【書評】新しい時代の働き方に不可欠な3つの要素。『ニューエリート』に学ぶ自己実現の術

ピョートル氏「ニューエリート」 Book

ここ数年、副業解禁の動きが広まりつつあります。これまで以上に、自分の理想のワークスタイルを実現できる可能性がますます拡がってきていますね。この時代に人生を創造するためには何が必要なんだろう、そんなことをちょくちょく考えている今日この頃です。

そんな中、働き方に関するとても良い本を先日読んだのでシェアしたいと思います。

ニューエリート』の著者ピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、これからの時代のリードする人材は「こういう世界を描きたい」「こういう世界を見たい」という確かなビジョンをもっていると考えます。

ビジョンは実現しやすいかどうかよりも、実現しようとする意志の強さが重要です。ビジョンを実現したいというエネルギーを(パッション)があれば、賛同する人は必ず現れますし。ビジョン、ミッションが明確で、それを実現させるためのパッションを持っている人は、確実に結果を出します。

ビジョン、ミッション、パッションをもつことで私たちは自己実現をしていくことができます。自己実現の中で「楽しみながら」働くスタイル、それが「新しい働き方」であり、人生や未来を創造していく方法だと考えます。

新しい働き方を楽しむ2つの基準

  • 仕事で自分が出しているアウトプットにプライドがあるか?

まず、自分が関わるサービス自体に価値あると思えること、そして、それに携わる自分を誇りに思えることが大切です。その要素がなければ、日々のスキルの向上や持続的に成長していくことが難しくなります。

  • アウトプットを出すまでのプロセスを楽しんでいるか?

クリエイティブにアウトプットすること。アウトプットに価値があれば、そのサービスを受け取った相手から感謝されます。どんな仕事をしていたとしても、相手の笑顔や喜びを実感できれば、それがそのまま充実感となります。

この二点を現在の仕事で全く感じられていないとしたら、仕事という側面からは自己実現をできない可能性があります。自己実現を感じられないなら、選択肢は二つに一つです。

今の仕事のやり方を変えるか、仕事そのものを変えるか。

今の時代の成功とは?

ビジネス地区

昔の成功の定義は単純に「どれだけお金を持っているのか」というものでした。持っている資産は住む家の広さに比例しており、どれだけ多くのお手伝いさんを抱えるのか、がそのままその人のもつ社会的パワーになりました。

時代が変わっても、富裕層は常に存在します。消費するモノの種類やライフスタイルは変わったとはいえ、『富裕層=成功者』というイメージは長い時間をかけて定着してきました。

ただ、今はそれが揺らぎ始めている時代でもあります。「豊かさ=お金」だけではないと、多くの人が感じているのではないでしょうか。

ピョートルさんにとって、今の時代の成功とは、『持続的に成長していることに加えて、「選択肢があるかどうか」』です。今のところは、選択肢の多さは時間とお金に比例しているといえますが、未来を考えたとき、新しいサービスのさらなる出現によって、「お金がないからできない」と「時間が足りない」という課題は解決されていくはずだからです。

ピョートルさんの考える成功者は次のような人です。

  • 大きな問題を解決できる人
  • コミュニティを作れる人
  • 社会貢献をしている人
  • フォロワーが多い人

まだ見えていない課題を先読みし、解決しようとする中で、人を巻き込み、皆から支持されることで結果的にお金が集まってくるサイクルです。自分の時間を使って正しい道に集中している人、そこでインパクトを生み出せる人が成功者だと考えます。

では、このような次世代の成功者になるために、私たちは日頃からどのようなことを心がけるべきなのでしょうか。新しい時代の働き方、そして新しい成功者であるためであるために、ピョートルさんが必要だと考える要素をみていきましょう。

スポンサーリンク

1. つねに学び、自分をアップデートする

学び

仕事のみならず、自分自身を成長させるためには日々の学びは欠かせませんが、これからはますます学びにお金を投資する人が増えていきます。

TEDのように無料で学べるサービスもあれば、少額で体系的に専門分野を学べるUdemyやSkillshareなど私も日常的に利用していますが、本当に便利なサービスがたくさんありますね。

ピョートルさんはアフターファイブという仕事時間の枠の外で学ぶのではなく、仕事の中に直接、学びの要素を取り込んでいくことを提案しています。

「インパクト」と「学び」で仕事を選び、プロセスの中でスキルや生産性を高めていく

著者のいう「インパクト」とは、同じ時間で生み出す価値を指します。自分が抱えている仕事を、このインパクトと学びの大きさでそれぞれで仕分けします。、「インパクトが大きく、学びも大きい」「インパクトが大きく学びは小さい」「インパクトは小さく、学びは大きい」「インパクトが小さく・学びも小さい」の4つに分類します。

そして以下のように対応します。

  1. インパクト大・学び大 → 優先的に力を注ぐ
  2. インパクト大・学び小 → 極力人の力を借りて行う。
  3. インパクト小・学び大 → 自分への投資として、一定の割合で取り組んでおく
  4. インパクト小・学び小 → アウトソーシング、クラウドソーシング、自動化する

こういう感じで自分の中で仕事の仕分けをしておくことで、仕事の中で常に学び続けられるスタイルをキープできるようになります。

わかりやすい例でいえば、語学はすぐに結果は出ないので、即効的に生み出す価値としては低いですが長い目でみると得られる経験の価値が高いので3に該当します。4はお金の計算などですね。

ピョートルさんの場合、仕事の3〜4割をマネタイズして、6〜7割を近い将来の土台を作るための投資にあてるのが理想とのことです。

その道のプロに会うためにお金を使う

ビジネスを学びたいなら、実際にそのビジネスで成功している人に接する機会を作るべきです。その道のプロから学んで実践していく。これが最も効率的な勉強法です。

そして会う機会を得たら、その人の価値観や、これまでの人生の歩み、成功した理由、失敗経験やその際に学んだことなどをどんどん質問すること。そうすることで、投資した時間・お金が実際に自分の学びへとつながります。

また、師匠をたくさん持つことで、思考停止を避けるよう気をつけるべきです。師匠は絶対的な存在である必要はなく、特定の人に限定しないことで、学びのアンテナの感度が増すからです。

得た情報は「自分化」して、翌日すぐに活かす

ピョートル流・情報取集術として、グーグルアラートとグーグルトレンドが挙げられています。

そして、得た情報をもとに詳しそうな人を見つけて、その人がどう思うか聞いたり、さらに詳しく教えてもらったりします。詳しい人に聞くことで、新たな視点や情報が得られる可能性が高いです。

そして次が一番大事な部分ですが、得た情報を「自分化」します

メモをした内容は、空き時間などに見直すこと、そして、「なぜ、この記事に心を動かされたのか」「自分のカ考えや理論とどう関係があるのか」を考えること。

得た情報は、見直し、自分化した上で行動・実践していくことではじめて意味をもちます。

スポンサーリンク

2. 決断は直感で。早く動いて結果を出す

直感的決断

何事も決断しなければ行動につながりません。行動がなかれば、現実に変化を起こすことはできません。常に変化し続けるニューエリートにとっては、決断し続けること、しかも素早く下すことが非常に大切です。

小さなきっかけは偶然にやってきますが、その小さなきっかけがのちのち大きな変化や結果につながるのです。

きっかけをつかむこと、タイミングを逃さないためには決断の速度が求められます。

そして、素早い決断を行うために、ピョートルさんは直感を使うことを提案しています。
直感で決断するメリットは、なんといっても素早く行動できること。

普段から直感派の人は、見切り発車を注意するべきなのですが(私はこちらのタイプ)、普段論理思考の人には、ピョートルさん的直感で素早く決断することをおすすめします。検証しすぎたり、疑いすぎることで、どんどん時間は過ぎていきます。その時間のあいだに出来ることもたくさんあるはずです。まずは実践してみてその都度調整していく方法もありだと思います。

直感のセンスを磨く2つの方法

  • 小さな失敗をたくさんして経験を積む
    決断した時点では、正しい決断なのかわかりません。あとから振り返って初めて、その決断が正しかったのかどうかが検証できます。そのためには小さい失敗を経験して直感力を磨く必要があります。そして、何かを成し遂げるには、いつだって、早く小さな失敗を繰り返すしか道はないのです。
  • 環境を変えて潜在意識を刺激する
    クリエティブな仕事において、リラックスした環境が最もインスピレーションを得やすいと言われています。自分がリラックスできる刺激のストックを増やし、潜在意識を開かせることで、直感が鋭くなります。

3. 四つの自己エネルギーを管理する

エネルギー

元Google社員のピョートルさんは、実際にGoogleで実践されている自己エネルギーを管理するための研修内容を紹介します。その研修においては、人間のエネルギーには、下記の4つのレベルがあるとされています。

(1)体のエネルギー
(2)感情のエネルギー
(3)集中のエネルギー
(4)生きることの意義からくるエネルギー

それぞれのエネルギーのレベルを整えていくことで、イノベーティブな仕事が可能になります。

睡眠、食事、飲酒などの習慣を整えることがまず大前提です。そして体の調子が整えば、日々の生活や仕事がエネルギッシュになります。また怒りの感情やネガティブ思考などの対して自己コントロールができるようになることで、建設的な行動が取れるようになります。

また、集中力をつけることで、フロー状態を意識的に作り出し、ベストパフォーマンスを発揮することができます。そして最後に、自分が何のために生きているかを自覚することで根本的なパワーと充実感に満たされます。

これらの自己エネルギーと上手に向き合い、管理していくことで、仕事という限られた環境だけでなく、人生全体を全能的に生きることができるようになります。

この4つのエネルギーについてはピョートルさんの別の著書『Google流 疲れない働き方 やる気が発動し続ける「休息」の取り方』でさらに詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

この本の素敵なところ

本書のベースになっているのは、ピョートルさんのこれまでの経験です。恵まれてはいなかった環境から抜け出して、自分の力で現在のポジションにたどり着いたという事実にまず注目すべきです。文章はとても読みやすく、とても優しい口調なのに、その一つ一つにとても強い説得力があるのは、ピョートルさんの人生経験に基づいたゆるぎない信念や生きる姿勢が確固たるものだからなのだと思いました。

新しい働きを模索中の方、仕事を通して自己実現をしていきたいにおすすめの一冊です。

スポンサーリンク