ささやかな朝の3つの儀式が、あなたの一日を、人生を、好転させていくのです

朝の儀式 Mind

今日海外のサイトを見ていたら、朝習慣に関する記事があったので、軽くシェアしたいと思います。

アフリカ系のシャーマニックヒーラーであり、メディシンマン(いわゆる呪医さん)であるGOGOさん。上の写真でもわかるように、Gogoさん普段はなにやらすごそうな儀式をやっているのですけど、今回ご紹介するのは、誰でもすぐに取り組めるシンプルな儀式の提案です。

元記事:3 Morning Rituals to Empower and Enrich the Soul

(本記事は、記事のご本人Gogo Thule Nganeさん(以下、Gogoさん)から許可をいただいた上でご紹介しています。)

静寂のひとときを習慣にする

Yes, meditate, be still, and get quiet. Just 10 minutes a day will transform your life.

そう、瞑想をして、じっとして、静かになること。毎日のたった10分で人生は変容するのです。

日本でももうすっかりと、メディテーションやマインドフルネスといった言葉が定着してきたように思います。スティーブ・ジョブスが禅の実践を色々としていたことから本屋に行くとサブカルチャーのところにおしゃれな装丁の禅の本がたくさんあって、びっくりした記憶があります。(禅といえば、鈴木大拙の「無心」やオイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」は精神統一を学ぶにはほんとうに良い内容です。)

私にはかつて、自分の邪念や醜悪な気持ちを徹底的に取っ払って精神的マザーテレサになるぞ、とすっごい意気込んでいた時期がありました。当時は会社員を辞めた時ぐらいでしょうか、毎日60分ぐらいの瞑想をしていました。とにかく自分を浄化したいと思っていたのです。(もはや、その気持ち自体が邪念であり執念であり、エゴの固まりだったわけですけど。)ただ、いま言えることは、おそらく60分はしなくていいかな、ということ(笑)

Gogoさんの言う通り、今の現代社会で忙しく生きる私たちに必要なのは毎日のほんの少しの静寂時間です。朝の10分、じっと座って、目をつむって静けさの中に埋没してみてください。

So take that time. Pour into you. Meditate. Take deep breaths in through your nose and exhale out through your mouth. Deep, cleansing breaths connect you with your innermost yourself, nourish your spirit, and fill you up with energy before you begin giving to others for the day.

スポンサーリンク

目的のあるジャーナリング

ジャーナリングはいわゆる日記・日誌のことですが、ゴゴさんの言う日誌は、大いなる存在に質問を投げかけるように問いかけを綴ることです。対象が神であれ精霊であれ、それら大いなる存在のために、自分がどうあるべきか、何をするべきか、どのように仕えればいいのかを毎日問うことです。自分は生かされている、何かのために生きているのだという姿勢で生きるということですね。

このような質問をして自分自信を促すことで、小さな道ができ、それがいずれは自分だけでなく他人に対してもポジティブな影響を与えることになります。

目的をもって問い続けることで、人生の目的や意味そして価値を発見し、本来の自己でいられるようになります。そしてそれは私たちの魂をますます成長させてくれるのです。

A powerful way to bring more purpose and clarity into your life is to write out your reflections with the following prompt inspired from the text A Course in Miracles. Ask your source the following questions (whether that be God, the Universe, or the angels and ancestors): Who would you have me be? What would you have me do? How would you have me serve?

注意深く、動く

Consciously stretch and move your body in the areas that want or need attention.

ベッドから出る前に、まずは体の感覚を1分ほど味わいます。痛い部分や深いなところがないか点検します。意識的にストレッチをしたり、体を動かしてみて、その痛みや違和感を十分に感じ、それらに注意を払ってあげる必要があります。

体というのは私たちが幸福であるための最も偉大な情報源であり、医者から宣告されるずっと前から、私たちは自分の体との対話を通して、何が起こっていて何がアンバランスな状態なのか、ということに気づくことができます。

ただ、仕事でのストレス、重すぎる責任、テレビの見過ぎや、ソーシャルメディアなどの多くの気をまぎらすものの存在によって、内在しているサインや知恵に気づけずにいるのです。

体の感覚を取り戻すこと。数分時間をとって、ストレッチをしたり、優しくマッサージをしながら自分に対して愛情ある言葉をかけてあげてあげましょう。

Take a few minutes to see what part needs a stretch, gentle massage, and/or affirmations of self-love and appreciation. After all, your body is the temple that houses your beautiful soul.

まとめ

1.瞑想をする(もしくはただ静けさの中にあること)

2.目的のある問いかけジャーナリング

3.自分の身体を意識して、注意深く行動する

にしてもGogoさんの公式サイトを見ていると、アフリカンスピリチュアリティというのは不思議な世界です。アフリカで活動しているきやと思いきや、普通にカリフォルニアでもワークショップをしています。シャーマニズについてはまだ未知の分野なので、これから色々調べてみたいと思います。

では、本日はこのあたりで。

スポンサーリンク