断捨離後の風水生活。寝室はリラックス&金運アップの風水で運気上昇を!

断捨離_風水_寝室 Lifestyle

良質な睡眠を取るためには、断捨離で寝室をスッキリさせることがまず第一に大切です。

どれだけ風水を意識したり、縁起のいいものを置いたりしても、モノで散らかっているとそれだけで運気が下がりますからね。

最近、断捨離をしたあとで部屋は綺麗になったけど、さらに運気を良くするためにできることは何だろうと考えて、それで今後は積極的に風水の考えも取り入れていくことにしました。

関連記事:断捨離後は風水を取り入れて、運気アップに磨きをかけよう<クローゼット編>

本日は前回のクローゼット編に続いて、寝室の開運アップをご紹介したいと思います。

ただ寝るだけの場所だし、と寝室を侮ってはいけませんヨ。寝てる間に身も心も休息をとって浄化されるのですから、1日の3分の1を過ごす時間がテキトーな場所でいいはずがないです。

断捨離でものを減らした後は、風水を取り入れた”開運空間”で、磨きをかけていきましょ〜

関連記事:断捨離のコツを波動の観点から語る。断捨離で波動が上がって開運できる3つの理由と効果的な実践のコツ

スポンサーリンク

金運アップ&リラックス効果のある観葉植物『パキラ』を窓側に置く

断捨離_風水_寝室2

Photo by Timothy Buck on Unsplash

パキラは「お金を生み出す樹」として風水学でよく知られた観葉植物です。

風水学の視点を抜きにしても、パキラは他の観葉植物に比べてリーズナブルで育てやすいので、これからグリーンライフを始めたい人にもオススメしたいです。

パキラは強い気を発揮する特性があるので、窓があれば窓側に、窓がなけれれば気が停滞しやすい部屋の隅に置いて、部屋全体の気の流れを良くするようにしましょう。エネルギーが強いので、枕元のすぐ近くに置くのはやめましょう。

パキラは悪い気を吸い取って気の流れを循環してくれるので、生活のバロメーターとしても役立ちます。というのも、部屋の気が滞りすぎて、パキラの浄化作用が追いつけないほどになっているときには、きちんと枯れてくれるからです、笑。

枯れにくいパキラが枯れたときは生活を見直すタイミングだといえますね。

部屋の掃除はもちろんのこと、日々の生活の中でリラックスできる時間を確保できているか、自分自身と向き合っているか、ワクワクしているか、ストレスが溜まっていないか、そういったことをチェックするようにしましょう。

角の丸いインテリアでリラックス&お金が貯まる気を取り入れる

丸い形は、幸運を呼び込むラッキーアイテムです。お金の形に似た「角丸」は、お金に愛されるとも言われています。

ベッドフレームは、角が丸く、優しい印象の木材のもの選ぶとリラックス&金運アップが期待できます。

あと、ベッド横のローテーブルを丸いものにしたり、クッションを丸型にするなどして、寝室全体のイメージを丸く優しいイメージにすると、気の流れも滑らかになっていいですね。

毎朝ベッドメイキング&換気をする

直接的には風水学ではないのですが、毎朝布団から出たらすぐに必ずベッドメイキングして窓を開けて換気をするようにしましょう。夜の気をリセットして活動をする朝に切り替えるためにとても大切なことだと感じます。布団は毎日干せなくても、ベッドメイキングと窓開けは10秒あればできますからね。

私は換気をしていない空間に長く滞在できない体質になっているので、大きな窓がない職場や飲食店では心地よく過ごすことでできません。しばらくすると、気持ちがどんよりするし、頭が痛くなってきて、もう外に出たくてしょうがなくなるんですよね。。。

ベッドメイキングで気を引き締めて、窓を開けて空気を入れ替える!一日のはじめにまずこれだけはするようにしましょう。

スポンサーリンク

龍神様が好きな音と香りで運気アップ

私が今取り組んでいるのは具体的には龍神風水というやつなのですが、調べたところによると龍神様は桃が大好物だそうで。ルームスプレーやアロマを使うのが良さそうです。

あと、龍神様は静寂よりも自然の音が好きとのことなので、静まり返った部屋で寝るよりも、自然の音を小さめの音で流すことで寄り添ってもらえそうですね。

spotify(音楽アプリ)でも雨や風のサウンド、森や川のサウンドなども無料で聴けるので、試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は、その日の気分によってチャクラを調整するヒーリングミュージックをかけたり、疲れているときはネイチャーサウンドをかけたりと色々試しています。歌詞がなく音自体に集中できるので、考え事をしないで頭を空っぽに近づけた状態で眠りにつけます。結果、質の良い睡眠を取れますね。

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

電化製品を少なめにしてパソコンやテレビには布をかける

寝室はその名の通り就寝する場所なので、心身ともに休まる場所であることが最優先です。皆さんすでにご存知かと思いますが電磁波やスマートフォンのブルーライトは交感神経を高めます。

波動の存在を考えると、パソコンやテレビのすぐそばで寝ることが体にプラスになるとは思えないので、ベッドとパソコンが同じ部屋にある場合などは、できる限り電化製品をベッドから遠ざけるレイアウトにしたり、寝るときだけでも、画面に布をかけるなどして、電磁波の影響を受けないように意識をしておきましょう。

もしくは前述したパキラなどの観葉植物をパソコン周りに置くなどの対策をして、電磁波の影響を弱めるようにしてください。

合わせ鏡は風水だけでなく、一般的にも縁起が悪いと言われていますが、これは普通の鏡だけでなく、反射的要素を持ったモノも含まれていることを忘れずに。反射性の強いモニターパソコンなどを使っている場合、それがベッドと向かい合っていると、合わせ鏡と同じ状態になってしまっています。

電磁波のことも含めて考えると、寝室のパソコンとテレビは寝るときには布をかけるというのを基本にしたほうがいいでしょう。

ドアの正面、窓の真下やすぐ前にベッドをレイアウトしない

寝室のドアを開けて、正面にベッドが配置されていると、ドアから入ってきた気が直接ベッドにぶつかってしまうので風水的にはトラブルを生む凶相と言われています。配置が変えられない場合は、ドアにのれんをかけたり、パーテーションボードやシェルフを間仕切りとして使い、寝室の入り口からベッドが見えないようにしましょう。

また、気の出入りが激しい窓の近くにベッドを配置することも良くないとされています。ベッドを窓から遠ざけたレイアウトにしましょう。どこに配置しても窓がある場合などは、窓側に足をもってくるなど、頭が窓側に来ないようにするのがベターです。

思い立ったが吉日。今日からできることを始めよう

断捨離_風水_寝室

Photo by Alexander Possingham on Unsplash

ベッドメイキングや換気、パソコン・テレビのスクリーンに布をかけるといったことは今からすぐ取り組めますので、ぜひ今日から試してみてください。

風水的に良いアイテムを揃えたり、縁起の良いものを置いたりするのもは、楽しいですし開運アクションとしては素敵な行為だと思いますが、個人的に一番大事だと思うのは、いつも感覚を研ぎ澄ませておくことです。

自分の環境に対して鈍感になっていると、たとえ部屋の気が滞っていたとしてもそれに気づかないですし、本当は心地が悪いのにあまり気にならなくなってしまいます。特に寝室では寝ている間に影響を受けるので、自分の意識でコントロールできない分、空間の浄化を心がけて、神聖なスリーピングタイムを作っていくことがとても大事だと思います。

では、本日はこのあたりで。

【関連記事】
断捨離のコツを波動の観点から語る。断捨離で波動が上がって開運できる3つの理由と効果的な実践のコツ
断捨離後は風水を取り入れて、運気アップに磨きをかけよう<クローゼット編>

 

スポンサーリンク