8月4日 水瓶座満月。”変化”を受け入れて理想の世界へ軸を向けるとき

水瓶座満月 占星術・星占い

8月4日 0:58 水瓶座満月です。

今回の水瓶座満月〜8月前半は、”change”が重要なキーになりそうなタイミング。満月の後ほどなくして、水星が蟹座から獅子座へ、金星が双子座から蟹座へと移動し、天体のサイン移動も続きます。他にもポイントとなる天体配置があるので詳しくは後述します。

いずれにしても今回の満月付近ではこれまでとは違う選択をしたり、「変わること」を選択することで(電撃的に変わらざるを得ない状況がやってくる、という可能性もありますが)、自己の古い殻を脱ぎ捨てることができそうです。

獅子座シーズンなので「ワクワクするからそれをやる」という喜びベースが基本ですが、そこからさらに新しい方の自分へと変わることを選んでいくことであなた独自の個性が進化するでしょう。

現在の星の配置の影響下でどんなことを意識しておけばいいか、今の時期を有意義に過ごすためのポイントなど、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のサイクルに乗って有意義な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

8月4日 水瓶座満月のこと

月は水瓶座、太陽は獅子座、両者が真向かいに位置し、刺激し合う関係になる今回の満月。

月は私たちの無意識に「反応」を起こさせ、気分や感情を作り出します。満月前後、水瓶座の月のもとで私たちの感度が上がりそうな欲求としては以下のようなものが挙げられます。

  • これまでとは違うアプローチを取る
  • 当たり前や常識を疑う
  • 古いルール、古い習慣やパターンの見直し
  • 新しい時代に合った生き方へ
  • 普遍的な価値を見出していく
  • 人とは違う自分なりの個性を大事にする
  • 自主性をもって人々が繋がり合う社会
  • 過去ではなく未来へ意識が向かう
  • 感情を引きずらず論理的に考え、理想を目指す
  • 仲間と繋がるためのネットワーク形成への思い

などなど。

水瓶座は「理想の未来を実現させるために必要な改革」をもたらすサインなので、今回の満月周辺ではこのような未来志向のムードが起爆剤となって、自分自身にテコ入れしやすいときにもなります。これまで無意識に形成してきたあなた自身の価値観や思い込みに新しい風を入れ、自己を新たなる境地へと解放させる機会を得るかもしれません。

あなたは自分自身の個性を本当の意味で認めてあげているでしょうか?

周囲とは異なる自分特有の感覚や考えを、皆とは違うからという理由で押し込めていないでしょうか?

あなたがこれまで自動的に従ってきた常識やルールは本当に真実なのでしょうか?あなたの人生に本当に必要なものなのでしょうか?

いつものあなたのそのパターン、たまには崩しちゃって良いかもしれませんよ?

私たちは年齢を重ね社会生活に順応するにつれて、規定の枠組みやルールに自分を無意識にはめ込んでいることが往々にしてあるものです。しかしふと視点を変えて、これまでの”当たり前”を疑ってみたときに、実は全く自分が求めていなかったことを「単なるパターンとして繰り返していたこと」にはたと気づくことがあります。

そんなこれまでの「当たり前」や「思い込み」から自分を解放させ、あなた独自の美意識や感覚、個性を前に押して出していくことを促してくれそうなのが今回の水瓶座満月。

特に今回は天王星からの鋭い刺激がやってくることや、火星と木星のスクエアでダイナミックな衝動性や行動力がもたらされそうなことを考えると、(過剰さや暴走には注意ですが)思ってもみなかったスピーディーな流れで何かを決断することになったり、急に身の回りの環境を変えたくなったり、仕事の方向性や方法を変えるなど、つい先日まで全然予期していなかったような変化の流れが満月前後にやって来てもおかしくないな、という感じです。

なので、もしそういった変革モードが実際の感覚としてやってきたのであれば、それがあなたの描く理想に沿うものである限り、思い切って変えていくようにしてみてください。自分の美意識を尊重し、心地よさを優先して、行動する。あなた自身が世界の創造者であることを思い出し、理想の未来のために一つひとつ自分を縛り付けている思い込みや制限から自己を解放させていきましょう。

とはいえ、もし今あなたに変化の波がやってきていないとしても焦らなくても大丈夫です。準備が整い、タイミングがやってきたら、案外軽やかに決断や変化は起こせるものです。

機が熟したか熟してないかの一つの判断基準として、自分の選択に対して「不思議なほど迷いがない」「なぜかパッと瞬時に決めた」といった状態であることが挙げられます。ハイヤーセルフが「その道でOK!」と判子を押してくれているような感じで、普段の自分なら迷いそうなことを一気に飛び越えてグイグイ行けたりするんですよね。

迷いに迷って急いで無理やり変化を起こすことよりも、「ベストなタイミングは自分が知っている」とドンと構え、自分自身と宇宙の流れを信頼するようにしましょう。

そして自分自身のタイミングを信頼した上で、今回の満月周辺で(たとえ些細なことであったとしても)「これまでとは少し違う方向で行こうかな」「ちょっとここは変えてみようかな」と感じることがあったのであれば、そういった気持ちの変化や方向転換への願望は尊重してあげるようにしてください。

実際に変化が起きる、あるいは実際に行動を起こす、ということにはならなかったとしても、自分のなかで実感できた小さな視点の変化や新しい風は、確実にあなた自身を”インナーレベルで”変容させていきます。何かしら変化した”新しい自分”を自分自身が受け入れていくことがまずは必要で、そのような小さな内的変化が後々、現実レベルの変革へと発展していきます。

さて、現在は太陽獅子座シーズン。人生を切り開くエンジン源となる太陽が獅子座に滞在する今、どのように自己を表現し、自分を”王者”のごとく堂々たる存在へと輝き放っていくかが課題であることは前回の記事でもお伝えした通りです。個の存在としての自分を照らすことは、自分らしい人生を創造していくためには必要不可欠です。

「生きる喜び」を自分にも周囲にも与えていく獅子座ですが、どの星座にもポジティブサイドとネガティブサイドがあるように、獅子座のパワーが好ましくない形で発揮されることがあります。「ワタシは特別」「主役はワタシ」といった特権意識や自意識が強くなりすぎると他者の存在をないがしろにしてしまうという事態が当然ながら出てきます。

満月は反対のサインとの調和が必要なときでもあります。「自分だけが特別(獅子座)」なのではなくて「誰もがユニークで自分と同じように特別な存在(水瓶座)」という視点をもって動くことが、より進化した獅子座のエネルギーを取り入れることになります。ぜひ満月前後ではこの両者の視点を調和させることを意識してみてください。

そして、あなたが今現在どんなことに取り組んでいたとしても、賞賛や注目を浴びること自体が目的となっていないかを振り返り、皆が一人ひとりユニークな存在として自由に生きられる未来はどんなものだろうかと妄想してみましょう。一人ひとりが輝いた状態で、価値観や世界観が共鳴する仲間と繋がり、社会を本当に必要な形へと変革させていく世界です。それこそが目覚めた獅子座-水瓶座の融合点です。

スポンサーリンク

水瓶座満月時の天体配置

今回の満月の特徴のうち、最も注目しておきたいポイントは太陽と月に対してハードな関係を形成している”天王星”の存在です。

水瓶座の満月であるということだけを考えても、水瓶座ルーラーである天王星の特色がブレンドされる満月となるのですが、今回はそれだけでなく、月と太陽が天王星と直接的に関係しているので特に天王星エネルギーが強調された満月であると言えます。

天王星が表すのは「変革」や「独立」。これまでの常識や価値観、従来のパターンや構造を打ち破ろうとする革新性溢れる天体です。獅子座/水瓶座/牡牛座で形成される不動サインのTスクエアなので「私は私のやり方でいく」「自分のスタンスやポリシーを守る」という姿勢が強調されるエネルギーにはなるのですが、焦点となるポイントは天王星。

つまり、最終的には、より理想とするものに向けて必要であれば「変える/変わる」ことを選ぶことが、自分自身の殻を破り、”進化”することになるのだ、ということでもあります。

現在天王星が牡牛座に滞在していることを考えると、あなたがこの水瓶座満月のタイミングでアップデートしまくるのは自分自身の”所有物”や”ファイナンシャル方面”のことかもしれません。自分がこの人生で何を「所有」するのか、どんな価値を世の中に提供しどれほどの対価を受け取るのか(どうやって収入を得るのか)、豊かさを感じるために自分を満たすために何が必要なのか、といった牡牛座的なテーマに関して自分のスタンスが突如変わる、ということもありえます。

あるいは、ながらく自分を束縛してきた何らかの事柄や考え方を手放すことになるかもしれません。ワークスタイルが変わる、実家との関わり方が変わる、社会への自分自身の見せ方が変わる、人との接し方が変わるetc いろんな可能性が考えられますが、いずれにしても現在起こってくる変化/自分で起こしていく変化は、あなたがより自分らしく、自分自身のスタンスで創造的に生きるために必要なステップだということです。

満月は物事が”満ちる”タイミングですから、これまで気づいてなかったことに光が当たる(=「何かが明らかになる/発見する」)、というフェーズでもあります。「もうこれは手放したい」と限界がきたような状況や悪しき習慣から「これからは距離を置くのだ」と自ら決意するのもオススメです。

現在あなたが「自分で自分の人生を創造する」という意図で自発的に選択していく事柄は、特に2021年にはご自身の大きなテーマになる可能性があります。より自覚的に自分を振り返り、未来に活かしていくために現在の星廻りでの意識ポイントをこの後お伝えしますが、その他満月前後の天体の配置として注目したいものには以下のような動きがあるので列挙しておきます。

  • 7月終わり頃にピークだった木星と海王星のセクスタイルが継続中
  • 8/4 水星と土星がオポジション
  • 8/4 木星と火星がスクエア(火星は木星/冥王星/土星と順にスクエアを形成)
  • 8/5 水星が蟹座から獅子座に移動
  • 8/6 双子座金星がノースノード(ドラゴンヘッド)と合
  • 8/8 金星が双子座から蟹座へ移動

満月を迎えるとまもなく水星と金星がサイン移動するので、宇宙的な切り替えポイントが続きます。体感としても自分や周囲のノリや雰囲気、あるいは世の中に漂う空気感の変化を察知できるかもしれません。

ではこれらの天体の動きを考慮した上で現在私から提案したいことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

水瓶座満月&8月前半の意識ポイント

1. 半年前の水瓶座新月の振り返り

約半年前の水瓶座新月(1月25日)で願い事をしたり宣言をした人は、当時掲げたことが現在の時点でどう発展したかを客観的に捉えてみましょう。

意図を放ったあと、実際にその願いに近づけるよう行動してきたでしょうか?

行動したものの上手く進まなかったでしょうか?やっぱり諦めたくないという気持ちが高まったでしょうか?あるいはモチベーションが下がったでしょうか?

そもそも意図を放っただけで行動するまでには至らなかったでしょうか?

行動に結びつかなかった理由は何でしょうか?

そもそも実はそこまで望んでなかったことなのでしょうか?

振り返る視点はさまざまですが、水瓶座新月で放った願いが現在も同じように自分の中に存在しているならば、その理想を実現するために「いまの自分が出来ること」を具体的に考えてみるようにしましょう。

”運任せ”にするのも一つの在り方だと思いますが、せっかく貴重な時間を使って願い事を放ったのであれば、そのフォローアップも自分自身でするのがオススメ。叶った願い事と叶わない願い事を振り返って「現実界でどんな事象を起こすかは自分で決めているんだな」という感覚がつかめれば、願望実現力は確実にアップします。

案外多くのことが叶っていることに気づけば、確信的に自分や宇宙を信じることができるようになるでしょうし、ほとんど叶っていない場合はそこに言行一致があったかを見れば自分の本心を知ることにもなります。いずれにしても、過去の検証は未来の自分を見通すために役立ちます。

獅子座太陽と水瓶座月の組み合わせは理想を高くもつことはできますが、「では今何をする?具体的に何ができる?」という現実的&地味な戦略が抜けがちです。理想を描くだけでなく、同時に今出来ることをひねり出し、行動へと移していくようにしましょう。

2. 普段とは違うアクションを起こす/違うエネルギーを取り入れる

現在星廻り的に「変わること」をグイグイ迫られる暗示があるので、自分が頑なに変えようとして”いない”ことで「自分の成長をストップさせているな」と自覚しているものがあるのであれば、新しい方向性を取っていくことが得策です。とはいえ、人は変わることに抵抗するもの。とゆことで、より自然に自分を変化の波に乗せていくポイントを紹介します。

自分の”通常モード”とは反対のアプローチを取っていくことで、変化の波にスムーズに乗りやすくなります。普段と違うアクションを起こしてみる、ということですね。

あなたの日頃の意識が物質的な事柄を重視しているならば、宇宙や見えない領域の”上の世界”に意識を向けることをしばらく心がけるようにすると、新しいエネルギーを取り込めます。

逆に、普段スピリチュアルなこと、精神世界などに重きを置いている人は、しばらく自分の物質面を充実させること、自分のボディを感じること、五感を満たすこと、大地を感じることなどへと軸を向けていくことで、新しいエネルギーが取り込めます。

あなたが「頭で考えるタイプ」なら「身体の声を聴くようにする」、

あなたが「自分の感覚に頼りすぎてしまうタイプ」なら「他者の全く違う意見を聞いてみるようにする」、

あなたが「安定・安心を第一とするタイプ」なら「小さなことでも何かを”崩す”ことを経験してみる」

普段は通らない道を歩いてみる、普段机生活の人は地べたで作業してみる、普段は使わない道具を使ってみる、普段なら食べないものを食べてみる、ルーティンを変えてみる、生活スタイルを変えてみる、、etc

あなたが現在大きな事柄で何か状況を変えたい改善したいと感じていることがあったとして、直接的に今すぐ変えることは難しい、ということがあると思います。その場合は、ダイレクトにその状況や物事を変化させようと躍起になるのではなく、上の例のようにまず身近なところで自分の”通常モード”を抜けて、普段とは異なるアクションを起こし「変化の波を”面で”起こすこと」を心がけるようにしてみましょう。今は獅子座シーズンなので、”楽しみながら”取り組むことも忘れずに。

そして記事の前半でもお伝えしたように、「ベストなタイミングは自分が知っている」とドンと構え、自分自身と宇宙の流れを信頼するようにしましょう。

通常モードから出た場所で「あれ、意外とこっちも良いな、楽しいな」と意外なところでワクワクや喜びを感じることができれば、視界も可能性も一気に広がります。そうやって「案外これも楽しい、こっちもイケる」みたいな感覚を増やしていけば、カラダが変化を引き寄せるモードになっていくんですよね。

そうすると、直接的には関係ない事柄であっても以前は変えたくてもどうしても変えられなかったことがすごく小さな力で変えられるようになったり、自ら頑張って変えようとせずとも自然な流れで変化することを選べた、というスムーズな流れが起きてきます。

近々ドラゴンヘッドと金星が重なることを考えても、ガチガチに固めた自分の哲学や独善的信念を手放して(射手座 DT)、多様な異なる意見やアイデアに好奇心を持ってオープンであること(双子座DH)が新しい扉を開き、新たなる”ご縁”を引き寄せることにもなりそうな気配です。

自分のスタイルを貫くことは不動サインにとって大事な部分でもありますが、オープンマインドで普段の自分とは異なるエネルギーを取り入れることも忘れずにいましょう。

スポンサーリンク

3. 自己の内にある”戦士”のエネルギーを徹底して良き形で使っていく

今回の満月あたりでは牡羊座火星と山羊座木星のスクエアがピークになりますが、木星のそばには冥王星と土星もいるので、順々にスクエアを形成していきます。場合によっては非常に衝動的・破壊的かつフラストレーションがやってくる可能性のある配置です。ゆるい角度も含めると、年内ずっと山羊圏の天体と牡羊座の火星は摩擦のある関係にありますが、中でも8月はこの摩擦エネルギーが強まる時期となります。

別記事でも何度かお伝えしたように、火星は今年、本拠地である牡羊座に長期滞在するので、火星のアーキタイプである”戦士”のエネルギーが強力なかたちで活性化される状態となります。もちろんこれは一人ひとりにも影響が出てくるもの。ポジティブに出れば、果敢に自分の道を切り開いていったり、スピーディーな決断や行動ができたり、これまで押しが弱かった人も勢いよく自分らしさを打ち出していくことなどがしやすくなったりするわけです。

一方で、山羊圏天体(特に冥王星と土星)とのスクエアが形成されることで、自分がイニシアティブを取って始めようとしていたことが外的な事情や権威によって遮られるということも出てくるんですよね。となると、その摩擦によって生じるのは”我が道”を進めないことによるフラストレーション。そしてその満たされない渇望感は怒りや不安、不満といったネガティブな感情をベースにしてアグレッシブな行動を取る、といった状況をもたらすことになります。

だからこそ大事なことは、外側の状況に自動的に反応しない「内的な強さ」を育むこと。インナーパワーを強化して、自分のために大切な人のために愛を選び勇敢であり続けることです。

ネガティブな感情を味わうこともあなた自身が自ら選んでいることだと言えるので、そこをどんなふうに捉え方を変えればポジティブなパワーに変えていけるか捉え直していきましょう。

怒りや不満は確かに人が動く活力にはなりますが、星廻り的には「真の愛と光」のために自分を動かしていくことが本当に大切。”ラブパワー”なんて表現するとすごく胡散臭いのですが、人間の本質は「愛」ですから、根っこと繋がった生き方をしていくことが必要不可欠だと言えるでしょう。

4. 将来の長期的戦略やプランニングを

火星と木星がスクエアを形成する今回の満月ですが、この配置は「あなた自身の情熱を、将来のために奮い立たせるようにすると」具体的に使えるエネルギーだと感じています。木星は山羊座で若干居心地は悪いのですが、希望と楽観性をもって「長期スパンの戦略」を練ることには適しています。

その木星に、火星が「あんた元気出しなはれや!」と発破をかけてくるとなれば、いまいち本調子じゃない木星も「じゃ、じゃあ、ひとまず気合い入れて戦略を練ったり計画を立ててみましょうかね(汗)」という感じでプランを拡げていくことができるわけです、笑

水星は満月を過ぎたら間も無く獅子座に移動しますから、「ドラマティックに表現する&伝える」という伝達能力が、太陽を補助する役割としてやってきます。となると、将来のプランニングは、少々派手な感じで妄想したり演出しながら楽しんで取り組む、といった感じも良さそうですよね。

海王星と木星のセクスタイルは続いているので、”Big Dream”と”具体性”を共存させて今後のプランを考えていきましょう。

5. Pre土星水瓶座期に経験した変化に関してさらなる洞察は?

今年3/22~7/2までのPre-水瓶座土星期、7/2から再びやってきた山羊座土星期。この期間を比べてみた時、あなた自身にどんな出来事や変化があったでしょうか?

一つ目の振り返りポイントは先ほど上でお伝えしたように、「半年前の水瓶座新月」からどんな変化があったか、についてでした。放った意図は実現できたでしょうか?それともコロナの影響で方向性自体大きく変わったでしょうか?

そして土星が水瓶座に滞在していた約3ヶ月間、きっとかなり多くの人が自分の人生観や価値観、これからの生き方や方向性などに関して考え直す機会を得たのではないかと思います。当時の土星水瓶座期間、ご自身が経験した内的変化・価値観の変化を通して、何かしら新しいアイデアや「今後やっていきたいこと」なども浮上していたのでは、と思います。

『コロナを経た今だからこそ分かる”自分の価値観”を知ろう』と価値観の再設定をするためのワークを5月の蠍座満月の記事で提案しましたが、その頃に感じていた「自分にとって大事なこと」や「変えていきたいこと」などに何らかの形で関連することが今回の水瓶座満月前後で再び浮上している可能性があります。

1月の水瓶座新月、Pre-土星水瓶座シーズン、そして今回の水瓶座満月、これらはこれからやってくる新しい時代に向けてのウェイクアップコールがダイレクトにかかる時だからです。

もし、当時模索していたことがまだ形にはなっていないものの、今回の満月あたりでさらにインスピレーションを得たりプランのアップデートをすることになったり、自分のなかで「やっぱりこれからはこうしていきたい」という思いが湧き上がっているとしたら、それらの計画やアイデアは高い可能性で来年以降ご自身の中で大きなテーマになっていくだろうと思います。

今すぐ実行できなくてもOK、あなた自身のペースでOK、人と比べなくてもOK、ただ”自分の内で起こっている変化”に耳を澄まして、これからは本当に生きたい人生をリアルに実現させていく世界に移行するのだと楽しみにして、準備をしていきましょう。

それでは、あなたが素敵な水瓶座満月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

蟹座新月

7月21日 蟹座新月→太陽獅子座期。現在とこれからの意識ポイント

山羊座満月

7月5日 山羊座満月・月食。いま振り返ってほしいアナタ自身のこと

Support JOYLE

スポンサーリンク

Others