2月27日 乙女座満月。ありのままでOKと知りながら今できることをする

乙女座満月 占星術・星占い

こんにちは、サリーです。

2月27日 17:17、乙女座満月です。

2月18日太陽が魚座に移り、25日には金星も魚座へと移動しました。魚座は12星座中最後のサイン、牡羊座から始まる新たなサイクルに向けて、しばしリラックス&スローダウンな空気が少し漂う現在です。

満月特有の感情の高ぶりや緊張感はあるかもしれないものの、天王星に援護されているのが今回の満月。自分にとっての新しい変化や進歩をチョイスする方の道へと自然と導かれたり、慣れ親しんだパターンから抵抗なく脱却できるなど、あなたにとって今必要な”good change”を経験できるかもしれません。そして、その変化はきっとあなたに新しい次元あるいは新しい形の「癒し」を、あるいはスピリチュアルな気づきをもたらしてくれるのではないか、とも思います。

現在どんなことを意識しておくのが良さそうか、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のリズムとシンクロして有意義な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

現在のこと_魚座シーズン&乙女座満月

乙女座満月_魚座シーズン

2月18日太陽が魚座へ移り、25日には金星も魚座に移動。しばらく続いていた水瓶座祭りによるエッジの効いたシャープな雰囲気が少々和らぎ、魚座がもたらすリラックスモード、ロマンティックなことやスピリチュアルな事柄への意識なども高まりそうなここ最近の星廻り。

普段は感じられない陶酔感や浮遊感、さらには大いなる存在との一体感を味わったり、といったこともあるかもしれません。

バリバリ働いたり合理的に活動することにはあまり自らの意志がついてこない感じがある一方で(どちらかと言うと「ただ寝ていたい」笑)、魚座がもたらす幻想性やアーティスティックなエネルギーを、瞑想やクリエイティブワークなどポジティブなアウトプットには積極的に使っていきたいシーズンでもあります。

特に金星にとって魚座は居心地の良い場所。誰かの喜びがあなたの喜びに、あなたの喜びが誰かの喜びに、そんなワンネスなハッピーが広がります。魂に栄養を与えてくれそうな楽しいことをしましょう。金星が魚座に滞在する3月21日までは繊細でロマンティックな感性が高まるシーズンとも言えるので、映画や本に感動して感情を思いっきり解放させてあげたりするのもgood。音楽やアートを介して楽しい時間を過ごすのもgood。ゆっくり寛げる仲間&愛する人との時間を楽しむのもgood。

日頃シャキシャキと社会的な役割に徹している人ほど魚座シーズンはゆる〜い時間を過ごすことを自分に許してあげるようにしましょう。

現在の太陽魚座シーズン(2/18〜3/20)、ぜひとも心がけておきたいことは

  • 自分のガイドと繋がることを意識して、”流れ”に身を委ねること
  • リラックスして少しスローモードで過ごすこと
  • 色々な”境界線”が緩くなるからこそ自分自身のグラウンディングをしっかりとすること

などです。

私たちは自分の内奥(=ハイヤーセルフと繋がっている部分)では、「自分に今何が必要なのか?」「自分が今何をするのがいいのか?」「自分が何を求めているのか?」さらには「私の魂は今世で何をしたいのか?」といったことを誰もが知っています。

ですが、それらを受け取るためには、全てをコントロールしようとすることをやめて、自我レベルの望みや自分で管理したい気持ちを(ポジティブに)放棄し、大きな流れの中に身を投じ、信頼して委ねることが時に必要です。そして魚座シーズンこそ、それが求められるときなのではないかと私は思っています。

世間の価値観で見たときには何もしていないように見えるかもしれません、社会的に判断できる達成や貢献としては前進を感じにくいときかもしれません、それでもスピリチュアルな領域では必要な浄化と清算が起きていることを信じ、ゆったりと魚座シーズンを過ごしていただきたいです。

「個人」として生きる感覚を薄め、宇宙の一部として自分を捉えること、全ての存在が繋がっていると感じること、なんなら「神」として生きる感覚を呼び起こすこと。こんなことも魚座シーズンには可能になってくるかもしれません。ますますハイバイブレーションで生きることにもなり、地球全体の波動上昇を”実感”することにもなるでしょう。

スポンサーリンク

乙女座満月がもたらす影響と課題

乙女座満月

今回の満月は、健康や労働、習慣など「身の回りの実際的なこと」に関わりのある乙女座で起こります。前述したように、太陽が掲げる魚座意識としては、宇宙と融合していくようなスピリチュアルな段階であったり清算や休息を促すエネルギーを帯びているため、ここ最近現実面の勤労意欲などが低下していても全然おかしくはありません。

一方で、満月時に地のサインである乙女座の月が内なる欲求として促してくるのは、目に見える形で物事を改善させることや自分自身のケア&メンテナンスをきちんとすること、生活や仕事における細々としたことを調整することなど「実務的な領域で感情面の欲求を満たすこと」です。

今回の乙女座満月前後ではたとえば、

「乱れているものを整理して、とにかく”スッキリ”したい」

「細かいところが無性に気になる」

「自分に対しても人に対しても完璧や純潔を求めてしまう」

「もっとここを正したい。あれも改善したい。まだまだだ」

といった乙女座的エネルギーに共振する思いがあなたの中で高まっている可能性があります。

そこで、この乙女座エネルギーをポジティブにいかして、乙女座-魚座軸に共通する「癒し」というテーマに取り組む方法として私からの提案は二つです。

1.心配性、批判的、完璧主義な自分を緩める

2.ネガティブな習慣を断ち切るために、心身に良い影響をもたらすアクションを起こす

順に説明していきます。

心配性、批判的、完璧主義な自分を緩める

「ささいなことをあれこれ心配してしまう」「自分に対しても人に対しても要望するハードルが高い」「完璧主義な自分に疲れてしまう」

このような課題をあなたが普段抱えている場合、またはいつもはそうでもないのに今回の満月前後で浮上してきた場合、ぜひ「緩める」ことを意識してみください。

小さなことにこだわるからこそ物事の精度は高まりますし、批判的に見るからこそ状況を改善することへと発展するため、必ずしもネガティブなことではないのももちろんのこと。

ただ、現在が「許しと受容」さらには「清算と浄化」といったことがテーマとなる太陽魚座シーズンであることを考えると、「あるがままの自分、あるがままの状態を受け入れること」もまた現在のフェーズとしては必要なことです。

まずは全面的にどんな自分も受け容れてぜーんぶOKと伝えた上で、自分の神経を消耗させてしまっている厳しさや細かさについては今後少し緩めていくことを誓っていきましょう。

特に今回の満月では、以下のようなことを見ていくのがオススメです。

  • 日頃自分は自分に対してどのような批判をしているか?いつも自分を責めていることがあるとすれば、それはどんなことか?批判のターゲットとなっている部分が分かったら、その部分に優しい気持ちを注いであげてください。
    (「私はいつも自分の〇〇な部分を批判している」→「私は自分の〇〇な部分にこれからは優しさをもって接します」といった感じで。)
  • あなたが日頃、物事の「正誤」や「白黒」にこだわって自らを疲弊させている部分があるとすれば、それはどんな事柄でどんな場面でしょうか?あなたや誰かが何かを間違えようと世間的に正しくなかろうと不完全な部分があろうと、存在していること自体が本来尊いことを忘れずにいましょう。あなたも相手も宇宙存在の一部であり、Being=「いまここに存在している」時点ですでに完璧です。
  • ここかしこに溢れる”風の時代”の情報。これらによって「私も、なにか新しいことをやらなくちゃ」「時代に求められる自分にならなくちゃ」「誰かの役に立たなくちゃ」と、もしあなたが焦っているようであれば、何かを具体的に「する」ことへの執着をひとまずアンインストールして、「自分の身に起こることは常にパーフェクトであること」「根本的に宇宙と自分は繋がっていて何も恐れることはないこと」「全ては完璧な状態で進んでいくこと」をインストールし直してください。宇宙に委ねる感覚でゆっくりと過ごしましょう。

ということで一点目は「心配性、批判的、完璧主義な自分を緩める」でした。

満月時太陽には金星が寄り添っていて、自分を慈しむことを促しているようでもあります。少し休息を取ること(睡眠もいつもより必要かも)、何よりリラックスすることを忘れずにいてください。

ネガティブな習慣を断ち切るために、心身に良い影響をもたらすアクションを起こす

乙女座は、習慣や自己管理とも関わりが深いサインです。今回の満月では、あなたの心身に良い影響をもたらして”いない”習慣を一つ、卒業することを誓ってみてはいかがでしょうか。そして代わりに、心身の癒しや改善に繋がるアクションを実際に取ってみるのもGOOD。全体的にデトックス効果のあるもの、より自分を”ピュア”にしてくれそうなものがオススメです。

  • 断捨離をする
  • 家の中で普段掃除しないところをピカピカにする
  • 食生活や健康意識を見直す
  • ハーブやエッセンシャルオイルなど、地球の自然の恵みを通じて自分を癒す
  • フットマッサージやウォーキングでグラウンディングを強化
  • ボディワーク(筋トレ系よりどちらかと言うとリラックス系)
  • 最近頭の中で悶々としていたことを紙に書き出して何が悩みなのかをはっきりさせる

乙女座が好むのは目に見える形で状況を整理したり改善することです。魚座のエネルギーで意識が普段より少しフワフワとするかもしれないからこそ、具体的に手を動かしたり、目に見える改善を心がけておくことでバランスが取れるのではないかと思います。

自分の気持ちを”スッキリ”させるために今あなたがしたいと感じることは何でしょうか?波動を下げてしまうような習慣を断ち切っていきましょう。天王星からのサポートがきっとあなたが「現状打破すること」を後押ししてくれるはずです。

スポンサーリンク

振り返りワーク

乙女座満月_ワーク

では以下で、今回の満月周辺で取り組んでいただきたい振り返りワークをお伝えします。

1. 半月前の水瓶座新月&半年前の乙女座新月の振り返り

まずはいつも通り、ルネーションサイクルをいかした振り返りを。近いところでは、約二週間前(2月12日)の水瓶座新月からスタートさせたことが一つの達成点にやってくるときです。

また、もう少し長期では、約半年前(2020年9月17日)の乙女座新月からスタートさせたことが「満ちる」ときでもあります。

これらの時期に何か具体的に物事をスタートさせた、あるいはこれらの時期にフレッシュな気分になっていたようであれば、

  • そこから現在までの間に自分がどう変化したか?
  • 当時思い描いていた理想と今の現実の差がどのように表れているか?
  • 当時の願いや目標にさらに近づいていくために調整した方がいいことがあるか?
  • 当時掲げた願いや意図に対して自分はどのように”行動”を起こしてきたか?

など、色々な角度で振り返ってみてください。今あなたが向き合うべき課題や新たな目標が見えてくるのではないかと思います。

2017年の春前頃と共鳴している可能性

今回の乙女座満月、太陽は魚座の8.57度に位置しているのですが、これとほぼ同じ場所で起きた日食が2017年2月26日にありました。日食を伴う魚座新月で、海王星も重なっていました。

当時の新月図を見る限り、それは新月ではあったもののそれまでの生き方や在り方を「卒業・清算」していくような節目のときでもあり、意識的or無意識的かに関わらず、より魂レベルで生きるために何かを決断する流れもあったのではないか、と感じます。

この時、牡羊座で火星と天王星はピッタリ重なっていました。多少リスキーでも「我が道を開拓します」という勇敢なモチベーションが満ちていたとき。場合によっては捨て身の覚悟で新しいステージに移っていくようなことがあったり、「自己犠牲的な人生はもうやめにしたい」という思いが高まった結果、いったん人生をリセットする、といったこともあったかもしれません。

もちろん一人ひとりライフステージは異なるので特定のテーマは限定しかねますが、共通項があるとすれば、自分を癒したりリセットすることが重要な時期だったということと、「宇宙的にはあなたがもうそのままでOKなんだと知ること」がキーになっていたのでは、という感じがします。

もしこの時期、つまり2017年の春前に新しい流れや変化を感じていたり、あるいは辛く悲しい出来事を経験していた人も、それが当時のあなたにとって必要な「魂の浄化儀礼」であり、あなたがよりピュアな精神でこの世界で奉仕していくために必要な”清算”であったということ。←ここを現在のあなたの視点で再度見ることで、当時の自分や起きていた流れに関して客観的な気づきや、いま振り返るからこそ分かる当時の必然性を感じることができるかもしれません。

そしてさらに余裕があれば、

当時を振り返ることでチラッと意識していただきたいことが、

  • 人知を超えた領域から常にサポートや愛が注がれていること
  • ワンネスの意識からすれば、あなたはそのままで完全なる神的存在であること、それは過去であれば現在であれ、そして未来であれ、全く変わらないということ

などです。

「人生には不思議な流れがあるんだなぁ」ということを感じていただけましたら幸いです。

以上、2017年の春前の出来事や流れと現在が、何らかの形で共鳴している可能性があります、という話でした。

スポンサーリンク

水星と木星が教えてくれること

乙女座満月_水星木星

満月を過ぎた後の星の動きとして私が注目しているのは、火星が双子座に移動(3月4日)することや、3月13日の魚座新月の天空図がかなりロマンチックであることなど、現時点ですでに触れておきたいことはあります。

ではあるのですが、今回は乙女座満月ということで、そのルーラーである水星の存在に注目したいと思います。水星と木星の重なりについて重要だと感じる点をお伝えし、本記事を締めくくります。

2021年1月〜3月にかけて水星と木星が重なるタイミングが三度あります。そのうち一度目、二度目は既に過ぎていますが、三度目がまもなくやって来るため要注目です。

  • 1度目:1月12日
  • 2度目:2月15日(水星逆行にて)
  • 3度目:3月5日

水星と木星のコンタクトからは「知性の拡大」「豊富な知識や情報」「グッドニュース」といった影響が個人レベルでもあるのではないかと思うのですが、特に水瓶座で起こる会合ですので、この一連の時期は「あなたの人生の”未来”をより良きものにするための有益な情報やアイデア」に触れる機会があったり、「新しいテクノロジーに関わるご縁や契約」が結ばれる時期にもなるのではないかとないかと思っています。

グッドニュースがあなたにとって何なのかは、ご自分のネイタルチャートの何ハウスでこの水星と木星の重なりが起きてきたかをチェックすることで何かヒントを得ることができるかもしれません。

(例:水瓶座5度〜17度が2ハウス→ 20年先の経済的自由に希望を抱き、お金に関する知識や情報に触れていた、とか。水瓶座5度〜17度が4ハウス→いつか住みたい家を連想させてくれそうな住宅情報やインテリアのアイデアとご縁ができていた、とか。まぁここはホント色々ですけどね)

木星は希望や楽観性をもたらします、もし1月半ば頃にあなたが新しい可能性を感じるような情報や知識とご縁ができていたり、未来のために新しいことを勉強し始めていたとすれば、それはぜひこれからも続けていきたいですよね、と思いますし、2月半ば水星逆行中に二度目の会合があったタイミングでは仮に保留状態になっていたとしても、また3月頭に前進していくような機会がやってくることが考えられます。

3度目の正直でもある3月5日の会合。1月からブーストされていた学びや情報、仕事の案件、何らかの “契約”などに関して、まもなくNest Stageがやってきたり、望んでいた合意や納得地点に達したり、1月2月の時点ではまだ不確かだったものがハッキリしてくるかもしれません。

特に思い当たるものがなければスルーしていただいて全然OKですが、該当時期に当てはまることがもしあるようであれば、今後長期に渡って影響を与える可能性が高いため、チェックしておくといいかもです。三月頭に向けて今から意識や関心を高めていくと、その波がやってきたときに自覚的にステップアップできるのではいか、と思います。


ということで、今回の記事は以上です。

乙女座での満月、それは精神の浄化(魚座)と身体の浄化(乙女座)が統合的にもたらされるときでもあります。あなた自身のスピリチュアルなガイドと繋がるときである同時に、あなたは人間として自分の身体や生活を管理する責務を負っていることを歓迎することにもなるでしょう。

また、生活者として、さらには社会的存在として「ウェルビーイングへの欲求」が高まれば高まるほど、同時に、スピリチュアルなレベルでは絶対的に世界もあなたも常に完璧であることを再度自分自身に呼び起こしてあげる必要があるでしょう。

大前提として魂レベルではあなたは常に祝福されていてパーフェクトです。自我の視点で捉えたときにはネガティブな自分がたくさんいることなどもそれはそれでOK。自分が今の自分であることをまずは許していきましょう。

その上で現在あなたの身の回りで「少しこれは調整しておきたいな、その方がスッキリするしね」と感じることがあれば、習慣であれ、食生活であれ、改善していくことを心がけ、心身がより浄化される道へと進んでいきましょう。

それでは、あなたが素敵な乙女座満月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

水瓶座新月2021

2月12日水瓶座新月。このニューアースであなたはどんな種を蒔く?

獅子座満月

1月29日獅子座満月。あなたの無垢な喜びや感動はどこにある?

スポンサーリンク

Support JOYLE

Others