関西のオススメ開運パワースポット5選【仕事運がアップする神社編】

神社

こんにちは、サリーです。

本日は、関西にある「仕事運をアップできそうなパワースポット」について。必ずしも仕事運=仕事の神様ではないのですが、結果的に参拝することで仕事が好転しそうな神社、という意味で紹介します。

私が普段行なっている占星術セッションでも特にご質問が多いのが「仕事やライフワーク」に関してなんですね。ですので「仕事運アップを祈願しよう」ということで、いくつかをピックアップしたいと思います。

私的なオススメなのであくまでも一個人の意見としての開運神社として捉えていただければと思います。もちろん今回紹介するところよりも人気のある神社や聖地と呼ばれている神社もあるのですが、私自身が比較的気軽に訪れることができる地域や、生活圏内の場所は今回省かせてもらいました。

代わりに、「ちょっと行くのが面倒だ、それでも何度も行きたい」と感じる場所を選んでいます。サクッと気軽には訪れることができないところほど、参拝後に自分が純化したと感じることが多いからです。

パワースポットは「生きる力」を与えてくれる場所

パワースポットは、地球に内在する生命力がそこに訪れる人々を包み込み、人間が「生きる力」を与えてくれる場所です。

海に囲まれ、山水に囲まれた日本には、本当に数多くのパワースポットがありますよね。今回紹介するパワースポットは「神社仏閣」ですが、パワースポットと言われるものには公園や庭園もあったりあるので開運したい気持ちが本気であればあるほど、どこに行けばいいのか迷うところです。

ただ、どこを訪れるにしても、パワースポット巡りにおける重要な点は共通しています。

”パワースポット巡り”、”聖地巡礼”は、内田樹氏のことばを拝借すると『霊的感受性を敏感にして「霊的なものの切迫を触覚的に感じること」』。つまり、ご利益を頂きたいという個人的願望以前に、その場所のパワーを全身全霊で感じ取るようにすることが第一に大切なのだ、ということです。

そして、パワースポット自体は必ずしも宗教と関わりをもっているわけではありませんが、”宗教性”を自身のなかで培うこと、そしてそういった宗教的な感覚に突き動かされて、身近なエリアからは離れた場所に「わざわざ足を運ぶ」という行為自体に意味があるとも言えますので、自宅からある程度の距離があるというのもポイントだと思います。

(一方で、身近に訪れることができるパワースポット(その多くは神社)に”習慣的に”訪れることにはまた異なる意味合いがあることを私自身実感しておりますので、それについては別記事で書いています。)

ということで、せっかく本気で運気を上げていきたいのなら、当日スマホでチャチャっと調べて訪れるというライトなノリではなく(私もよくやりますが)、自分にとって今必要なご功徳が何なのか、そしてその分野に合いそうな神様や土地を”自分で調べてから”挨拶をしにいく意識で訪れることをオススメ致します。

神社参拝

神社参拝を習慣にすると得られる3つのこと

2019年7月28日

スポンサーリンク

場所を調べる前にまずしておきたいこと

調査

自分の目的を決める

別記事でも何度かお伝えしていますが、神社の場合、それぞれの神様が得意とする分野があります。

恋愛成就に強いと言われている神様が祀られている神社に、出世祈願や学業祈願に行っても、もちろん行かないよりはそのパワーを頂けるかとは思いますが、神様視点で考えたとき、恋愛なら恋愛上手を得意とする神様のところに参拝する方がベターだということ。

今回の場合、「仕事に関係しそうな神様が祀られているところ」です。

場所の条件を決める

今回紹介するパワースポットは、下記のことを条件にしました。

  • 非日常を感じられる(生活圏は除外
  • 仕事運アップに繋がりそうな御神徳
  • 早朝出発の日帰りプランが可能
  • 中心地からまぁまぁ離れていて、それなりの気合いを求められる
  • 自然に囲まれている
  • 静かで、自分を深く見つめられる雰囲気

では下で紹介していきます。

スポンサーリンク

1. 大神神社・三輪山(奈良)

大神神社_三輪山

photo credit: Mixtribe Photo 大神神社 三輪明神 via photopin (license)

三輪山自体が御神体。霊山からの神気を内包し、原始の祈りを体感できるパワースポット

主祭神
大物主大神(オオモノヌシノオオカミ)

石上神宮と並んで、日本最古の神社とされる大神神社(大神=「おおみわ」と読みます)。

大神神社の御神体は、奈良県桜井市にそびえる三輪山です。山そのものが御神体なんですね。

かつて三輪山は、一般人には入ることのできない禁則の地でしたが、現在では所定の手続きを踏めば登ることができます。神聖なエネルギーを体感できますが、水分補給以外の飲食禁止、カメラ禁止などルールがあり、御神体の中を歩かせていただいていることに敬意を示す態度が求められます。

『古事記』では、大物主が崇神天皇の夢の中に現れ、自分を意富多多泥古(おおたたねこ)に祀らせるように託宣を下し、天皇は意富多多泥古に命じて三輪山に大物主を祀らせた、といわれています。

ちなみに、大物主大神は“蛇の神様”とも言われていて、今でも蛇の好物の卵をお供えする方もいらっしゃるそう。

大物主は蛇神であり水神または雷神としての性格を持ち、稲作豊穣、疫病除け、酒造り(醸造)などの神として篤い信仰を集めている。また国の守護神である一方で、祟りなす強力な神ともされている。ネズミを捕食する蛇は太古の昔より五穀豊穣の象徴とされてきた。このことから、最も信仰の古い神の一人とも考えられる。

引用元:Wikipedia「大物主」

ご功徳・ご利益

  • 困難にめげずに頑張れる底力がつく。
  • 金運アップ。資金に恵まれる効果が強い。事業家の方などにおすすめ。
  • 狭井神社で御神水をいただいて健康運アップ。

万病に効く霊泉【薬井戸】がある狭井神社への参拝も忘れずに!(大神神社の摂社)

薬の神様ということで、全国から参拝客がきます。わたしはこの場所の雰囲気がすごく好きで、浄化される感覚を強く感じます。

まずは、大神神社に参拝して、それから摂社末社を周り、狭井神社を参拝して三輪山に登拝するというコースが良さそうですね。

(三輪山に登拝する場合は、午前中に大神神社着を目指さないと時間的に厳しいかもです。)

大神神社 Information

名称:大神神社(おおみわじんじゃ)
住所:奈良県桜井市三輪1422
アクセス:JR桜井線「三輪駅」徒歩10分
公式サイト:大神神社

追記:現地フォト

大神神社_鳥居大神神社_外観

スポンサーリンク

2. 石上神宮(奈良) 

日本最古の神社で迷いや悩みを断ち切る

主祭神
布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)
布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)
布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)

※布都御魂大神は、古事記・日本書紀の中に記述されている神話に登場する武甕雷神(たけみかづちのかみ)がお持ちになって国土平定の功績をおさめた神剣「韴霊(ふつのみたま)」に宿る御霊です。

奈良県の古墳密集地帯を見下ろす高台にある石上神宮(いそのかみじんぐう)は、日本最古といわれる歴史を誇る古社。ちなみに『日本書紀』に記されている「神宮」は伊勢神宮と石上神宮だけで、奈良朝以前に神宮の名を許された場所は他にはありませんでした。

一般に、神社には拝殿と本殿という建物があって、本殿はご神体を祀る場所ですので一般の参拝客が足を踏み入れることはありません。拝殿は、その本殿の手前にあり、そこから本殿内部に祀られるご本尊を拝みます。石神神宮については、元々本殿がなく、古来より拝殿の奥がそのまま「禁足地」になっていたそうです。

しかし明治時代、当時の宮司さんによって禁足地の発掘が行われると、大量の勾玉や鏡、そして神剣が発見され、それらの神宝を祀るために本殿が建てられ現在へと至っています。

石上神宮の近くに旧友が住んでいるということもあって私は定期的に訪れるのですが、比較的いつも参拝客が少ないのが印象的です。瞑想的に過ごすには理想的な場所だなと。

有名パワースポットの人混みに疲れている人には、良いかもしれません!

ご功徳・ご利益

石上神宮におけるご利益として健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就などがよく知られていますが、特に有名なのが「起死回生」の効果です。

これは石上神宮に祀られている祭神に由来するもの。神武天皇は国土平定の際に、仮死状態まで追い込まれますが、この時、石上神宮の主祭神である「布都御魂大神」の霊力によって生き返り、熊野の荒ぶる神々を追い払うことができた、と伝えられています。

これがまさに起死回生を表していて、このことから下記のようなご功徳があります。

  • 絶体絶命のピンチから救っていただける
  • 望みのない状態から巻き返すパワーを授かる
  • 参拝すると霊的な剣を授かることができ、過去の因縁を断ち切れる。
  • 勝負運アップ。ここぞという時に前進する力を授けてくれる。
  • 正しい方向に向かって努力するように導かれる。
  • 仕事でピンチのときに、挽回してくれる。

御神劔守(ごしんけんおまもり)がカワイイ!笑

「神武天皇が仮死状態という危機的状況になった際、御心霊によって救われた」という神話から起死回生・身体健康のご利益があるとされている御守り。石上神宮に根強い人気があるのがこのお守りの存在かもしれません。

御守りだけでなく、剣をモチーフにした御朱印をいただくこともできます。御守りにも御朱印にも石上神宮の御神宝である「七支刀」が描かれています。「起死回生」のお守りとして人気が高く、実際私が訪れたときも参拝者の方々が次々とお納めしておりました。

「仕事でプレッシャーがのしかかっているけど、この山を乗り越えたい!」といった状況のときにお守りとして持っておきたいですね。

石上神宮 Information

名称:石上神宮
住所:奈良県天理市布留町384
アクセス:近鉄天理線、JR桜井線の天理駅から、徒歩で約30分。
バスもありますが本数少ないのと、駅前から商店街が続いていて、天理教の巨大な本殿の前を通り過ぎるので散歩が楽しめそう。
公式サイト:石上神宮

追記:現地フォト

石上神宮_外観 石上神宮_拝殿 石上神宮_御神劔守

御神劔守!デザイン・カタチともに通常のお守りにはない感じで素敵です。
天理駅からはけっこう歩きますが、商店街がわりと続いてるので道中の散策も楽しめるかなと思います。

スポンサーリンク

3. 熊野本宮大社(和歌山)

熊野本宮大社

photo credit: JillChen DSC00888 via photopin (license)

限界を突破して目的を遂行していく勢いのある人間になる

主祭神
家津美御子大神(ケツミミコノカミ)
※諸説ありますが、一般的には素戔嗚尊(スサノオノミコト)同一神とされています

全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山。熊野三山というのは、本宮大社、速玉大社、那智大社の3つの総称ですが、この中でも特に参拝の中心とされるのが熊野本宮大社です。

スペインにある「サンティアゴ巡礼道」と、和歌山県の熊野本宮大社を中心に広がる「熊野古道」は、世界でたった2つだけの”道”の世界遺産として、ユネスコに登録されています。これってかなりすごいことです。

(以前バルセロナに留学していたとき、仲良くなった信仰心の厚い友人から”KUMANO”について聞かれたのですが、たいして私が答えられなかったことに友人がとても失望していた瞬間が今でも忘れられません。。。)

ご功徳・ご利益

『古事記』では、スサノオノミコトは神様の世界「高天原」で大暴れします。そして、スサノオの姉であるアマテラスが天の岩戸に隠れてしまうのです。

最終的には他の神様たちの協力によってアマテラスは岩戸から出てくるのですが、スサノオは罰として下界へ追いやられます。そして、その下界でスサノオはまるでそれまでとは全く違うような活躍を果たします。この出来事から、スサノオを祀る神社には以下のような功徳があるとされています。

  • 魂のエネルギーを現実界に降ろしていく役割を果たす。
  • 大願成就のパワー
  • 今までできなかったことができるようになる
  • 起死回生からの大逆転

「大斎原(おおゆのはら)」を訪れることも忘れずに

熊野本宮大社はかつて、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中洲にありました。
当時、約1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台など、現在の数倍の規模だったそうです。

江戸時代まで中洲への橋がかけられる事はなく、参拝に訪れた人々は歩いて川を渡り、着物の裾を濡らしてから詣でるのがしきたりでした。
音無川の冷たい水で最後の水垢離を行って身を清め、神域に訪れたのです。

ところが明治22年(1889年)の8月に起こった大水害が本宮大社の社殿を呑み込み、社殿の多くが流出したため、水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に遷座しました。

かつて多くの人々の祈りを受け止めた大斎原には、流失した中四社・下四社をまつる石造の小祠が建てられています。

引用元 : 熊野本宮大社旧社地「大斎原」|熊野本宮観光協会

つまり、熊野本宮大社は元々は大斎原の地にあったということですね。

参拝の仕方が公式サイトで詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

参拝について – 熊野本宮大社 | 公式サイト

また、このような情報もありました↓

  • 「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる旧社地にまず参拝してから社殿に参ると良い。
  • 大斎原では水気のパワーをいただける。熊野のスサノオノミコトは木のエネルギーを持つので、大斎原に先に参っておけば、水の気のパワーと木気のパワーがあいまって御神徳が増す。

参考文献:『日本全国このパワースポットがすごい!』 若月佑輝郎 PHP研究所

熊野本宮大社 Information

熊野本宮大社については、公式ホームページの説明がわかりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

公式サイト:5分でわかる熊野本宮大社

名称:熊野本宮大社
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
アクセス:JR紀勢本線「新宮駅」からバス(熊野交通)1時間20分
公式サイト:熊野本宮大社

大斎原は、現在の熊野本宮大社から少し離れています。徒歩10分ほど。

玉置神社と神倉神社にもぜひ!

1回目の熊野参拝のときは、熊野のメイン三社しか行く時間がなかったのですが、先日二度目の参拝ではついに、熊野三山の奥の宮「玉置神社」、そして熊野速玉大社の摂社である神倉神社にも参拝する機会を頂きました。そして、熊野三社よりも私は印象に残っているというか、両者とも衝撃的でした(もちろん良い意味で)。

神倉神社の石段は噂に聞いていたものの、予想以上に急勾配!

玉置神社の場所は、「ここぞ聖地」「秘境の地」という雰囲気に満ち満ちています。が、その分アクセスは簡単ではありません。

すさまじいほどに狭い山道を進みながら、本当にこの先にあるのだろうかと不安に駆られながらも無事到着。別のルートがあるようなのですが険しい方を選んでしまった場合、雨風が強かったり視界が悪いとけっこう危ない道のりです。

玉置神社で授与される悪魔祓いの護符が私としてはオススメ。お財布やスマホケースに入れておけるサイズもあります。

玉置神社は車で行くことをオススメしますが、もし公共機関しか手段がない場合は、冬期以外の土日祝日に世界遺産予約バス(玉置山コース)が運行されているそうなので、こちらを利用するのもアリかも(要予約)。

神倉神社  Information

御祭神

高倉下命(たかくらじ)
天照大神(あまてらすおおみかみ)

住所:和歌山県新宮市神倉1丁目13−8
TEL : 0735-22-2533(熊野速玉大社)
参拝時間:自由(ですが、日没後の参拝は急勾配の石段のことを考えると厳しいです)
アクセス:JR新宮駅から徒歩15分

※御朱印、授与品は熊野速玉大社にて。

公式サイト:熊野速玉大社摂社 神倉神社

玉置神社  Information

本社御祭神

国常立尊(くにとこたちのみこと)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冊尊(いざなみのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)

住所:奈良県吉野郡十津川村玉置川1
TEL:0746(64)0500
参拝時間:AM8:00~PM5:00(季節によって変動あり)
アクセスはややこしいので、、、公式サイトにてご確認ください。
公式サイト:玉置神社

スポンサーリンク

4. 鞍馬寺(京都)

鞍馬寺

宇宙と地上を結ぶ気が降りてくる地

650万年前に金星から地球に降り立ったとされる護法魔王尊(サナト・クマーラ)が祀られている鞍馬山。魔王は後に天狗となり、幼少の牛若丸(源義経)に剣術を教えたといわれています。

そんな鞍馬山の山頂付近にあるのが「鞍馬寺」です。鞍馬寺は、密教や山岳仏教を融合・発展させてかなりユニークな独自宗教を編み出しました。

本殿(金堂)の真正面には、『六芒星』と呼ばれる金剛床があり、この中心に立つと、“宇宙生命のエネルギー”を受け取ることができるとされています。運気アップや、心願成就にオススメな既に有名すぎるパワースポットです。

ちなみに、アメリカの大学病院などで正式に取り入れられている”レイキヒーリング”の発祥の地がこの鞍馬山。

これまで何度も訪れていますが、特に週末はすぐ近くに恋愛成就で大人気の貴船神社があることもあってか、けっこう混み合います。午前中参拝をオススメします。

ご功徳・ご利益

事業の発展と成功を祈願して、トラブルの種の吸い取ってもらう

鞍馬山自体が波動がとても高いところなので、ゆっくり時間をかけて瞑想やエネルギーワークをすると即効性のある効果を感じられる場所でもあります。ただ、波長的に合わない人は合わなさそう、という感じもします。それぐらい「エネルギーが強い」ということです。

実生活のトラブルや、お仕事の人間関係、悩みごとなど、自分の環境を浄化させて今の状況から抜け出したいときにぜひ訪れてみてください。宇宙のエネルギーをいただける土地なので、ジャンル問わず運気低迷を感じている人もぜひ。

ウエサク祭がすごい

新緑の五月の満月の夜は、全てのものの目覚めのために天界から強い エネルギーが降り注ぐと言われ、満月に清水を供える五月満月の秘儀が鞍馬山で執り行わていました。遥かヒマラヤでもこの夜に釈尊の徳を讃えてウエサクの祭りが敬虔に営まれている事がわかり、戦後、五月満月の秘儀を「ウエサクさい」と呼んで広く公開し、全ての目覚めと平安を祈ります。

鞍馬寺公式サイトより

さらに、五月満月祭当日にいただける資料の一文の文章が↓です。凄いんですよ、笑

五月満月の宵に、山内の僧侶がつどい、満月に灯を捧げ清水を供えて、宇宙の大霊より大いなるお力をいただき、自己の魂のめざめを祈る儀式が鞍馬山で古くからひそやかに続けられて来た。

この儀式が、ヒマラヤ山中やインドで五月満月の夜に行われているウエサク祭と相通ずるものであること、また東南アジアの仏教諸国においても釈尊の生誕と成道と涅槃を同時に祝うウエサク祭が行われていることから、鞍馬山でも広く信徒に呼びかけ、多くの人々が共に祈りを捧げることになった。昭和二十九年のことである。
五月の満月に天界からふりそそがれるエネルギーは、プラスもマイナスも常にも増して大きく増帽させると言われる。

それ故に五月満月の宵は、非行悪言を慎み、真実誠心をもって世に尽くす心を専らに、愛と光と力の尊天のみ心に近づくように努めねばならない。

地上が暗雲に覆われていても雲の上には常に太陽が輝いているように、欲望にとらわれがちな人間も、心の奥にはいつも尊天が輝いている。この内なる尊天にめざめることこそ大切である。

ひとりひとりが我欲の衣を脱ぎ棄て尊天に近づくよう努力精進する時、心身は大光明に満たされ、安らぎと歓びに全身全言が甦り、夜明けが来る。
五月満月祭は、ひとりひとりが自分の霊性とめぐり合う時である。

世界的ヴォルテックス

鞍馬山は京都最大のパワースポットというだけでなく、スピリチュアル界では世界的にも知られたヴォルテックス。ヴォルテックスとは、地球のエネルギーが渦巻いて噴き出す場所で、他にはアメリカのセドナが有名ですね。

鞍馬のパワスポとしては魔王殿が特に有名だと思いますが、週末などは混み合っているので自分の波動に合うオリジナルな場所を探すのも良いのではないかと思います。私の場合は、大杉権現(木の根道)に近づいたときに特に強いエネルギーを感じました。

とにかく鞍馬山内には様々なスポットがあるので、ご自身のお気に入りの場所を見つけることをオススメします!そしてそこで数十分でも数時間でも瞑想的な穏やかな時間を過ごすようにすれば間違いなく浄化されます。

鞍馬寺 Information

名称:鞍馬寺
住所:京都市 左京区鞍馬本町1074番地
アクセス:叡山電車鞍馬駅を下車、参道の入り口である山門『仁王門』まで徒歩3分
公式サイト:鞍馬寺

5. 竹生島(滋賀

竹生島

photo credit: MShades Chikubu Island stairs via photopin (license)

琵琶湖に浮かぶパワースポット、神の棲む島

竹生島は琵琶湖に浮かぶ島で、島全体がパワースポットとして知られています。この島には、神社とお寺が一つずつあり、一つは西国三十三カ所観音巡りの三十番札所である宝厳寺(ほうごんじ)、そして竹生島神社とも呼ばれる、都須夫麻神社(つくぶすまじんじゃ)です。

都須夫麻神社は、明治に発布された神仏分離令によって、宝厳寺から分離する形で建てられました。そのためいずれも同じ神様を祀っています。

島の中ではどこへお参りしても、大地のパワーを全身で感じることができます。

弁財天様

宝厳寺、竹生島神社ともに祀られているのが弁財天様。弁財天様は芸能・美容そしてお金の神様として有名ですね。

宝厳寺の本堂にお祀りされている「大弁才天」は、神奈川の江の島の「江島神社」、広島の「厳島神社」とともに、日本三弁財天に数えられる弁天様。いずれも海や湖という水辺に祀られるのが特徴で、水に深くまつわる神様・仏様です。

ご功徳・ご利益

竹生島の宝厳寺と都久夫須麻神社の力は、会社経営者やグループのリーダーなど、人の上に立つ方に特にお勧めです。同時に、心が弱っている方や、新しい企画に取り組んで頑張っている方、その他に自分の才能と力をうまく発揮できない人はこの力をよく感じてその霊力をお借りするようにしてください。

参考文献:『心を癒す風水パワースポット45』 御堂龍児

竹生島神社に祀られる龍神様は強大なパワーがあり、ご利益も以下のようにとても多岐にわたります。

・相手の心を察する力がアップする
・人を喜ばせる方法がひらめく
・新しい事業や企画に取り組む時にうまくいく運が開ける
・才能を開花させる
・商売繁盛

七福神の中で唯一の女神。「学問・芸術」「豊穣・繁栄」「勝負事」など、オールマイティーです。
大切な商談の前などに行くと良さそうな気がする。周辺は琵琶湖なので気持ち的にも浄化されて、すっきりとした気持ちで迎えられるのではないかなと。

竜神拝所

竹生島神社には龍神が祀られています。竜神拝所があって、かわらけ(土器)投げも人気で、願い事を書いた小さな焼き物のお皿「かわらけ」を湖に向かって投げ、鳥居をくぐれば願いが叶うといわれています。

竹生島弁財天の招材小判御守をゲットして金運UP

弁財天は金運の神様。竹生島弁財天の福小判は、都久夫須麻神社本殿と、かわらけ投げで有名な龍神拝所の途中にある弁才天社(弁才天堂)の横に置かれている小判なのですが、これまたカワイイ!

竹生島 Information

名称:竹生島
住所:滋賀県長浜市早崎町竹生島
アクセス:長浜港より、竹生島観光船で約30分(今津、彦根、飯浦の各港からも観光船が出ています)
公式サイト:竹生島・宝厳寺竹生島神社

まとめ

聖なるエネルギー
関西のオススメ開運パワースポット5選【仕事運がアップする神社編】
1.大神神社・三輪山
2. 石上神宮
3. 熊野本宮大社
4. 鞍馬寺
5. 竹生島

パワースポット巡りにハマると、すでに観光地になっている場所や、混雑するパワースポットには「邪気が集まっている」から行かない、というスタンスになる方も結構いらっしゃるのではないかと思うのですが、私としてはやはり人が集まるところにはそれなりの理由がある、と考えています。ただ混雑時間を避ければ良いのではないか、と感じます。

パワースポットとして知られる土地は昔から人々が、「よくわからないけど何かがある、何かが違う、理屈はわからないけど強いエネルギーがみなぎっている」と長い時を経てもなお感じてきたからこそ、現在誰もが知る有名な観光地になった、という経緯があります。

確かに、有名なパワースポットの中にも、かなり観光地化してしまって週末などは特に清浄な空気が全然感じられない場所もあります。しかし、少なくとも今回ご紹介した神社は、やはり依然として強い気を放っている場所だと思いますので、ぜひ機会があれば訪れてみてください。

わざわざ時間をかけて訪れる価値はあるはず!

では、本日はこのあたりで。

こちらの記事もオススメです!

神社参拝

神社参拝を習慣にすると得られる3つのこと

2019年7月28日
生石神社_頂上からの景色

生石神社!パワースポット「石の宝殿」のエネルギーと山頂からの景色に圧倒されて

2018年12月14日
上賀茂神社

京都のパワースポット「上賀茂神社」。スピリチュアル好きの人にもオススメしたい場所

2018年11月26日
車折神社_お守り_祈念神石

御金神社 & 車折神社が美しかった件。開運パワースポット巡りin 京都

2018年9月30日
龍神様

龍神様からスピリチュアルパワーを授かり開運するためのポイント

2018年9月9日

【神社参拝に関するその他の記事】
神様が喜ぶ神社の参拝方法 & 神社の選び方。願いを上手に届けるために知っておきたいこと
実体験!神様からの『9つの歓迎サイン』& 神社参拝前後の現象を一挙大公開
神社参拝での開運の秘訣は、神様と繋がりやすい『月参り』。毎月1日と15日は神社へ行こう!

スポンサーリンク

Others




Soulfulな人生を皆が謳歌する世界へ!
占星術セッション定期開催中

★  次回募集は現在検討中  ★
大ボリュームの情報量!
星を使った客観的な自己分析は創造的な人生&自己実現そして他者貢献へと繋がります。