創造性を高めるための直感的手書き日記のススメ。旅と日記の効用について

手書き日記 マインド

別記事で、ワクワクを常に選択するためにまずは習慣にしたいことを紹介しました。

参考:ワクワクに従って、100%喜びから生きるために習慣にしたい5つのこと

この記事に書いた「手書き日記」の項目で、思いのままに書き連ねることによって新たな視野や価値観に辿りつくことができることができるとお伝えしたのですが、今回は手書き日記についてもう少し具体的にお話したいと思います。

旅から考える、新しいことや想定外のことにオープンであるという受容態勢

travelling

思いのままに書くという行為は、私にとって一人で行く気ままな旅のプロセスととてもよく似ています。なのでまずは少し旅の話を。

まず、私の旅の基本的なスタンスはこんな感じです。なんとなく行きたいところがあって、あえてあまり調べずにとりあえずそこに行ってみる、そして街に着いたら、街を歩いて歩いて歩いて道とか場所は全部現地の人に聞いて、テキトーな道案内に翻弄されたりして、もはや自分がどこにいるかほとんどわからない状態で、その土地の空気やリズムみたいなものを思考ではなくて全身で味わうようにします。

そして、(現地の人を信じてみるということも含めて)直感に従って進んだ先に、思いもよらない景色や文化、人に出会ったときに、あーこういうの探してたんだ、としっくる瞬間があるのですね。

しかも、そのような素敵な出会いは大抵これといった名所のない、観光者目線でいえば「通過するための場所」の中にあります。

つまり旅の面白さの源泉というのは、未知の方向にダイブすることによって起こる偶然や想定外のことの中に潜んでいる。

この想定外のことというのは、良い出来事である必要はなく、例えば旅先でスマホを盗まれたり、海外で手術を受けたり歯医者に行った経験なども、旅の独自性を形成する要素の一つです。そしてそれら想定外のことにどれだけオープンでいられるかどうかが旅の深みにつながるのではないかと感じます。(もちろんシリアスな事件に巻き込まれたり、とても治安の悪い地域に行く場合は別問題ではありますが。)

目の前の出来事にオープンでいる、というのは、自分が経験したことを白黒・善悪で一刀両断するのではなく、ただ起きている現象として観察するということです。

競争社会に慣れていると、すべての価値観がタテの階級で区切られています。優劣・勝敗・高低の世界です。

でもそうではなく、ぜーんぶヨコの平たい世界として、捉えるようにする。ヨコの広がりとして現象を見れば、在るのはただ「差異」だけ。そしてそれぞれ違いのある世界を、受け入れる。

反対に、もし何か出来事が起きたときに、「これはこうだ、だから良い」あるいは「あの人たちはああだから間違っている」というふうに物事をジャッジした状態で見てしまうと、世界に向けて開かれていたドアはガシャンと閉じてしまいます。

でも世界には色々な国があって文化があって、どれが良い悪いではなく、それ以前にただそれぞれがそれぞれの場所で存在していて、私たちが日本で生きて日本的な考え方をついついしてしまうように、彼らにも彼ら独自の言動や価値観があります。 その違いをまずは100%受け入れるという姿勢でその地に滞在することで、はじめて異文化交流の土台ができると思うのですね。

ちなみに海外での旅の場合、言語の違いや治安の問題、限られた日数などの点でガチガチにプランを決めてしまいがちなのですが、海外でこそプランを決めずに放浪することが良い、というのが私の意見です。

プランを固定しすぎない旅のほうが、何年後かに振り返ったときに得たものが多いなと感じますし、何より一瞬一瞬何が起こるわからない、ということが冒険らしくて面白いのです。

スポンサーリンク

思いを巡って、新たな内的景色に出会うこと

上でお伝えした自由旅のプロセスと同じことが、手書き日記でも適用できます。それは、「自由気ままに思いを巡らすことで新たな内的景色を発見する」ということです。

まずは「なんとなく今思うこと」から書き始めます。

思考に余白をもたせて、さまざまな可能性を残したまま進めていくようにします。それは自分の思いや考えに対して常にオープンであり続ける、ということです。

オープンであることの大切さについて私は特に日頃から意識しているのですが、たとえば、突飛なことを思いついたとしますね。根拠のない突飛なことを書こうとすると常識人間サイドの自分が「いやいや、それ無理だから」と囁き、そのアイデアを思いついた自分自身を恥ずかしく思ったりもします。もしくは「前例ないし」とか「現実的じゃないし」といった感じでストップをかけようとする保守的な自分はいくらでも浮上してきます。

でもそんな時、「人間は普段の自分とは違う言動を怖れるようにできている」ということを思い出すようにしています。

そしてそういった常識人間の声に気づいた時点で、その声をひとまずは脇に置いておきます。というのも、新たな内的景色というのは、自分の常識を超えた考えにオープンであり続けた結果、現在の自分の「先」にある道で発見できるものであり、なおかつ打算的な考えや効率性を考えずにある種の「無駄」を経たあとでこそ見える景色だからです。

ここポイントなのでもう一度言いますね。

新たな内的景色は、現在の自分の「先」にある道で発見できるものであり、打算的な考えや効率性を考えずにある種の「無駄」を経たあとでこそ見える景色なのです。

なにかいつもとは違うことや、周囲の人があまりやっていないことをすれば違う景色に出会える、ということですね。

パッケージツアーは便利ですが、真の旅の醍醐味や独自性・深みのある経験をすることが難しいのと同じように、パターン化された普段の自分の思考から新しい視野に辿り着くのはなかなか困難なのです。

だからこそ、日記を書いているときいつもと違う考え方や意見が出たときには注目すべき瞬間です。

いつもと違う意見を、正しい正しくないで判断するのではなく、違いを受け入れる。そして、とにかく自分を批判することなくを素直に書き続けることです。そしてその先に、あなたにとって新しい「なにか」があります。

スポンサーリンク

なぜ手書きがいいのか

今の時代、スピードを優先するのであればスマホやパソコンで打ったほうが断然早いでしょうし、保存という意味でも例えばすべてを記録してくれるEvernoteなど便利ツールを使用したりすると、検索をかけて簡単に見返したい日記を見つけることも可能です。非常に便利ですよね。

そして旅をするにしても極論を言ってしまえば、グーグルマップのストリートビューでどこまででもバーチャルトラベルが可能な時代です。VRを取り入れたらさらにリアルな感覚でトリップできます。私自身この時代ならではのサービスを使って色々試すことが好きです。

ただ、楽しいという「fun」の要素だけを繰り返していても、経験したことを昇華し自分の血肉にすることはできません。楽しんだ先に必ずしも喜びがあるわけでなくて、何かしら自分の奥に響くことがあってこそ、「楽しみ(Fun)」は「喜び(Joy)」になる。より深い自分の感情を総動員することで、経験の深度を高めることができるのです。

そして経験の深度があってこそ、自らの経験を自分の内面に響き渡らせることができる。これがいわゆる血肉化です。血肉化するからこそ、その先の人生において過去の経験・知恵と共存していくことができるのではないかと感じます。

ではどうすれば、経験や思いを、より深いものにしていけるのでしょうか。

そこで、必要になってくるのが、旅にしても、日記にしても、「身体性」をもつということです。

旅でいえば、自分の足で訪れて、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の感覚や感性を信じて、直接経験をするということ。

そして、日記でいえば、触れることのできる紙の上で、ペンを持って、自分の文字で、実際にインクを出して、思っていることを吐き出すということです。

このように言うと今この記事はスクリーンを通して書かれているので、矛盾するところもあるのですが(笑)、自分の思っていることをアウトプットできるのは、やはり旅や日記や実生活のなかで自分の五感や身体を実際に使うこと大事にしているから、と感じるのですね。

スポンサーリンク

書くことで気分を変えるのではなく、気分を整えてから書く

手書き日記で思いのままに書くことについて、私が気をつけていることは、「自分の気分が良い状態で書く」ということです。

まずは自分の気分を整えてから書くことによって必然的に後ろ向きな考えや物事に対する否定的な態度というのは出てくる余地がなくなるからです。

そして、ワクワクベースで書かれた日記は見返した時にも新たな解釈を与えてくれるものが多く、逆に気分が落ちている時に見返すことで、自分の喜びの源泉に繋がるきっかけにもなりマインドセットがしやすくなります。

日記に関してのおすすめ本「ずっとやりたかったことを、やりなさい」by ジュリア・キャメロン

最後に手書き日記について書かれた本を一冊紹介したいと思います。

創造性を育むという観点から書かれた内容で、モーニングページ(朝の日記)の提唱者であるジュリア・キャメロンの「ずっとやりたかったことを、やりなさい」です。

朝の時間帯に、ただ心に思い浮かぶことをひたすらに書き続け、それと並行して自分の幼少時代や当時好きだったことの振り返り作業を通して、本来の自分がもっていた喜びを再発見していく、といった内容です。実践的な内容で、ワークを行っていくことで自分の深いところに触れることができます。

日本でも去年、新版が発売されたりとまだまだロングセラーですが、イギリスで暮らしていた時はカフェでグループが各自この本をもっていろいろなワークをしているのを何度かみました。根強い支持があるようですね。

この本のなかでは、自分の気持ちを文字にして書くことが私たち大人の創造性を取り戻すためにいかに大事なのかということを事例を含めてわかりやすく説明してくれています。内容にこだわらずネガティブなことも愚痴も全部含めて書いていくというものなので、やり始めてしばらくは愚痴や不満が多く出てきて膿を出す作業が続くかもしれません。でもそれもオッケイなのです。

私の場合、あとで見返したときにワクワクしたいので、基本的にはプラスの内容だけを日記に書いていますが、そのあたりは個人の好みかなと。

何より大事なことは、自分の中から思いを「吐き出す」ことです。潜在意識として埋もれていた感情を言語化することによって、その背後にある本来の自分自身の望みを認識してあげることです。

手始めに、まずは手帳の隅のほうにでも手書き三行日記を始めてみてはいかがでしょうか。

やりたくないこと

『やりたくないことリスト』のススメ。隠れた願望を見つける方法

2019年2月25日
人生を変える習慣づくり

人生を変える習慣のつくり方。習慣の形成に不可欠なものとは?

2018年4月5日
ワクワク気球

喜びベースでワクワクして生きるために身に付けたい5つの習慣

2018年3月19日

スポンサーリンク

Others