断捨離を波動の観点から語る。断捨離で波動が上がって開運できる3つの理由と効果的な実践のコツ

波動の良い空間-断捨離 Lifestyle

断捨離をすると人生が変わる、というのはよく言われていることで、私自身もそれは実感しているのですが、つい最近までその理由をあまり真剣に考えたことがありませんでした。

掃除をすると運気がUPするというのは、自分の中でもう当たり前のことになっていて、【掃除=心の浄化=運気アップ】の図式が成り立っているんですね。で、ふと、その原理について考えたとき、『波動』という観点を意識的に取り入れていくことで、今まで以上に効果的な断捨離ができるのではないかと思いました。

というのも、『断捨離』も『波動』も自分が日頃から意識しているテーマなのですけど、両者を結びつけることが不思議なことにこれまでなかったんですね。でも、最近波動に関する本を読んでいた時に、断捨離によって「場」を整えることが、自分自身の波動を上げる一つの大きなポイントになっていることに改めて気づいたので、今日はそのことについてシェアしたいと思います。

スピリチュアル的に断捨離がなぜいいのかってことに興味がある人は波動という側面から考えてみると納得できるのではないかと思います。

波動のことをとりあえずライトにざっくり知りたい人は
波動のはなし&『神さまとの直通電話』に教わる運がよくなる波動の法則

波動のことをがっつり知りたい人は
波動を知るためのおすすめ本。願望実現化 & 望む人生を引き寄せる方法を徹底解説 PART1
PART2
PART3

を先に読んでもらえたら、より理解が深まるかと思います〜。

↓断捨離を実践した後に取り組みたい『風水を取り入れた運気アップ』について現在少しずつですが記事を更新中です。こちらもあわせてお読みください。
断捨離後は風水を取り入れて、運気アップに磨きをかけよう<クローゼット編>
断捨離後の風水生活。寝室はリラックス&金運アップの風水で運気上昇を!

断捨離の話

私がここで説明する必要がもはやないほどに「断捨離」という言葉はもうかなり一般的なものになっているのではないかと思います。

断捨離=ダンシャリ。「モノを捨て、片付けることで、心のガラクタを整理し、人生を幸せに生きる方法」です。

断捨離と聞けば、ただひたすらにモノを捨てていくことだと思うかもしれませんが、断捨離は整理術・掃除術というより、むしろ本来のコンセプトは「心の執着を手放すための教え」というメンタル面に重きを置くものです。

「心の執着を手放すための教え」とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離業(りぎょう)」のことで、それぞれ「断=入ってくる要らない物を断つ」「捨=身のまわりにずっとある要らない物を捨てる」「離=物への執着から離れる」といった意味があります。

つまり、不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、心身ともに身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的だといえます。

(ちなみに、「断捨離」という言葉自体は、クラターコンサルタントである、やましたひでこさんが提唱しているものなので、やましたさんご自身の考えを知りたい方は公式サイト書籍ををご覧になってください。)

で、断捨離をすることで人生が変わる、とか運気が良くなったとかっていうのは、色々な雑誌でも取り上げられているし、さまざまな方のブログでもよく拝見するのですが、じゃあなんで断捨離をすることがそんなに効果を持っているのか、もっと納得したい、という思いがいつも自分の意識の片隅にありました。掃除によって、心が浄化がされるのはわかる、経験からもそれは実感している。でも、なんで、心が浄化されるのか、なぜ運気が上がるのか、ということについて、もっと自覚的でありたい。

というふうに考えていくと、「波動」というテーマがどうしても浮上してきます。

スポンサーリンク

波動の話

波動

人は思っている以上に波動の影響を受けているといいます。

波動というのは、れっきとした物理学や化学の世界の話で、現代では量子物理学、量子力学などにカテゴライズされているので、本来スピリチュアルな話ではないです、実は。

で、スピリチュアルな分野で言われる波動も基本同じものなのですが、要は、「人もモノもすべて粒子であり、振動している。私たちはそれぞれ固有の振動数の波動を持っているから、お金持ちになりたいならお金持ちがもつ波動に共鳴して彼らと同じ現実を経験していきましょう」といった流れに一般的にはなっているかと思います。

だからこそ、仮に今自分が幸せでないと思っているとして、その幸せではない波動の状態で、いくら考えたり方法が探しても、出てくるアイデアや方法がそもそもその波動の低めの世界のものでしかない、だから、まず波動の高い世界にアクセスして、その中でアイデアや方法を考えていく、という逆の順番を心がけていくことになります。(このあたりの詳しいことはまた記事に書きますが、本日は断捨離と関連づけていくことがメインのテーマなので、今日のところは説明は簡潔にします。)

まぁいずれにせよ、自覚的に意識できるできないに関わらず、人、場所、食べ物などあらゆることから日々、波動を感知して、影響を受けているので、どうせ影響受けるなら、どんどん活用していこうよ、ということなのですが、今日の記事でフォーカスしていくのが、波動の影響を受ける最たるものとして挙げられるであろう『自身の身の周りの環境』です。

引越ししたことで人生が変わったり、慢性病に悩まされていた人が職場を変えただけで完治する、ということもめずらしくありません。これは、環境を変えたことで波動が大きく変わったからだと考えられます。

でも、引っ越しや転職といった外的環境の変化を大きく起こさなくても、自分が普段過ごす空間を変えていくことで、波動を調整することが可能です。

むしろ普段自分が過ごす空間、つまり家や部屋の中のことというのは、住むエリア全体のことや人間が関わってくる環境とは違って、自分が自分自身でコントロールできる範囲であり、変化を自分次第でどんどん起こしていくことができるいえます。そう簡単に、引っ越しや転職ってできないからですね。

だからこそ、自分の波動を良くしたい、周囲の人間関係を良くしたい、仕事で成功したい、願いを叶えたいという時に、すぐにできることとして、まず自分が暮らしている家、部屋の中を整えていくことが、現実的かつ効果のあることだと言えます。

断捨離で波動が上がって開運できる理由

波動の良いきれいな部屋

理由①:断捨離は過去への執着の解放

自分の部屋の断捨離=過去のエネルギー、波動の手放し

家族と暮らしているならば、共有部分に関しては皆の意識が変わらない限り、変えることは難しいかもしれません。でも自分の部屋なら、あるいは部屋がなければ自分のものを置いているパーソナルエリアなら、いまこの瞬間から取り組むことができますよね。

願望達成のためのベースづくりとして過去の手放しや古い価値観を内的なアプローチによって解放して方法(内観法)がありますが、「そういうのはいやだ」っていう人に絶対的にオススメしたいのが、部屋の断捨離です。内的ワークと部屋の断捨離のこの二つ、原理は同じだからです。

では部屋の断捨離がなぜいいのかということですが、

使っていないものがたくさんある部屋は波動が概して波動が低くなるからです。

そのモノたちには当時の波動が宿っています。もうすでに使う必要がなくなっているものを部屋に置いておくということは、過去の自分を現在もなお背負っていることと同じことです。特に、あなたが今何かあたらしいことをしたいと思っていたり、人生を変えていきたいと感じているならば、何かしら自分の中にスペースをつくっていく必要があります(メンタル的なスペース)。で、そのスペースができるからこそ、そこに新しい何かを取り込んでいけるのですが、本気で過去の自分とは決別していく覚悟として、過去の思い出のモノを思い切って捨ててしまう、というのが、ゆってしまえば「手っ取り早い」方法だといえます。

なかなか前に進むことができなかったり、行動する勇気がもてない人は、古いエネルギーが体内にも部屋にも停滞している可能性が高いです。そういう時は、内的なアプローチを試みるより、まずは部屋の使っていないものを捨てていくことで、『勢い』を自分につけることができます。

「過去に対する執着」と「未来に対する不安」にとらわれているとき、つまりモノが捨てられないときというのは、「今、自分にとって何が必要か。何があれば満たされるのか。何を求めているのか」が見えていない状態です。自分にとって必要なモノや求めているモノが見えていないから、ますます不必要なモノを増やしてしまい、物理的にも精神的にもどんどんいらないモノに埋もれていってしまいます。

人生がときめく片付けの魔法:近藤麻理恵

理由②:部屋の新陳代謝は自分自身の心の新陳代謝

もう使ってないもの、自分が好きではないものを、いつまでも自分の身の周りに置いておくのが良くないと感じている方は多いのではないかと思います。でも、なぜそれが良くないかというと、使ってないものや好きではないもを置くことによって、古い波動が、良くない波動が、そこに停滞してしまう、ということは上でお話ししました。

で、停滞すること=新陳代謝できていない、ということです。

人間の体にとって新陳代謝が大事なように、部屋にとっても、モノにとっても新陳代謝は不可欠です。長期の海外出張の際などに、空き家にしておくよりも誰か知り合いに住んでもらった方が絶対的にいいのは、人が住むことによって、「家自体が今を生きている」ことになるからです。長く続く空き家から生命の息吹がなくなってしまうのは、本来の住まいという目的が失われた結果、そこに必要なエネルギーが循環していないからです。

「今」という時間軸にそって、「必要・快適」なモノだけが残るように取捨選択していくことで家もモノも自分自身の気持ちも新陳代謝されます。

「いま気に入っているモノ」に囲まれた生活を追求していくことで、ワクワク精神を洗練させていくことができます。

部屋にいることで、ワクワクの状態が当たり前になったら、それは自分が出している波動が高い状態になるので、そこで思いついたアイデアや方法は、さらにワクワクを生み出してくれることになり、素敵な循環になっていきます。

部屋の代謝を良くすることで、「いま」という時間軸に沿って生きることができます。それは過去にも未来にも捉われない自由な生き方につながるのです。

理由③:モノを厳選する習慣がつくと自己肯定感が上がる

もう必要じゃないのに、なぜか捨てられないものや、特に好きでもないのに、捨てるとなると抵抗感を感じるもの、というモノがあります。その背景には、自分自身の弱さやコンプレックスが隠れていることが多々あります。

で、意外なのが、コンプレックスや弱さを隠すために増やしてきたモノのせいでさらに、それらを強める原因になっている、ということです。で、自分の中では、もう使っていない古いモノがあるおかげで安心感を得ているとどこかで思っているのですが、それらは、新しいことを始めるのを阻む原因にもなっているのです。

英語を勉強している人には良くあることだと思いますが、話せないからたくさんのフレーズをまず覚えようと思って、流行っているフレーズ集の教材を一通り数冊購入します。でも毎日忙しいと、あまり進めることができません。いつかやろう、いつかやろうと思っているうちに、結局そのタイミングを失うことになります。でも、実際のところ、フレーズでコツコツ覚えることよりも、話せるようになりたいなら、まず話す場面を作ることが大事なのです。別に本が唯一の勉強法でもないし、むしろコミュニティに参加するなり、オンラインレッスンを受けるなり、色々なことができます。でも、机の隅に溜まったフレーズ集を全く進められていない自分、スピーキングが全く上達していない自分に不満を感じることで、色々なアイデアがあることを思いつけないマインドに固定されてしまいます。

そうなった時にこそ、やるべきことが、もう使わないテキストは一冊だけを残して思いきって捨ててしまうことです。

厳選することで、その一冊にかける思いが変わってきます。そして、その一冊を真剣に取り組んでいくからこそ、そこでは補填できない実際のスピーキングの場面を自分で作っていこうと、ポジティブに考えられるようになります。

部屋の中にあるモノを、ひとつでも多く、自分にとっての「とっておき」に変えていく、という視点が大切です。自分が好きで「厳選している」という感覚が、ゆくゆくは自己肯定感を高めてくれます。「まぁ、とりあえずこれでいいか」という「とりあえず」の気持ちで選んだものを部屋にたくさん置いておくのは危険です。自分のそのモノに対する扱いが雑になるからです。

「とりあえず」ではなくて、「あえてこれを選んだ」ことに自分の中で確かに基準ができてくれば、それはモノに対してだけでなく、内面的な軸にもつながってきます。

どういう基準で買うのか、を自分に決めることで、自分という人間を把握し、主体性をもって暮らすことになるのです。

スポンサーリンク

私の体験談

写真

写真グッズを捨てたこと

私は社会人になってからずっと写真をやっていて、当時の自分にとって自分を形成してくれた大きな存在だった一方でマジメに取り組めば取り組むほど、「こう撮らなければならない」とか「魂のある写真はこうでなければならない」といった写真にまつわるイメージがつぎつぎと出来上がっていきました。

そして自分が作った『外側の価値観』によって、色々と判断するようになりました。で、その外側の価値観と合わないことをすることは、「間違い」であり、同時に自分は「敗北者」だと感じるきっかけになりました。もちろん当時は自覚はしていませんでしたが。

で、少し前、そういった窮屈な気持ちを始めて自覚した時期があったので、そのときに、「もうどうにでもなれ」という諦めの気持ちで、それまで捨てるに捨てきれなかった昔まとめたポートフォリオや大事にしていたプリントを捨てました。そして、そのとき、今の時代だからこそフィルムに価値がある、コンペや雑誌で認められてこそ意味がある、とどこかで思っていたことに深く気づき、その気づきとともに、自分を縛っていた価値観から解放される感覚を味わいました

そして、解放される感覚を味わっただけでなく、今まで頑なにやろうとしていなかったインスタグラムの可能性に前向きになれたり、同じようにしてインターネット上から誕生した新しいスタイルの写真家の存在を知ることになったりして、これまでなら、そういう情報を見ても対してスルーしていたところに、新たな可能性を見いだせる自分になってきました。自分が知ろうとしていなかっただけで、色々な方法があることに気づいたのです。

何より大事なことは、その新しい方向性に、自分が前向きになれている点です。これは、執着していた価値観から解放されると起こる現象です。色々な道があるし、自分は自分なりの道を切り開いていけばいいじゃないか、と思えるようになりました。

この変化というのは、精神的にはとても大きなものなのですが、私がしたことは、たまっていた過去のポートフォリオとプリントを捨てただけです。特別なにか儀式をしたわけでもないし、劇的な変化が現実に起きたわけではないですが、確実に一つ、価値観を狭めていた大きなホコリというか、つまりがなくなって、自己肯定感が高まりました。

自分を守るようにして大事にしていた写真をあえて捨てることによって、写真をはじめた当初のように、自分の好きなものを撮って、好きなものを発表していけばいい、という自分が楽しめる方向に舵を切っていく前進力をもらえたように思います。

渡英のために本を大量に捨てたこと

イギリスに住む前まで、私の部屋の天井近くまである本棚には大量に本が詰まっていました。本棚だけにはおさまりきらず、クローゼットにも、収納ケースにも、床にも、スペースがあるところにどんどん本を埋めていました。

会社員の当時、月々5万円ほどは書籍代に使っていたのではないかと思います。デザイン書や写真集の価格帯が高いということもありますが、それだけでなく文学書も実用書も技術書も自己啓発書も、気になった本は自己投資だと思ってできる限り買っていました。

で、その経験は決して無駄にはなっていないと今でも思っているのですが、その一方で、当時の自分にとってやはり、自分を束縛させるものになっていました。

インプットばかりが多すぎて、それに見合ったアウトプットが全然できていなかったのです。

そのタイミングで、イギリスへの移住が決まり、自分の身辺整理をする機会ができました。そこで、私はイギリスでも絶対に読み返したい50冊ほどを電子書籍にして、それ以外はすべて処分しました。

もちろん、処分する際は決死の覚悟でした。自分の価値がすべてそれらの本の中にあるような、本がなくなると自分の価値までなくなるような不安を覚えました。

でも、全部処分したあとも、私はまだ生きていました、笑。

むしろ、頭の中に構築されていたありとあらゆるシステムとか枠がなくなっていって、それまでとは比べ物にならないくらい、自由でリラックスした状態で、物事を考えられるようになったのです。

それまでは、何か一つ何か考えるにも、「こういうことをあの人が言っていたな、じゃあこうしなきゃな」といった感じで、先人の知恵をベースとして、それに従うというか、大きく踏み外すことのないような思考と行動の習慣ができていましたが、処分をしてから、まず「自分の感覚」に耳を澄ませるようになりました

知識を重視する人間からすると、自分の感覚というのは時に信じられないものです。自分よりも偉大な人、歴史的な結果を出した人の思想を頼りにしがちなのですが、自分の感覚を信じて、前例を気にせずに進んでいく勇気をこの一件で学べたように思います。


私の場合は、この二つの出来事からもわかるように、捨てることが、前進するパワーをもつきっかけになったことは確かです。

人によって、捨てることの恩恵は違うかと思いますが、今いろいろと人生で迷っている人ほど、色々新しいものを得ていくのではなくて、まず徹底的に減らしていくことをしてみるといいかもしれません。削ぎ落として、削ぎ落として、最後に何が残るか。そういうモノを自分の中で実感として知っておくと、人生における指針が作りやすくなります。

ちなみに、私は日本に帰国してからまた日々本を買い集めています。やはり本が好きでたまらないからです。相変わらず増えていきますが、本棚をかなり小さくして、入らない分は厳選して処分していく、と決めています。だからこそ、気合いを入れて、自分にとって意義のある読書をしようと前よりも思うようになりました。

スポンサーリンク

実践のコツ

断捨離のコツ

捨てる時のポイント

・ありがとう、自分が解放されることをイメージする
捨てるときは、感謝の気持ちと一緒に手放すのが基本です。

・「なんとなく」ではなく、「ときめくモノ」だけを残す
これはコンマリさんの「人生がときめく片付けの魔法」の方法ですね。ワクワク人生を送るためには不可欠だと思います。

・理由ではなく、量で決める
たとえば、私の場合、月に何回か、まず45Lのゴミ袋を用意して、何を捨てるかわからないけど、とりあえずこの袋いっぱいになるまで何かを処分する、と決行することがあります。これは、何かイライラが溜まっているときや、自分の頭がモヤモヤしているときにとても効果的です。理由で捨てるものを考えていくと、必要なものはまず捨てない、という考え方になりますが、量を基準にして捨てていくと、普段捨てられないものがこのタイミングで捨てれることが多々あります。

・捨てるのがもったいなければ、売ったり、誰かの譲ったりするのはokだけど、スピードがとても大事
買値が高いものだと特に捨てることに抵抗があるかと思います。そういう場合はヤフオクやメルカリを使って、まとまった時間をとって、一気に売ってみることをオススメします。自分が片付けたい、断捨離したいと思っているそのタイミングで、そのモチベーションがある間に一気にしてみましょう。

・買うタイミングは「なくなってから」「捨ててから」
ストックは原則しないほうが良いと思います。そして、もう「今日なくなる」というギリギリのタイミングで買う方が爽快です。

今日からできる小さな断捨離アクション

・一日一つ何か捨てる
すでに使っていないモノを何か一つ毎日減らしていきます。ペンでも服でもなんでもいいです。

・財布の中身を毎日断捨離
不要なレシートを捨てたり、日常的に使わないカードは別にして普段の財布から離すようにしましょう。

・テレビの見る時間を減らす
断捨離はモノだけではありません。テレビの情報量の多さに注意しましょう、大体がどうでもいい内容です。その分、余った時間で何か新しいことを始めてみてください。

本当の人生は、片付けたあとに始まる

断捨離後の新しい人生

「部屋を片付けると、やりたいことが見つかる」とコンマリさんが人生がときめく片付けの魔法の中でおっしゃっていることですが、これは真実だと思います。自分という人間を知るには、机に向かってじっくり自己分析したり、人に話を聞いてもらったり聞いたりするのももちろん効果があります。そしてそれらもとても大事なことだと思います。ただ、片付けを徹底的にしてしまうのが、一番の近道だといえます。

持ちモノは自分の選択の歴史を正確に語ってくれるもの。片付けは、本当に好きなモノを見つける自分の棚卸しでもあるのです。

そして、部屋の片付けというのは、波動をあげるための一つの手段でもあります。綺麗に片付けて、部屋の波動を上げておくようにすれば、自分の部屋自体がパワースポットになります。

理想は、部屋にいるだけでなぜかワクワクしてどんどんアイデアが湧いてくるような状態です。

それが当たり前の状態になれば、開運、運気アップどころか、人生のあらゆる面が加速度的にうまく循環していくはずです。

本当の人生は片付けたあとに始まる、と言えるのではないでしょうか。

では、本日はこのあたりで。

関連記事

波動のことを知りたくて色々調べていたところ良書を発見しました。本ブログでは3記事にわたって長々と解説しています。
波動に関してはこの本一冊でいいじゃんと個人的には思っていて、たくさんの人に読んでほしい波動本!
・波動を知るためのおすすめ本。願望実現化 & 望む人生を引き寄せる方法を徹底解説 PART1/a>
・PART2
・PART3

いやいや長文で3記事は重すぎるわって人は下記の別記事でざっくり触れてます!

波動のはなし&『神さまとの直通電話』に教わる運がよくなる波動の法則

断捨離を実践した後に取り組みたい『風水を取り入れた運気アップ』について書いています。断捨離すでにやってるよーという方はこちらもぜひあわせて読んでみてください。「せっかく断捨離したんだから開運を意識した風水も取り入れてどんどん運気upしていこうよ」ってなことを書いています、もちろん具体的な開運方法も。
断捨離後は風水を取り入れて、運気アップに磨きをかけよう<クローゼット編>
断捨離後の風水生活。寝室はリラックス&金運アップの風水で運気上昇を!

断捨離まわりのオススメ本






スポンサーリンク