9月2日 魚座満月&9月前半のこと。自己犠牲から真の奉仕と喜びの世界へ

魚座満月 占星術・星占い

9月2日 14:22 魚座の満月です。

太陽と水星が地のサイン”乙女座”に滞在する今、大枠として現在は”実務的な勤勉モード”だと言えますが、今回の満月ではそこに魚座の”全統合的な”エネルギーが入ってくることによって、スピリチュアルなレベルでの癒しや解放が起こってきます。天王星との調停がある満月なので、何らかの形で意外性のある「結果や結実」がやってくる気配もあります。

細部へのこだわりや完璧主義から離れ、全身の力を緩め、流れに身を任せてみたり、自我の思いや思考を手放して”宇宙に委ねる”ことをこのタイミングで意識するようにすると、あなたにとって必要な浄化を経験できるであろう今回の満月。

現在の星の配置の影響下でどんなことを意識しておけばいいか、今の時期を有意義に過ごすためのポイントなど、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のサイクルに乗って素敵な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

9月2日 魚座満月のこと

魚座満月2

月は魚座、太陽は乙女座、両者が180度の関係に位置し、刺激し合う関係になる今回の満月。

前回の記事でお伝えしたように、太陽が乙女座に滞在する約1ヶ月間(8月23日〜9月22日)は、下記のようなことを意識しておくのがオススメです。

  • 現実的に状況を分析→改善する
  • 実用的なカタチで人の役に立つ
  • 責務を真摯に全うすること
  • 自分を押し出すよりも「自分が”求められていること”は何か」という視点で考える
  • 健康や習慣を見直して日々の生活を改善する
  • ワークスタイルの見直し
  • 物事を仔細に観察して細かい対策を考える

私自身、毎年乙女座シーズンは自然とカラダのメンテナンスに意識が向くようになっていて、ジムに通ったり筋トレを強化したり、食生活を見直したりする流れになることが多く、実際この時期に習慣化した「体に良いこと」は継続しやすいなと感じています。

生活リズムの乱れや心身の不調などが気になっている人は特に、乱れている側面を整えるよう意識すること、実際に身体の不調があればメディカルチェックを受けるなど、現在の乙女座シーズンにボディメンテナンスをしておくのも良さそうです。

そしてその一方で、今回の満月でスポットライトを浴びるのは魚座。月は私たちの「無意識」に反応を起こさせ、気分や感情を作り出します。満月前後、魚座の月のもとで私たちの感度が上がりそうなものとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 想像力が豊かになる
  • 神秘的&スピリチュアルな世界に引き寄せられる
  • 同情心・慈悲心が強まる
  • いつもよりセンシティブになる
  • 自他の境界線が緩くなる
  • 狭い自我意識が拡大し、宇宙意識に共鳴する
  • 清濁併せ呑み、赦しモードへ

などなど。

12サインの最後のサインである魚座のテーマは「普遍と統合」。一つ前の水瓶座が”離れる”ことによって普遍化を試みるサインだとすれば、魚座は”溶け込む”ことによって普遍化を目指し、あらゆるものを統合させていきます。

この同調力が「慈悲心」としてポジティブに発揮されれば、自分や他者を深く癒すことができる好機となります。海のように広大で深い受容性を備えた魚座のエネルギーによって、癒しや浄化が起きやすくなるので、普段色々なことを白黒でジャッジしがちな人は特に、この魚座の広大なエネルギーに共鳴していくようにしてください。

ギュッと握りしめていたものを手放し、全身の力を抜き、全てを水に流し、自分自身も海の上で、あるいは宇宙空間にプカプカ浮いて光のシャワーを浴びているイメージです。

満月付近では、しばし世俗から離れてイマジネーションの世界を旅したり、瞑想に浸ったり、アートに触れるなどして、日々の細かいことを忘れられるようなゆったりとした時間を過ごすことがあなたに必要な癒しや浄化を起こすことにも繋がってきます。

しかも、天王星からピシャリとサポートが入る今回の満月。より高次元の意識にご自身をチューニングしていくことによって、突然のアウェイクニングやヒーリングを経験したり、新たな方向性への”啓示”みたいなものを得る可能性も十分にあり得ます。予定調和ではない展開かもしれないけれど刺激があって面白く、意外なかたちでトラブルが解決する、なんてことも。

そういった啓示を「得てオシマイ」でなく、そこから現実世界で飛躍的に活かしていくためには、小さなエゴを満たすだけの生き方から、宇宙の大きな流れに沿う全体奉仕的な生き方へ向かっていくことがキーとなります。奉仕精神は「スピリチュアルな存在から後押しされて生きる」という意味でも必要不可欠な姿勢です。

奉仕的な生き方=自己犠牲ではなくて、本当に自分の人生の目的に叶ったことをしているときには「奉仕は即喜びであり創造性を伴うもの」になります。

魚座が司るものには「精神的な奉仕」がある一方で同時に「芸術・映像や音楽」などの創造的な活動も含まれます。奉仕と創造性が両輪となって働けば、個のパワーを凌駕した宇宙的なサポートによって圧倒的なパフォーマンスが発揮される、ということにも繋がっていくのでしょう。

「私は人に尽くすのが性分で…」とご自身で思っている人は、その奉仕が自発的なものであったとしても、本当の本当にそこに自分の喜びや幸福や創造性があるのかシビアに見ていくことが、”奉仕精神の背後に隠れた自己犠牲”を発見することにも役立ちます。

「誰かの役に立ちたいから…」

「私にできるのはコレしかないから…」

誰かを救うことで自分の内にある無価値感や失望感を補おうとする無意識の心理的補填は頻繁に起こる現象です。お金も時間も十分にあるとして生活の心配がなかったとしても、あなたは今行なっていることを何らかの形で変わらず続けるでしょうか?もしそうであれば、きっとそれはあなたの魂が今回の人生で取り組もうと予め決めていた”魂レベルの奉仕”だと言えるでしょう。魚座の最も神聖なエネルギーが表出した姿です。

そうでなければ、あなたが自身の身を捧げる対象はまた別のところにあるのかもしれません。あるいは、現状をより「喜びと奉仕」が連動する方向へと調整する必要があるのかもしれません。自分自身に緩やかについている嘘を認めることも大事なプロセスとなります。

自己犠牲を手放し、真の喜びと神性意識を携えてこの世界に奉仕することを誓うこと、そうすることであなたに必要なリリース&浄化がもたらされるのが魚座の満月。これまで自己犠牲で生きてきた自分を手放す絶好の機会となるでしょう。

また、少しご自身のことを振り返っていただいて、もし以下のようなことに当てはまるようでしたらこちらも現在のタイミングでポイポイ手放していきたいポイントです。

  • 全ての物事を「正しいor正しくない、良いor悪い」といった極端な二元思考で判断している
  • 「ありのままの自分では非難される」「何もしていない自分は無価値」といった思い込みが根深く自分の中にある
  • 過去に”犯した”(と勝手に思い込んでいる)何らかの出来事に対して、まだ現在も罪悪感を覚えている

上記のような観念は、「あなた自身が最高に美しい愛に満ちた存在であるという真実」からあなたを遠ざける”幻想”です。まずは、セルフハグを。そして、これからは神聖なる存在として自分を愛し他者を愛して生きていくことをぜひ誓ってください。今回の満月で、自分に対する罪悪感や無価値感を手放していくと宇宙に宣言してください。

さらに、”赦し”というテーマも魚座の担当領域。

「自分自身のことですごく嫌いな部分がある、許せないことがある」

「(過去に何かヒドイことをされて)どうしても許せない人がいる」

「パートナーや家族に対して許せないことがある、どうしても解せないことがある」

といったことがある場合も、(たとえあなたの正義が絶対的に正しかったとしても)相手を赦し、相手をゆるせない自分をも赦し、受け入れ、感謝さえしていくことが、現在の星廻り的にはベストの対処法です。

これは最近繰り返しお伝えしている火星×土星のネガティブサイドの発動にも関わってくる話です。火星が表す「戦士」のエネルギーを良き形で発揮していけるかどうかが分かれ道のようになっていて、そのためにはあなた自身のインナーパワーとインナーラブを育むことがすごく大切だということをお伝えしたかと思います。

そしてこの重要性を伝える背景には、火星の攻撃性や衝動性そして怒り、土星による制限や停滞、そして両者の関係性により引き起こされる”フラストレーション”の暗示、これらをすべて「どうすれば建設的な”愛のエネルギー”に変えていけるか」が今年下半期の大きなテーマになっているから、という理由がありました。このあたりのことは引き続きテーマになっていますのでぜひ意識していただければと思います。

魚座満月

満月時、蟹座金星が山羊座土星とハードな関係を形成しています。”愛情”を司る金星が、火星からだけなく土星からもプレッシャーがかかっている状態。魚座満月の感情的なエネルギーも相まって、もしかすると満月付近では人間関係やパートナーシップにおいて少々ハードな状況が起きたり、何らかの楽しみや豊かさが制限されるようなシーンを経験するかもしれません。

あなたが現在何らかの形で誰かと”協働”しようと考えている場合などは、その人と波長が合いそうか、お互いが大事にしているものが同じ方向性を向いているかは大事な点です。表面的には「イイ話」であっても、長期スパンで考えたときにどうなのか、相手が不安や恐れを煽ってきたりコントロールしようとしていないか、愛で動いている人なのか、スピリチュアルなレベルであなたに素敵な影響を与えてくれそうかどうかなども忘れないようにしましょう。

ということで、外的状況や内的ムードに対して自動的に反応しネガティブサイドに同調していくことには注意ではあるのですが、とはいえ、あなたのムードが満月前後でダウンしたとしてもそれすらも魚座での満月においては”必要な浄化プロセス”なのかなと思ったりもします。

そして満月の日の夜に、金星と土星のハードな関係がピークになった後には、乙女座にて本領発揮中の水星が土星&金星を調停していく流れに。身の回りで何か乱れるようなことがあったとしても、プラクティカルな水星が、そのあとの物事を具体的に進めたり上手く対処することを助けてくれるのではないかと思います。(この水星は、リサーチや勉強にもgoodな配置ですね!)

さて、ここまででお伝えしてきた魚座の受容的&宇宙的なエネルギーが私たちに何をもたらしてくれるかと言うと、あなたが単なる”物質的存在”なのではなく、スピリチュアルなエネルギー体であることを思い出させてくれる、ということ。

個の存在を超えた大きな大きなエネルギーと私たち”全員”が人っ子一人漏れることなく繋がっていることを感じながら日々を過ごせるようになれば、より大きな視点で人生を完璧なシナリオとして捉えることができるようになります。

自分の身に起こる全てのことがスピリチュアルなレベルでは常にベストなのだということを深く受け入れられたら、現在あなたがいる状況も過去に経験したこともなぜそのような経験をする必要があったのか、深淵なる意図が見えてきます。

なぜ自分の魂が今世で自分という人間を選んだのか、

なんのために特定の人や事柄との縁が結ばれるのか、

自分の人生にどんな目的があるのか、

どんな試練を何のために乗り越える必要があるのか、

魂は今回のあなたの人生でどんな喜びの体験をしたいのか/どんな悲しみの体験をしたいのか。

自我レベルでは「できれば経験したくないこと」であっても、魂からすれば喜んで経験したいことはたくさんあるわけです。逆に現在のあなたからすれば「手に入れたいこと」であっても魂からすれば「どうでもいいこと」もたくさんあります。

このように、高次の自分で生きることと、現実生活を送る低次の自分とのバランスを取りながら日々を過ごすようにしていくと、たとえば願望実現に関しても「わざわざ願わなくても頑張らなくても、必要なことは必要な時に向こうからやってくる」という状態がごくごく普通のことになっていきます。何とも不思議な流れやシンクロもガンガン増えてきます。

たとえ目には見えなくても、理性ではよく分からなくても、”実感として”「あぁワタシは見守られているんだな」という感覚に包まれるようになります。そして、こういった一連の宇宙愛みたいなものをより感じられるようになる近道が、瞑想をすることや、マントラやお経を唱えること、エネルギーワークで光を感じることだったりします。「たかだかそんなことで、、、」と思うかもしれませんが、効果は”間違いなく”あります。サイキックなエネルギーが高まる魚座の満月の元ではこれらのワークは特にオススメです。

満月の翌日、月は魚座にて海王星と重なり、満月時に充満するスピリチュアルなエネルギーが改めてプッシュされるような流れもやってきます。身の回りに対する感受性が高まり、普段なら感じ取れない微細なエネルギーの変化を感じられるかもしれません。眠くなるのもOK、疲労感覚えるのもOK、少々ぶっ飛んでもOK、現在の太陽乙女座シーズンにシャキシャキ活動している自分にしばし休憩を与えてあげると良いでしょう。

もしあなたが現在、苦しい状況に追い込まれていたり何度も繰り返されるキツイ状況に出くわす場合、周辺で起こるさまざまな流れに”抵抗”することは茨の道へ突き進むことを時に意味します。反発したり、怒ったり、抵抗するのではなく、そこに何らかの学びや成長のテーマがあることを認め、受け入れ、自らの人生の「観察者」であることを選んでいくことが、現在の星廻りからの恩寵を受け取る上でのキーになるかと思います。

スポンサーリンク

魚座満月_意識ポイント

魚座満月3

1. 半年前の魚座新月の振り返り

わずか半年前ですが、2020年の激動性を考えると半年前に願っていたことと現在の価値観が大きく変わっている可能性は大アリです。今年2月24日の魚座新月の時期、あなたはどんなことを考え、当時思い描いていた未来像はどのようなものだったでしょうか?

そしてそこから現在に至るまでの実際の変化を経て、現在のあなたはどう感じているでしょうか?変わらない思いがあるでしょうか?半年間で大きく変貌した願いはあるでしょうか?

当時掲げた願いや意図に対してあなたはどのように”行動”を起こしてきたでしょうか?

2. ヒーリングタイム!ビジョンタイム!

満月当日のみならず、その翌日は月が海王星と重なるため、浄化モードが改めて高まります。海王星の”イリュージョン”の作用も強く出ると思われますので、満月前後はリアリスティックな事柄に邁進するよりも少しペースダウンしたほうがしっくりくるかもしれません。

アタマで考え過ぎず全身を緩め、優しい光で全身をスキャンしておくことを強くオススメ致します。アート&写真活動、瞑想、エネルギーワーク、十分な睡眠などが推奨事項です。

魚座は映像や視覚と関わりのあるサイン。今回の満月前後で何をするにしても、言語で構築していくよりは”イメージの世界”で捉えていくことを意識したほうがエネルギー的にうまく乗っていけそうです。満月時に手放したいことがある場合も、手放してサッパリしている自分を”視覚化”するようにしましょう。

一応、エネルギーワークの参考記事:自分をパワースポットにするためのエネルギーワーク

3. 全てを分かる必要はないと知る。流れを信頼して進もう

太陽が乙女座に移動してからは、「しっかり者」のあなたが前に出て、「全てをきっちり整理しよう、きっちり進めよう」と動いていたことがあったかもしれません。乙女座の実務能力も細やかさもそれでそれで間違いなく素晴らしいものなのですが、「全てを把握しておく必要はないのだ」という視点を満月前後では入れておくようにしましょう。

何もかも自分自身でケアする必要はありません、何もかも理解する必要もありません。何もかもデキておく必要もありません。カオスや不完全の中から真実が浮かび上がることもあります。”委ねる”ことによって最善の道に導かれることもあります。

流れを信頼しあるがままを受け入れることで”必要なスペース”が生まれ、最適な波に乗ることができるでしょう。

スポンサーリンク

9月前半の星廻り

9月前半のポイント

水星と金星がサイン移動

満月を過ぎるとほどなくして、9月6日早朝、水星が乙女座から天秤座に移動します。さらに、同日の夕方、金星が蟹座から獅子座に移動。天体のサイン移動が重なる”節目感漂う”タイミングです。

地&水のコンビネーション→火&風のコンビネーションへの移行。内から外へ、よりオープンに議論したり協力しあったり、しかもそのやりとりが「華やかな」形で演出されたりという感じで、人とのコミュニケーションスタンスや交流する際の雰囲気も変わってきそうです。

9月10日 火星が逆行スタート

9月10日〜11月14日の約2ヶ月間、火星が逆行します。本来非常にアグレッシブでパワフルな牡羊座火星ですが、その男性性的なエネルギーが”内向き”になる期間です。逆行へと転じるタイミングの9/10前後数日間は火星マターで”揺れ”が生じるかもなので、ご自身の行いに関して普段よりも自覚的であることが望ましい感じです。

火星逆行期間中、特に逆行へと転じて間も無い9月前半は以下のようなことを意識しておくとご自身のインナーパワーを健全な形で発展させることができるはず。

  • 自分のうちにある衝動性や攻撃心が発動する際の”パターン”を把握し、改善策を考える
  • (行動力を司る火星が逆行するので)やる気が少し低下したり、スローダウンするのは自然なこと。焦らずマイペースに進んでいこう
  • 最近突っ走っていたことの振り返り期間とする/無理やり突進することは控える
  • 内なる男性性エネルギーの再設定(自分の外向性とは?能動性とはどんなもの?それらをどのような場面でどのように使っていけば最善の形で発揮されるかを考えてみる)
  • 怒りや攻撃心、衝動性を癒してあげられるようなヒーリングワークに取り組む

などなど。

逆行期間は約2ヶ月あるのでしばらく続けていく課題にしてくださいね。

太陽が山羊座天体達と調和関係に

9月のハイライトの一つとして火星逆行がある一方で、木星は9月13日に順行へ転じます(29日には土星も順行に)。

火星逆行だけを見ると少し緊張感があるのですが、発展と拡大を表す木星が満月後から順行に転じる前にかけて、太陽と調和関係を強めていくことには要注目です。何らかの嬉しいニュースや報酬、あるいはあなたが現在取り組んでいることに関する新たな展開や可能性に期待。ピークは9月10日の真夜中ですが影響は前後数日あると思われます。

そして、この乙女座太陽と山羊座に滞在する天体達(木星、冥王星、土星)のハーモニーは、9月17日の乙女座新月に直接的に影響を与える流れとして繋がっていきます。ということで次回新月はとても楽しみだな、という感じです。

月が牡牛座に入ってからの9月7日〜8日あたりも、ヤギ&乙女(太陽)&牡牛(月と天王星)のグランドトラインで地のエネルギーがガシッとタッグを組むような流れがあり。現在あなたのテーマになっていることやここ最近停滞していたり困っていたことに関して、有益な打開策や「次の道」が開かれる可能性もあります。

仕事/健康/習慣など、あなたにとってのテーマが何なのかによりますが、いずれにしても目に見える形で何か有力な手がかりが掴めるような印象です。

ということで大変長くなりましたが、、ワタクシが本記事の最後に何が言いたいかというと、、、

今回の満月前後でスピリチュアルな領域で自己をクリアリングし、癒してあげたなら、きっとあなたの内に”新たなスペース”ができるはずで、そのスペースがあるからこそ、あとにやってくる「新しい章」をイイ感じで迎え入れられそうだ、ということ。

満月周辺でゆったりスピリチュアルなムードにしばし浸った後は、9月17日の乙女座新月に向けて、古い自分を手放していきつつ、目の前のことを着実にこなしていくことを心がけてみてください。

そしてもちろん、テキパキ働くだけでなく、

リラックスすることも忘れずに。

ゆる〜く波に乗ることも忘れずに。

そんな感じで過ごしていれば、次回新月あたりでは”現実世界”において、何か”新しいこと”にスイッチが入り、プラクティカルなアプローチで進んでいくことになるのではないかなと思います。

ひとまずは、今回の魚座満月であなたに最善の浄化と癒しが起こることを願って、

本日はこのあたりで。

獅子座新月

8月19日 獅子座新月+乙女座期スタート。Passion!Shine!Confidence!

水瓶座満月

8月4日 水瓶座満月。”変化”を受け入れて理想の世界へ軸を向けるとき

スポンサーリンク

Others