうも今の人生は違和感がある、という人こそ、お金や将来に対する不安をいったん踏ん張って、ピュアにやりたいことを少しずつでもやるようにしてみてください。

豊かさマインドを強化する方法②
『いま既にある豊かさをリストアップし、カラダ全体で感じる』

今すでにある豊かさをカラダで感じること、これが今回の牡牛座新月でぜひやっていただきたいことですが、具体的には自分がいかに今豊かであるかと認識できるような「事実」をリストアップすることが効果的です。

あって当たり前だけど、それってよく考えたらすごいよね、ってことがたくさんあるはずです。

きれいな空気や水があることから始まって、寝る場所があること四季があること、自然や食べ物に恵まれていること、これらは別に取り立てて特別なことじゃないですよね、と感じるかもしれませんが、もしこれらがなくなったとしたら、すごく困りますよね。というか少なくとも今のようには生きていけませんよね。

また、健康な身体で毎日を過ごせているのであれば、そこにアナタが生きていることの根本的な豊かさがまずあるはずです。

そして、自分がすでに持っている何らかの資質、才能、技術に意識を向けてみてください。自分としてはまだまだ足りないと思う部分もあるとは思います。実際にもっと磨いていく必要もあるでしょう。

ただ、ここも同じで、「自分はまだまだ足りない」という欠乏感からスキルの研磨を志すのではなくて、「もっと質の高いものを提供してお客様の最高の笑顔をみたい」とか「自分の中で眠っている資質を最大限発揮したい」といった、ワクワクする未来をイメージして行動を起こすのがポイント。

欠乏感を埋めるため、苦痛を回避するために自分磨きをしていると気づいたなら、楽しさベースで動くためにどんな意識でいればいいか、視点を捉え直すようにしてくださいね。

すでにある豊かさをリストアップしたあとは、満たされた感覚をカラダ全体で感じるようにしましょう。自分はすでに十分手にしているんだという身体感覚を覚えておけるように。

スポンサーリンク

豊かさマインドを強化する方法③
『この一週間であった「良いこと」「ラッキーだったこと」をリストアップして、カラダ全体を感謝で満たす』

豊かさマインドを強化するための方法として、今回の牡牛座新月からぜひ日常的な習慣にしてほしいことが、一日の終わりに、「今日あった良いこと」と「今日あったラッキーなこと」を書き出すことです。

はじめのうちは、ひねり出す必要があるかもですが、毎日やっているうちに自然と「良いこと」や「ラッキーなこと」を発見するマインドに変わっていきます。

すると前提意識として、「良いことやラッキーなことは毎日あるものだ」という思考になるので、現実としても実際に良いことやラッキーなことがますます起こるようになります。

ということで、今回の牡牛座新月では、手始めにこの一週間にあった「良いこと」「ラッキーだったこと」を書き出してみてください。

満たされた感覚を、カラダ全体に染み渡らせるように。やはりここでも大事なのは、身体感覚です。五感の牡牛座ですからね。

豊かさマインドを強化する方法④
『今すでにあるご縁、人的ネットワークに感謝し大切にする』

今回の牡牛座新月は、仲間、ご縁、ネットワークなどを意味するエリアに天体が集まっていますので、何はともあれ、今すでにある目の前のご縁を大事にしていくことが前提になると思います。

目に見えないご縁の世界を大事にするというのは、人だけでなく、場所やモノ、そして神様や高次元の存在も含みます。

なので例えば、パワスポ巡りにしても、遠くにある有名なパワスポに行けていないから自分は幸運に授かれないんじゃないかと感じていることが、もしある場合、まずは近所にある神社や気の良い場所と繋がりを深めることです。遠くの神社よりも産土神社や氏神神社、そして先祖供養。

こういった近くのものを大事にすることは、既にあるものに気づくことをも意味しますから、つまるところはすでにある豊かさを感じることにも繋がります。

そしてその豊かさマインドが、最終的に現象としての豊かさ(経済面のアップや人との新しいご縁、欲しいものにタイミングよく出会うなど)を実際に引き寄せるのです。

目の前の人を大事にする、既にある繋がりを大事にすることで、目に見えないご縁の世界が広がっていくことをぜひ意識してみてください。

豊かさマインドを強化する方法⑤
『寄付をする』

身体感覚として豊かさに満たされたら、その次に実際的な行動としてオススメなのが寄付をすることです。

神社参拝や周りの人にごちそうしたりして自分のお金を手放す、という方法もありますが、そうなると自分自身の個人的な願望や欲求が入りやすいので、自分の思惑が届かない「ピュアな寄付」が潜在意識にとっても良いように思います。

喜びとともにお金を手放すという感覚を育てること、そうすることで豊かさを「引き離すエネルギー」を弱めることができます。

ということで、負担にならない範囲で(月収の1%程度〜多くて10%程度ぐらいまでかな)、毎月寄付を習慣にすることをオススメします。(完全なる善意で寄付をする人からすれば、不純な動機に思われるかもしれませんが、結果的にはwin-winなのでアリだと私は考えています)

豊かさマインドを強化する方法⑥
『可能な範囲で「自分なりの豊かさ」を感じられる場所に足を運ぶ』

可能な範囲で『自分なりの豊かさ』を感じられる場所に足を運ぶ。

これは、自分が何に豊かさを感じる人間なのかということを確認するために行いたいアクションです。

少々安直かもですが(!)高級店に行くのもよし、ラグジュアリーホテルに行くのも良しです。大自然の中で満点の星空と満月を眺めるのも良し、愛する人と過ごせばなんだって豊かに思えるのならばその相手とただただ一緒にいても良し。

アナタにとって豊かさとはそもそも何なのか、「豊かさの再定義」をする機会になるといいですね。

豊かさマインドを強化する方法⑦
『自分が所有するモノに対して、どんな前提意識をもっているか』

牡牛座が示す『所有』に関する見直しを。

あなたが今所有しているものを見渡してみましょう。

たとえば、服。その服をどんな気持ちで買ったか思い出してみましょう。素敵だと思ったから?仕事で必要だから仕方なく買いましたか?

アナタの机の上にある文房具だってそうです、ただ必要だから間に合わせのために買っただけなのか、自分が良いと思うのを選んで買ったのか。

生活にはどうしても必要なモノがあって、いちいち厳選していられないかもしれません。でも可能な限り、(適度な)こだわりと愛着をもって選択することは、五感を育てたり、ポジティブな波動を出すことにも繋がります。一つひとつのモノを、妥協や欠乏感から選ぶのではなく、「これが良い」「これを持てばワクワクする」という前向きな意識で選ぶようにして、豊かさマインドを強化していきましょう。

スポンサーリンク

【あとがき】カラダとの対話を。

牡牛座新月_対話

私は基本的に言葉のチカラを信じているので、潜在意識との付き合い方ひとつとっても言葉で人間も人生も変わると考えています。実際私自身、言葉のパワーで大きく自己変革してきたと言っても過言ではありません。

なので普段は感覚よりも言語派なのです。ただ最近感じているのが、言葉によるアファメーションの効果以上に、身体感覚の偉大さ。

そして、ちょうど今回の牡牛座新月は「The 五感」の星座なので、ぜひとも身体感覚を大事にしたいところです。

ということで今回は、カラダにアプローチしてみてはいかがでしょうか、という提案でした。

願い事をいつものように書くのももちろん良いと思います、ただそのあとの体の反応を仔細に感じ取るようにしてみてください。むしろそちらに時間をかけることをオススメしたい。

言葉で書いた願い事に対してカラダはどう反応しているか。

体内に流れる血がウキウキしているか、なんとなく筋肉がこわばるか、軽やかになるか、パワーがみなぎってくるか、ハートが開くような感覚があるか逆に閉じるように感じるか、内臓が喜んでいるか、などなど。バカっぽいと思うかもしれませんが、カラダに話しかけること、そして反応を伺うことは、けっこう大事なのです。(このあたりについてはまた改めて記事にできたら!)

身体感覚を研ぎ澄ませることで、自分の望みが本当はどこにあるのか、純粋にしたいことは何なのか、といったことが分かってきやすくなります。

そして、カラダにフィットする願いであれば、然るべきタイミングには、必要なご縁が結ばれてスキルや才能も必要なレベルに達している、あれよあれよという間にあなたの夢を叶えるための道が実はできていた、という不思議な流れを感じることになるはず!

ぜひこの機会に、ご自身のカラダと対話してみてくださいね。

アナタにとって素敵な牡牛座新月になることを願って、

本日はこのあたりで。

蠍座満月

5月19日 蠍座満月のこと。『私の愛する世界』の構築に向かって、秘められた思いが顕在化されるとき

2019年5月17日
牡羊座新月

4月5日 牡羊座新月のこと。好きなことファーストで生きていくためにエンジンをかけるとき

2019年4月3日
花火_喜びベースの日々

お金・仕事・将来など、あらゆる突発的な『不安感』から解放されて『喜びベースの日々』を送るためにアナタがするべき5つのこと

2018年11月10日
ゴールドのジュエリー

お金を引き寄せるための5つのマインドセット。お金持ち体質の思考を身につけることの重要性

2018年5月16日

スポンサーリンク

関連する記事