10月17日 天秤座新月+蠍座期スタート。内なる世界で中庸を見つけ、共存共栄を意識するとき

天秤座シーズン 占星術・星占い

こんにちは、サリーです。

10月17日 04:31 天秤座の新月です。

新月は、未来への意図や願望を宇宙に放ったり、新しい計画を立てるのにグッドなとき。気持ちをリフレッシュさせてNewサイクルを始めることを心がけましょう。天秤座は「パートナーシップ/美と調和/上品さや洗練/契約」などを司るサインです。天秤座新月ではこれらに関して新たな願い事や計画を立てるようにすると良いでしょう。

ただし、、、今回の天秤座新月は「フレッシュなスタートでルンルン♪」とは言い難いかもしれない星廻りであるのが実際のところです。一筋縄ではいかない天体配置が重複しており、今回の新月から始まる新しいサイクルのなかには、歩みを妨げるゴツゴツした石も、吹きすさぶ突風も、避けるべき地面の穴も、越えるべき山もあるのかもしれない、と感じます(たとえです、一応)。

気持ちの上では「バランスを取ろう/調和させよう」と思っていても実際のところは心の余裕も物理的な時間もなく慌ただしかったり、状況がどんどん動くことに巻き込まれている、と思いきや急にスタックしたり不具合が出たりと、歯がゆい実情にフラストレーションやストレスを感じることがあるかもしれません。水星火星が逆行のため、”内的なうねり”が発生しそうな感じもあります。(影響は出生図によりけりなので、上記の激しい雰囲気は全く無く平穏な日々を過ごしている方ももちろんいっしゃるかとは思いますが。)

とはいえ、宇宙が非情なエネルギーを無目的に私たちに与えているわけではありません。リバランスを心がけつつ「今できること」を楽しむようにしたり、内観をして内に溜め込んでいるダークな部分を見つめていくようにすると宇宙からのサポートをガシガシ享受できるときでもあります。強制的に起こるデトックスや手放しも、大きな時代の転換期であることを考えると必要不可欠なプロセスなのでしょう。

新月を過ぎるとほどなくして太陽は蠍座に移動し(10月23日の朝)、約1ヶ月間続く「太陽さそり座シーズン」が始まります。ですので本記事では蠍座のことについても触れたいと思います。蠍座水星が先日逆行に転じて風向きも変わったため、蠍座テーマはしばらく重要な要素になってきます。

天秤座シーズンが後半戦を展開している現在、どんなことを意識しておくのが良さそうか、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のリズムとシンクロして有意義な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

天秤座シーズンまもなく終了

天秤座シーズン

9月22日から続いていた太陽天秤座シーズン。10月23日に太陽は蠍座へと移り、蠍座シーズンがやってきます(水星は一足先に蠍座におります)。

あとしばらく天秤座期は続きますが、ひとまずこれまでの天秤座シーズン、あなたはどのように内なる天秤座のエネルギーを発達させてきたでしょうか?お時間のある人は、新月の願い事を書くだけでなく、ぜひこれまでの天秤座シーズンを振り返ってみましょう。

Connection

あらゆるご縁を通して出会う人やモノ、自分以外のものと繋がった先にある新しい世界、そして一対一のパートナーシップなど全体的に”Connection”が新しい形で展開されていきやすいのが太陽天秤座シーズンであることは前回と前々回の記事でもお伝えしてきた通り。

独力では解決できないことも、既に経験のある人に尋ねたり、専門家の意見を取り入れたり、もしくは周囲のサポートを得ることで進められたことが何かしらあったかもしれません。

パートナーとの関係はいかがでしょうか?他者との話し合いや協力を通じて道が切り開かれたことが何かあったでしょうか?あるいはその逆で、あなたが誰かに協力することで新しい気づきや成長が何かあったでしょうか?

また、天秤座は「共存共栄」をテーマとするサインでもあります。個の勝利を目指すのではなく、自分が相手のために犠牲になるのでもなく、共存共栄をもたらす関係性を構築するのが天秤座。自分の願望を押し通すのは”No”、相手の意見や主張を聞くことはあらゆるパートナーシップにおいては必要不可欠な要素です。あなたの”傾聴パワー”はこの1ヶ月でバージョンアップしたでしょうか?

Beauty

天秤座を支配するのは金星。愛と美を司る天体です。牡牛座も金星を支配星としますが、牡牛座が担当するのが「自分の五感で感じる美」であるのに対して、天秤座が担当する美しさは「客観的で洗練されたもの」。

他者に素敵な印象を持ってもらうための、あなたに適したメイクやファッション、そして洗練された立ち居振る舞い。こういったことも天秤座らしい事柄です。美容系アドバイザーに相談したり、スタイリストやイメージコンサルタントに相談する、なんてこともこの天秤座シーズンにはあったかもしれません。デザイン&アート方面等も含め広義の意味で「美を”プロデュース”する」ことは天秤座シーズンにとてもフィットしています。

人は他者に見られるからこそ美しくなるもの。普段は人目をあまり気にしない人も、「より自分を魅力的に見せる」ことに意識が向いていたとすれば、天秤座エネルギーを存分に吸収したと言えるでしょう。美的センスがバージョンアップしたかもしれません!

Balancing

また、天秤座にとって、”Balancing ”もとても重要なワードです。不恰好であることや不公平であること、偏りのあることなどは、ニュートラルを目指す天秤座にとっては居心地が悪いもの。この天秤座エネルギーの反映として、もしかするとあなたの身においても人生のある領域で「偏りを元に戻す」流れがやってきていたかもしれません。

そしてこのエネルギーは新月前後で特に高まるので、自分にとってどんな”中庸”が必要なのかを発見する可能性もあります。

前述のように、自分の主観的好みで偏っていたファッションやメイク、デザインなどを、より客観的なレベルで魅力的なものへとアップデートすることかもしれないし、あるいはこれまでの身体のアンバランスな使い方が不調として出てくることかもしれないし、他者との関わりにおいて潜在していたパワーバランスが(時には激しい討論や喧嘩を通して)是正され対等な関係を取り戻すことかもしれません。

リバランスが本当に必要なときには、アンバランスであることに気づかせてくれる”やや強制的な現象”が起こります。そういう意味で、現在の激しい星廻りがあなたにとって教訓を示してくれることにもなるでしょう。

たとえば、

もし今あなたが特定の人との争いに疲弊しているようなら「お互いが言いたいことを好き勝手に言っていただけではないか?相手の話をしっかりと聞き、それにお互いが応え合う”双方向の対話”ができていただろうか?」と見直してみるのもいいでしょう。(もしくは、いずれかがいつも相手に合わせていて我慢しているとか。)

身体の不調を感じるのであれば、アルコールや糖分・塩分など過度に摂取しすぎているものがないか?バランスの取れた食生活を送れているか?過度に負担をかけている内臓やその他の部位がないか?といった感じで健康にまつわる”偏り”を調査してみるのもいいですね。骨や関節、あるいは肉体的な痛みがあるのであればカラダの”歪み”というアンバランスな負荷によって症状が出ている可能性もあります。

過度の情報インプットで、マインドのバランスが崩れたりアウトプットの欠如があるようなら、「はい、吸収はここでストップ!そろそろ出して!」と訴えるサインがやってくることもあります。しっかりと消化や活用ができていないことに対して居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

そしてもちろん、このような”見直し”をしていき自分の中に存在するアンバランスを何か発見したのであれば、均衡を取り戻す対策を実際に行うことも必要です。現在、外的環境など自分のコントロールが及ばない領域に関して”執着”するのは避けたいときですが、その一方で自分自身のことは、自分の心がけさえ変わればコントロールが可能です。なりたい自分のために”自分が”変わっていくことは可能なのです。

このような「自己の裁量権でコントロールが効くこと」に関しては積極的に取り組んでいただきたいと思います。そして、自分ではどうしようもないことは宇宙に委ね信頼して進みましょう。

スポンサーリンク

Contract

天秤座のさらなるキーワードである「契約」。新しい契約の締結、古い契約の解約、見直し&変更など契約の形が変わる流れを経験した人もいるかもしれません。

雇用契約の見直し(仕事やめるorやめない)、生活で必要な諸々の契約を続けるor契約元を変更、資産運用のポートフォリオ見直し&契約変更(←蠍座水星の逆行にも関わりますね)など、例は数限りなく存在しますが、こういった契約ゴトについても今回の天秤座新月のタイミングで改めてご自身の中で決意することが出てきそうな気配です。

特に「不満を感じながらも(解約手続きがめんどくさくてor次が見つからなくて)続けている契約」などはこの機会に手放すのがいいかもしれません。今回は新月ではありますが、「終わらせる/手放す」ことを”決断して行使する”ことができそうな感じもあります。

さらには火星に加えて水星も逆行となり、New BeginningというよりはReview(見直し)からの恩恵が多くありそうなとき。お時間のある人は、以前から気になっていた契約ゴトのアップデートや変更を新月付近でやってみるのも良いでしょう。

星廻り的に色々とストレスを感じることはあるかもしれませんが、何かを変えるときにストレスや不快感が発生するのは人間の恒常性を考えればむしろ自然なプロセスです。(人に大きな変化が訪れるとき、ホロスコープ上ではバキバキのハードアスペクト形成中であることが多いですしね)。

「これを自分はやめるんだ!」「自分はこれをやるんだ!」とまずは強く決意し波動を変えていくことで、最適な次なるパズルのピースがやってくるのではないかと思います。

宇宙への表明!

宇宙への表明

以上のような感じで、9/22から始まった太陽天秤座シーズンにおいて、さまざまな気づきや学び、新たに獲得した視点があったとして。それらを元にして、今回の天秤座新月のタイミングで宇宙にあなたの決意をぜひとも放っていただきたいと思います。

何を宇宙に宣言するのか?

(まぁ願いたいことは一人ひとり異なると思うのでそれはまた別として)

ワタクシからの全体的な提案は、

「無為に争うことなく、ともに生き、ともに栄えること=共存共栄で生きること」

そして

「内なる世界に中庸ポイントを見つけ、外の世界がどうであろうとあなたはあなた自身の平和を見つけること」

さらには

「過度な偏りによって生じた不調や不具合に対して最適な調和点を作り出す」

という決意です。

”過度の偏り”は人によって本当にさまざまだと思います。仕事と家庭とのエネルギーバランス、友人と過ごす時間と恋人と過ごす時間、一人でいる時間と誰かといる時間、仕事内容に関する偏り、カラダの使い方のバランス、などなど。

too much、too manyな状態が必ずしも問題なわけではなく、時と場合によっては必要なことももちろんあります。ですので別段問題や不調が生じていないのであれば気にしなくて大丈夫です。しかし、何らかの葛藤や不具合や不調が現象として実際に起こっているのであれば、偏りがあなたにとっての臨界点に達している可能性があるかもしれないということ。内なる均衡を保てる最適な配分を探っていってください。

スポンサーリンク

新月時〜10月後半の過ごし方

天秤座新月_過ごし方

乙女座金星に注目!

10月17日、風のサイン天秤座の23度にて重なる月と太陽。

今回の天秤座新月が起こるときの天空図はけっこう厳しい天体配置ではあるのですが、最近の記事で繰り返し火星やら土星やらのフラストレーション&ストレスについて書いているので、今回はあえてもう取り上げません(汗)。ストレスやトラブルが多いかもしれない時期であることを前提にして、10月後半を「どう過ごすのが良いか?」という部分に焦点を絞ります。

新月を迎えたのち、天秤座の支配星でもある金星(乙女座)が山羊座に滞在する3天体(木星→冥王星→土星)と順に120度の調和関係を結んでいくことに要注目です。新月あたりから徐々に影響は出てくると思いますが、特に新月後の1週間〜10日ほどの間、金星のパワーが増すような感じです。

ワタクシとしてはこの金星の存在が、「現在をより有意義に、調和的に過ごすためのキーになる」と考えています。

乙女座の金星が愛でるのは「small things & small steps」そして「be clean」です。愛と美を司る華やかな金星にとって乙女座という場所は、”マジメ”な感じが漂っていて居心地が本来良くはないのですが、その一方で、着実に「今できる」一つひとつのことにフォーカスするには使える組み合わせです。

ということで、(現実生活ではストレスもフラストレーションもあるかもしれませんが)新月のタイミングで理想や願望を宇宙に放ったのであれば、その後は無茶をせず焦らずに「今できること」を楽しんでください。細かいことの中に楽しみを見つけるようにしてください。身辺を清潔に整えること、理想的な計画を細かく立てる、食生活に気を遣う、日々のルーティンを楽しむ、なども好相性です。

あなたがいつか実現したい目標があったとして、状況的にすぐにそこに達するのが難しいのであれば、ひとまず断捨離をしたり、自分の身の回りを綺麗にしたり、理想のスケジュールを立てたり、身体のセルフケアに勤しんだりして、「自分の人生がいま確実に変わろうとしているんだ」「もう自分はかつての自分とは違う世界にいるのだ」と実感できるように、自分自身そして身の回りの状態を改善することを”楽しみながら”行うと良いでしょう。

「いや、私はいつか自分の天職でお金持ちになるのが目標だから、その実現のために断捨離するってあんま関係なくない?それより資格取ったり実際にビジネスを始める方が大事なんじゃないの?」

確かにそうかもしれません。でも実は一見関係のないことであっても「魂の深層部が目指す方向」においては必要なことをしている、ということも多くあるのです。もし、あなたが今すぐ資格を取ったりすぐにでも起業出来る状況であれば、もちろんそれは素晴らしいことです。実現に向かってダイレクトに邁進しましょう。

ですが、どちらかと言うと星廻り的には、それがちょっとしづらいのが今なのかなという感じがします。諸々のバランスを取るのが難しかったり、環境が揃いにくかったり、はたまた心理的なブロックなのか、いずれにしてもスムーズではない印象の方が強いです。

もちろん現在うまく進んでいる人は全然それでOK。一方で、何らかの事情で現実が慌ただしかったり、やりたいことができなかったり、精神的に苦しい時期だったりして、なんらかの”負荷”がかかっている人も多いはず。特に出生図で、活動サイン(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)の後半度数に天体が固まってたり、重要な天体や感受点がそのあたりにある人は強い影響があるかもしれません。

でもだからこそ、今回の新月時に現れているハードな星廻りを考えたときにしばらく対策として使えそうなのが「目の前にある小さなことを楽しむ」「実務的な細かい作業を楽しむ」「ボディケアや掃除をする」といった”乙女座的なトキメキ”をもたらしてくれることかなと思います。

それがたとえあなたの一番の理想の目標や夢には直接的には繋がりそうなことではなかったとしても、です。今あなたが出来る目の前のことを楽しむことが、長期的に見たときにはあなたの人生を大きく好転させるパワーをもっているのです。

ということで、新月のタイミングで願望や目標を表明したのなら、それをどう実現させるのかは宇宙にお任せし、新月後の1週間〜10日ほどの間は「今できること」にフォーカスする、小さなステップを踏むことを楽しむようにしましょう。そして外の世界に翻弄されず一つひとつこなすことができている自分を、全力の愛情をもって褒めてあげることもお忘れなく!

高次元エネルギーが強い今日この頃

さて、「現実的な、細かいこと」を楽しみたい乙女座の金星に対して魚座海王星が180度の関係であるのが現在。幻想的な視点やスピリチュアルな感覚が入ってきて少々焦点が定まらない感じにはなるかもしれませんが、その一方で海王星が木星とは協調関係にいることを考えると、きっと必要な精神的スペースを与えてくれるものにもなるのでしょう。

最近の記事で繰り返し、火星や土星、冥王星の「フラストレーション系」の話をしているので何度もフォーカスするのもアレだなと思い、今回はあえて取り上げなかったのですが、新月時、太陽と月は牡羊座火星とも山羊座天体ともハードな関係で結構バキバキの星廻り(しかも他の天体もほぼハードな角度)なので、かなりストレスフルな状況として経験する人も少なくないはずです。

でもだからこそ、その一方で、海王星&木星の調和関係の影響か、ここ最近ずっとスピリチュアルなエネルギーが強く降り注いでいることにも私はすごく納得しております(←これは私の個人的体感ですが)。目の前の「今できること」への取り組みを愛でることが大事なんだと言われているような星廻りも、諸々の制限や抑圧のエネルギーに対するレメディとして提示されていると捉えてみれば必然性が感じられます。

スピリチュアルなエネルギーといえば、、、最近は「意図したことの実現化」が加速しているように思うのですがいかがでしょうか。自分が放ったものが何らかの形で戻ってくるスピードが早くなってませんでしょうか。

俗に言う「次元が変わった世界」が本当にやってきているような気がしてなりません。自分が「〇〇だったらなー」と感じる前にその機会が与えられて「あ、そうだ、私にはこれが必要なんだ」という、逆引き寄せ?みたいなことが頻発していることを最近はセッションを受けてくださる方からも多く聞くようになりました。普通に考えたらありえないような急展開や人生の方向転換も経験している人が多いように思います。

これまでの常識が通用しなくなりつつある今の世界。それは単に社会のルールや働き方といった現実面の話だけなのではなく、パラノーマル(超常的)な世界がこれからはノーマルになっていくことの前兆に過ぎないのかもしれません…

(そういえば先日母親がUFOを見たと興奮しておりました、これもパラノーマル事象かしら、笑。)

スポンサーリンク

Surprising news? Disclosure? Healing? 水星の動きに注目!

天秤座新月

こないだの牡羊座満月の記事でも書いたように、10月から11月にかけて水星と天王星が180度になるジャストタイミングが三度やってきます。一度目は前回の10月8日でしたが、次は10月20日。そして次回は11月17日です。もちろん影響は当日だけでなく前後数日はこの天体配置の影響下にいます。

水星&天王星のコンビの反映として(良くも悪くも)驚くようなニュースが届いたり、「インスピレーションが降りてくる、斬新なアイデアが浮かぶ、新しい情報が手に入る」ということもあります。”冴える”エネルギーですね。

現在、水星は蠍座にて逆行中。逆行は先日スタートしたばかりで、この逆行シーズンを上手に過ごすことが大切なのでそれについて今から話します。また、逆行のエネルギーを上手く使うことで、天王星とのコンタクトの影響下で享受できるものがさらにバージョンアップするかもしれません。

  1. 9/27〜10/14:水星が蠍座に滞在
  2. 10/14〜10/28:水星が蠍座で逆行
  3. 10/28〜11/4:水星が天秤座で逆行
  4. 11/4〜11/11:水星が天秤座を順行
  5. 11/11〜12/2:水星が再度さそり座を運行

前回の記事で蠍座水星シーズンのポイント(深いコミュニケーション意識してね/探究心もって勉強深めてね、という感じの話)については既に触れましたが、今回はまた別の観点から書きます。

蠍座水星が逆行することは、深さのあるコミュニケーションに光が当たっていたこれまでの流れに、さらに内向きな要素が加わったり、過去へと意識が向くこと、”やり直し/見直し”の要素が加わることを暗示します。蠍座は、オモテには出てきていない物事の暗面や深部に光を当てていくサイン。

蠍座での水星逆行シーズン(10/14〜10/28)は、普段は隠れている自分の本当の気持ちに気づかされたり、表面的には上手にごまかしていた部分のその奥にある「本当のこと」に気づかせてくれる”振り返り期間”となります。(となると、自分に対しても人に対しても「真実」を口にすることを心がけることがベターでしょう。)

そんな蠍座での水星逆行と相性が良いオススメアクションは、「自分自身の内なるダークサイドや、密かに抱える深い闇」と向き合うことです。

普段は心の奥深くに封印されてしまっている忘れていた過去のトラウマや傷、インナーチャイルド、もっと遡ってバーストラウマや過去世由来の苦しみなどが浮上しやすくなるかもしれません。

ヒーリングワークに自ら取り組むのも良いですし、あるいは特に何もなかったとしても、何かの拍子に涙が出てきたり、突然感情が爆発したり、過去に自分がトラウマになった環境に関わっていた人たちが夢に登場して何かを暗示してきたり、といった感じで過去の傷や苦しみ、悲しみにコンタクトする機会が増える可能性があります。

何といっても現在は水星逆行シーズン。「過去の振り返り/自己の内観」をするのに適した時期でもあります。色々な複雑な感情が出てきたときには否定せずジャッジせずそっと見守ってあげましょう。頑張って癒そう癒そうとしなくても大丈夫。当時の自分の本音や、言いたかったけど言えなかったことを今のあなたが優しく受け入れてあげましょう。あなたには常にガイドがついています。あなたの中には全ての答えを知っている高次の自己がいることもお忘れなく。本来あなたが最も信頼すべきヒーラーはあなた自身なのです。

現在蠍座を逆行している水星は、10月28日に天秤座まで戻りますがひとまずそれまでは蠍座期間。天秤座に移る数日前には水星が太陽と重なるタイミングもあったりして、「隠れていたことに光が当たる」感じが強く漂っています。

ぜひ現在の蠍座水星逆行シーズン、ご自身の内なる暗闇に優しい光を当てて解放してあげることを一つの課題として、過ごしていただきたいと思います。「ウラ面の自分」に意識を向けてあげるようにしてください。

そして、10月28日に水星は天秤座へ戻り、しばらく天秤座に滞在。11月11日に再び蠍座に移動します。天秤座新月を迎えた現在から見れば、逆行水星が蠍座に滞在する期間は今から10日ほどあり、しかも10月23日以降は太陽も蠍座に移動するため「The Deepestシーズン」真っ只中。春や夏の”明るい時期”に取り組むには難しいかもしれないダークでディープな事柄も蠍座シーズンには自然と取り組みやすいのです。

蠍座での水星逆行期間にて過去の振り返りをしたり、自分の心の深い領域のテーマに取り組むことによって、水星が天秤座に移動したタイミングでは「対人関係の見直し」をすることになったり、ディープな気づきが「人との会話のネタ」になったり、はたまた他者のアドバイスを受けるべく「専門家を尋ねたり」ということにもなるかもしれませんね。(ちなみに10/28水星が天秤座にre-enterするほぼ同じタイミングで金星も天秤座入り!)

(「水星逆行って何?」ということについてはこちらの記事をご参照ください。)

ということで、そろそろ一応新月記事であることを私自身忘れつつあるので、10月後半の意識ポイントとして、これまで話したことを簡単にまとめておきます。

10月後半の意識ポイント
・10月17日の新月時にはあなたの決意や願望を宇宙に放つ

・外的環境が自分が望む状態でなかったとしても争いや自暴自棄は避ける/冷静さを保ち、パートナーと協力し、自分が関わる人たちとの共存共栄を目指す

・自分のコントロールが効く範囲で行えることを刷新していく

・新月後から1週間〜10日ほどは「今できる」に集中し、細かいことをサクサク楽しむ状態にもっていく。それが直接的には夢や理想に繋がらないようなことでも巡り巡って自分の運気を上げてくれることを信頼する。身の回りを整え、理想のスケジュールを考えたりして、「未来に向けて自分はきちんと準備しているんだ」「もう既に自分は昔の自分とは違う世界にいるのだ」と感じるようにする。

・と同時に、現在水星が逆行期に入っているので、特に蠍座エネルギーが強くなる10月23日〜28日あたりは「自己のインナーヒーリング」を課題にする。また、新しいことを学ぶよりも、復習をしたり既存の知識を”深める”アプローチで。自分の本音を認め、解放してあげる。

という感じです。10月後半の指針づくりのご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

天秤座新月の願い事

願い事

新月を迎えたら、ぜひ願い事を書いてみましょう。

新月は、「未来への新しい意図を掲げる」「新しい方向に自分を向ける」「新しい自分になることを決意する」といった感じで、前向きに意志を放つことで流れを変えられる好機です。

(ただ、繰り返しお伝えしているように、星廻りはけっこうキツイとき。無理のない範囲で行うことと、「願い事を書くことで元気になれそうかどうか」も判断ポイントにして良いかもしれません。書いてさらにプレッシャーを感じそうだと思うときは無理して書かなくてOK。ニュートラルかつワクワクする状態で願い事を書くことが最も効果アリです。無駄にテンションを上げる必要はありません)

この未来への新しい意図を掲げることが、今回の場合「天秤座的なこと」であればベストです。下で紹介するような願い事を掲げるのも良いですし、そのほかご自身の現在のテーマとなっていることに関して(天秤座に関することじゃなくてもOK)、宇宙にあなたの願望や意図を表明しましょう。

今回の天秤座新月は、ある程度天秤座シーズンを経験したのちに迎える新月です。きっとあなたにも天秤座シーズンだからこそ意識してきたことがあったのではないかと思います。ですので、ここ最近の変化や気づきを”踏まえた上で”、今だからこそ書ける新月の願い事や意図を放つことが今の星廻りを活かすためのポイントになるのではないかと感じます。

ワクワクした気持ちで、感謝しながら書きましょう!

願い事を書く前にはじっくり自己対話を。

天秤座テーマの「新月願い事」を書く前のシンキングポイントを書いておきます。自分のことを振り返らずに、誰かがオススメしてる願い事をそのまま書くことに意味はNothing!笑

あなた自身と繋がってください。あなた自身に尋ねてください。

もちろん全てについて考える必要はありませんので、ご自身にとって「あ、これは自分の課題だな」と思えるものに対して、自分自身を振り返り最適な願い事を書くようにしてください。

  • 自分はどのくらい人脈を活かしているだろうか?
  • 人付き合いには前向き?最近新しい人に会った?
  • 理想の人間関係はどんな感じだろうか?
  • 理想のパートナーシップor結婚生活はどんな感じだろうか?
  • もし誰かとコラボするならどんな人が良い?
  • クライアントとの関係性はどう?改善点は?
  • 契約ゴトでこれから進めていきたいものはある?
  • 自分一人で何でも処理しようと抱え込んでいないだろうか?
  • 自分が人に与える印象はどんな感じ?愛想の良し悪しは?
  • 自分の意見を伝えず周りに合わせすぎていないか?
  • 自分で決めず、選択せず、なんとなく周囲の成り行きに任せてない?
  • 関わる人と対等な立場で接している?パワーバランスが崩れている人間関係はない?
  • 自分の人生でバランスに欠ける領域はどこかあるだろうか?
    (偏った食生活、ワーカホリック、身体のバランス、人間関係のパワーバランス、お金の使い方、などなど)
  • ファッションやメイクに気を遣っている?自分に似合うものをちゃんと知ってる?
  • 自分は自分の魅力や長所を最大限に引き出せている?
  • 美しい立ち居振る舞いができている?人としての品性や礼儀はどう?
  • 自分にとって”美しい環境”ってどんなの?
  • 日頃から”美”に触れている?(ディレッタント的な)美的センスはどう?
  • 自分にとっての”洗練されたライフスタイル”とは?

未来への意図を宇宙に放とう!天秤座新月が叶えてくれること

  • 自分にとって最適な理想のパートナーに出会う
  • 他者を生かし、自分も生かされる共存共栄の人生を送る
  • 洗練されたオシャレさんになる
  • 好条件の契約を結ぶ
  • 理想のビジネスパートナーが見つかる
  • クライアントと良好な関係を築く
  • 優雅に美しく生きる
  • 美的センスをアップさせる
  • 一つのことに偏らず、バランス力のある人間になる
  • どんな人とも上手に付き合える社交術を身につける
  • 物事を公平に捉え、客観的に判断する力を得る

こちらはご参考までに。あなた自身のオリジナルの状況に合わせてオリジナルの文章でどうぞ。

ではそろそろ本記事最終章です。

スポンサーリンク

10月23日〜太陽さそり座シーズンへ

蠍座シーズン

10月23日、太陽が天秤座から蠍座に移動します。蠍座シーズンの幕開けです。

一足先に蠍座に入った水星が先日14日に逆行へと転じたこと、まずこの水星逆行に注目したいということは上で述べた通りです。既にさそり座の水星を意識して過ごされている方は、集中的に何かに取り組むことによって知識の深化や理解度がグッと高まる、といったことを経験しているかもしれません。

蠍座については10月31日の牡牛座満月の記事で改めて取り上げるので、ひとまず大枠ではありますが太陽が蠍座に移動したら以下のようなことを心がけて”蠍座エネルギー”に共鳴していきましょう。

  • 「親密さ」と「信頼」がキー
  • 相手と、対象と、深く関わる沈潜力
  • 情熱を注ぎ込む対象を見つける
  • 愛とエロス強化月間
  • 資産運用強化月間
  • 生と死に向き合う
  • 他者から何かを享受する継承力を育んでみる
  • ミステリーやオカルト、深層心理のことに関心をもってみると楽しそう
  • 無難なものを選ばない、「これしかない」唯一無二のオンリーワンを
  • 第六感を研ぎ澄ますワークとかやってみると案外できるかも
  • 嫉妬や猜疑心がヒートアップしたらポジティブに発散してあげよう

蠍座シーズンには「洞察力」が研ぎ澄まれます。誰かが口にした言葉の真意、その人の本音、言語では表現しきれないその奥にある思いなど、他者からのメッセージを受け取る際の「ノンバーバル領域の察知力」がアップしそうなので人との関わりを深める上で有意義な日々を過ごせるのではないかと思います。研究や調査には適した時期。没入モードでいきましょう。

来たる11月は、水星&火星が順行へと戻ったり、山羊座の木星が冥王星とぴったり重なったり、月末には半影月食があったりとまた色々と注目したい星の動きがやってきます。ひとまずは10月後半、充実した日々を過ごすことを心がけてください。

ということで今回の記事は以上です。長文をお読みくださりありがとうございました!

それでは、

あなたが素敵な天秤座新月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

牡羊座満月_top

10月2日 牡羊座満月&10月前半のこと。他者と自己とのリバランスで自分軸がアップデートされるとき

乙女座新月

9月17日 乙女座新月+天秤座期スタート。Body-Mind-Spiritの三位一体で理想を具現化していくとき

スポンサーリンク

Others