11月12日 牡牛座満月のこと。あなたにとっての豊かさの意味を知るとき

占星術

11月12日 22:34 牡牛座にて満月を迎えます。

牡牛座満月は、お金や所有(モノ)など物質的次元の事柄で、自分が執着していることをリリースするのに良いタイミングです。

もちろんモノを捨てて物理的に軽やかになることも良いのですけど、それ以上にいま大事なことは、お金やモノに対するネガティブな想念を浄化すること、生存の安全を求めるがゆえに身につけたお金やモノへの執着を手放していくこと。そうすることで、深く、愛に溢れた内的な豊かさを感じられるときでもあるのが今回の牡牛座満月です。

恐怖や不安の気持ちがベースにあると、安全を求めようとすることから物質的に満たされることへとエネルギーが向かいます。その結果として、過度に経済的な繁栄を求めたり、モノで自分の心理面を満たそうとします。これは牡牛座的なダークサイドともいえるもの。過去への執着や自分を変えようとしない頑固な態度もまた然り。

今回の満月の願い事としては、そのような部分が自分自身にないかを見つめ、執着を手放していくことが宇宙的リズムに合った取り組みだといえるでしょう。そして、手放したあとに引き寄せるべきは何か。ただ全てが在るという愛と豊かさへの気づき、そして感謝です。

新月が、物事をスタートさせるタイミングだとすれば、満月は感謝で自分を満たしたり、不要なものを手放していくときです。特に今回は水星逆行中ということもありますので(←これ地味に大事な点)、新規のことに着手したり、前へ前へ突き進むことよりは、見直しと内省。過去を書き換えて今を変える。DoingよりBeing。

そして、何よりも、ピースフルで静かな空間&時間のなかで自分自身の五感と対話する、という過ごし方を満喫したいとき。

あなた自身の五感や周囲の自然世界を経験しましょう。小さなことがきっかけで得られる直感があなたにとって必要な判断・方向へと導いてくれます。この世界は、何をするか、というdoing以上に、どんな意識でいるのか、どんな感覚で満たされているかというbeingの状態で視界が変わる。豊かな意識で世界を見れば、あなたを取り巻く出来事はこれまでとは違った意味を持ってきます。

あなたの内側に備わっているものをあなた自身がありのままに見れたとき、もしかして自分はこんなこともできるかもしれない、こんな風に社会の役に立てるかもしれない、こんなことがやりたかったんだ、と新たな気づきを得ることができるでしょう。自己の潜在的能力の発見は、新たなポジションへの可能性へと道を導いてくれるはず。

ではまずは、牡牛座の特徴からいきましょう。

おうし座が表すもの

牡牛座満月

(こちらは過去記事からの抜粋です)

おうし座は12星座の中で、2番目のサイン。不動宮・地の星座です。

牡牛座といえば、絶対的五感世界。始まりの勢いがあるものの実体をもたなかった一番目のサイン牡羊が、ここ牡牛で肉体を手にします。

そして牡牛は手に入れた肉感的なものを手放さないよう抱え込みます。身体としっかりと結びついた確かなる生命力を手にして、持って生まれた才能や感覚的な資質、そして見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触れるといった五感を通して世界を探求します。

自己という存在をしっかりと大地に根付かせ、自分の感覚を通して、世界を堪能し、愛でる。

というわけで、牡牛座の方が得意とするのは、<自分の五感を通して>世界を認識すること、学ぶこと、成長すること。そして染み込んだ体験や備わっている資質を駆使して、世界を味わい楽しむことです。身体性や物質が持つさまざまな面を活用して、感覚的な面を発達させていくのですね。

実質的な感覚を得られるのが大事な点なので、曖昧で不確かなものとは相性が合わないともいえる。

何事もゆっくりと進んでいく特徴を持ってますが、これはただ遅いわけではなくて、その過程のなかで何度も何度も確認して、コレだという確かなる感触と確信が必要だからだといえます。だから、コレと決めたことについては強い。ゆっくり着実に、自分の欲するものを手にしていくのです。

11月12日 牡牛座満月の特徴

牡牛座満月

牡牛座の月と蠍座の太陽が向かい合う今回の満月。

私たちのムードを表す牡牛座の月は、五感で捉えられる物事を通して、感情的な充足を求めようとしますが、太陽が目的とするところは、割と複雑で無形なものや神秘的な事柄、隠されたことを知ろうとする方向性がある。カタチあるものとないもの、実感を伴うものと伴わないものとの相反するエネルギーが私たちに何らかの葛藤をもたらすかもしれません。

蠍座の太陽は、人との深い関係のなかで、あなたのカリスマ的な才能を浮かび上がらせてくれます。太陽は水星と重なっており、言語などの知的な部分が一役買ってくれるでしょう。水星が蠍座にいる今の時期、あなたが情熱を注げられる物事を深く深く探求することはとても相性が良いのです。

土星と海王星のセクスタイル(60度。調和的角度)が今年3度目のピーク。精神的な探求やイマジネーションの力が、物質的な収穫へと繋がる配置です。まぁ俗にいう「引き寄せの法則」とかもそうなのですが、こういった、想念を現実化する、みたいなパワーが高まるときでもあります。

この流れは今年1月末に1度目のピーク、6月半ばに2度目のピーク、3度目のピークが今回の満月前11月9日、と言う感じでゆるやかに見たら2019年全体に漂っていて、この3度目ピークの余波が12月初旬までは続くので、ひとまずそのころまでは、引き寄せの法則・ビジュアライゼーション・夢見などを積極的に取り入れていくのがオススメです。

特に今回の満月周辺は、スピリチュアリティ(海王星)に援護された現実化の力(土星)がさらには言語(水星)をサポートするカタチも形成されますから、引き寄せたいことをイメージして、書いて、あなたが望む理想像や最善の結果、というものを視覚化しておくと良さそう。水星逆行中なので、丸々新規で書き起こすというよりは、以前書いたことを見直して改善するような感じで取り組むのが◎。

海王星はイマジネーションを喚起しますが、そのイマジネーションを土星が現実に顕現させます。忘れてはいけないのが、なりたい新たな自分・理想へのアイデアを思い描いたなら、そこに向かっていく行動を「コツコツ実践していくこと」が土星の恩恵を授かるキーだということです。

あとは、書くときに細かいところまで記述すること(土星と水星がセクスタイルで「細かさ」と「正確さ」を感知できるときですから)。リアルな感触をもってイメージできるぐらい細部を書くことが相性goodです。頭で考えるのではなく、感じることを優先しつつ。

ただ、これらの言語化する細かい作業は牡牛座満月時の月の波長とは若干違うので、月が言葉を司る双子座に移る13日の18:30頃以降に取り組むのが、私としてはおすすめ。

牡牛座満月のとき(12日)には、どちらかというとゆったりと構えてネガティブな想念や執着を手放すことを優先するのが効果的です。

そしてお金やモノへの執着のみならずあらゆるネガティブな思いを手放すためにやっておきたいこととして、①自然の中に身を浸して大地・自然の豊かさを感じることで自己を全体的に浄化する ②すでに在るものに目を向けて、ナイという思いを軽減させる ③過去の失敗体験や不幸だと感じていたこと(ネガティブな気持ちを発動させているもの)を、「意味のあるものだった」と捉え直すこと、などが挙げられます。

そんなことやってらんねーって人も、せめて満月時のto do listとして

①不要なものを手放すお願い事(特に物質的なことに関して)

②感謝の気持ちで自分を満たすこと

この二つはぜひ、満月を迎えてから数時間以内に取り組んでくださいね。

月の度数は牡牛座20度(かぞえ)。日常の何気ない事柄から大事なメッセージを受け取れることが暗示されています。自分の感受性に信頼を寄せて、穏やかな気分で流れに身を任せてみましょう。目に映る光景がいつもより優しく感じられ、内的な豊かさへとあなたを導きます。

で、上述した通り、満月時のto do listとは別に、引き寄せの法則を活用した理想の未来を思い描く時間を出来れば13日夕方以降〜14日のどこかで、無理そうなら15日の夜中頃までに設けることをおすすめします。気合いを入れて改まって取り組まなくても、遊び感覚で仕事や家事の合間に理想のライフスタイルを書き出してみるとか、画像で探してみるとかやってみると良いかも。

ちなみに満月を迎えるとき、上記の水星土星海王星すべてとアスペクトを形成しているのが冥王星(火星とも関係してるけど、こちらはややハード)。割とタイトに太陽&月と調和的角度で、良い意味で冥王星がキイてる。物事を根底から変える力がスムーズに両者に流れ込む印象です。個人の自我の力では変えられないカルマを大きな自然の流れのなかでダルマ的なものへと昇華し、本来あなたがあるべき姿へと変容させてくれる可能性が大いにあるのです。

てなことを言うと、なんだそれってなるかもですが、要は自分の好きなものがわかるとか、本来望む道がわかるとか、本心の優先順位がわかるといった感じで、常識や、親や社会の価値観などのフィルターを受けていない自分自身の道に光が当たるということです。

牡牛座の月で、あなた自身の五感を元にこの世界を感じることができるときなので、より自分自身の道を掴みやすい。そして、牡牛座は反応がスローですから、一つ一つ噛みしめることができる。あーこれは好きだ、あーこれは嫌だ、これは心地よい、不快だ、というのが「実感として」わかるということですね。

で、そのためには、静かにゆったりと過ごすことが不可欠です。あくせくしていると自分の感覚を味わう前に状況が過ぎていきます。

満月が起こる12日(できれば前後数日)は、ペースダウンして、緑豊かな場所を散歩したり(満月になるのは夜だから月見も◎)、ヨガで体を感じたり、アロマの香りを楽しんだり美味しいもの食べたり、好きな音楽聴いたり、自分の五感を喜ばせてあげられそうなことをしてはいかがでしょうか。

ボディを通して世界を味わってください。できる限り豊かさを感じられる状況を自分に作ってあげてください。そうすれば、特別なことをしなくても必要なメッセージがやってきます。

牡牛座満月5

太陽は蠍座で、蠍座のルーラーである冥王星が太陽と調和アスペクトなので、満月のあとの一週間ほども含め、オモテ舞台に目を向けるよりも、この世界のあらゆる物事の表層の「裏」にあることに関心を向けるのも良いでしょう。

海王星と水星の120度は、芸術や音楽のみならず霊的世界の理解や研究にも適しているので、普段ならよくワカラナイことも、直観的に理解できるかも。

となると、社会のオモテの世界では話題に上がらないようなぶっ飛んだネタにも首を突っ込んでみる価値があるかもしれない。オモテの常識なんて、あっちの世界からしたら驚くべきどうでもよさだったりするし、教えられてきた歴史はもしかしたらお偉いさんの都合の良いように組み替えられたものかもしれない、挙句の果てにはそもそもこの世界は全部冗談かもしれない、「なんだそれー!」みたいなネタも今なら「なんか体がYESと言っている気がする」なんてことを体験するかも。

真偽を見極めることが直ちに大事なわけではなくて、当たり前だと思っていることはもしかしたら当たり前じゃないかもしれないんだ、という視点を入れてみることが物事の表層の裏を知ることに繋がるのです。

地球に、日本に、生まれて、当たり前に教えられてきた多くのことが周囲の人のフィルターがかかった状態で伝えられています。でもその一方で、あなた自身の目で見て、耳で聞いて、手で触って、口で味わって、肌で感じて、心で感じて、自分で学習して、自分で試してみてetc、、、この世界を自分のセンサーを通して探索することは、人として生まれた醍醐味でもあるということを忘れちゃいけない。自分の身体感覚と五感センサーに然るべき信頼を寄せ、牡牛座世界に共鳴していきましょう。

一点、ささやかな注意点として、海王星が金星に対しては90度の角度を取ってますから、娯楽ゴトや恋愛においては、過度のロマンティックなストーリーや幻想的世界に対しては冷静な態度で向き合うほうが◎。ロマン至上主義でいっちゃうとアウト、笑。冷静さと良識があれば大丈夫です。

さっき上で引き寄せとかビジュアライゼーションの話をしましたが、理想を思い描いたとして、その理想の感覚で一気に散財とか猛烈なアプローチにいっちゃうと、後でカンタンに崩れかねません。

って、もはやこの辺は星読みとして伝えなくても感覚的にわかってれば大丈夫なんだけど、占いとかで今はGOみたいに言われると普段できないこともやれたりして、変に行動力ついちゃう怖さもあるのであえて言いますが。

今回の満月は牡牛座-蠍座軸の配置なのでお金!って感じは確かにしますが、一攫千金やあとロマンティックな恋愛を夢見ることはあまり賢い選択とは言えないような感じです。むしろお金は出ていくときかも。牡牛座のルーラーは金星。金星は射手座にいて、いろんな冒険をしたがっている。満月のとき金星は5ハウスで本領発揮して勢いづく。満月前には月と天王星が重なって、感情的にドカンと状況を変えたくなるような波も来る。もちろん個人のテーマが別にありますから、人によってはドカンと社会的役割が変わったり、お金がドカンと入ってくるというのもあるとは思いますが。

まぁいずれにしても、一攫千金を夢見るよりは、そんなお金などの物質的豊かさにまつわる執着を手放すことのほうが堅実。豊かさイコールお金、という狭義の豊かさイメージに縛られている自分から卒業することこそがあなたにとって必要なことなのかもしれません。

引き寄せの法則を上手く取り入れることや、恐れや不安を手放してワクワクを選んでいく、というのはベースとして意識してほしいのですが、そのことと、「現実を錯覚することや過度の理想化」はまた別なんですよね。後者は幻想。

ありのままを見る、ありのままを感じる、ありのままを受け入れる、ということは喜びの状態を維持し続けるうえで、とても、とても大事なことなのです。で、このbeingな感覚が牡牛座のライトサイド。五感を研ぎ澄ませて、あるがままの世界にYESと伝えていくことで、あなたにとっての真の豊かさが引き寄せられてきます。

この豊かなエネルギー、豊穣な活力というのは、今回の満月では火星と木星のセクスタイルがあることからも、比較的スムーズにもたらされるような気配。穏やかなんだけど活力には満ちていて、先導力と幸運を与えてくれるように思います。

豊かさを選ぶのか、欠乏を選ぶのか、本当の豊かさとは何なのか、というのは、あなたが周囲に何を引き寄せるのか、という意味で非常にポイントとなります。もちろん豊かさを選びたいですけどね。

豊穣のサイン牡牛座の満月が、その道筋をつけてくれます。

牡牛座満月3

半年前の牡牛座新月記事で似たようなこと書きましたけど、(不安から)お金欲しいー!って願うのは逆効果です。「私は恐れの世界を選びます」と宣言しているようなもの。既に私は豊かなんだというところから出発するのが望ましい豊穣スタイルです。

だからこそ、その前段階としてお金の不安に苛まれていたりモノで欠乏感を満たそうとしている自分の意識を手放していくことが必要。その手放しのタイミングとなるのが今回の牡牛座満月ではないでしょうか。

全部満たされていることを感じてみる。世界は豊かさに満ち溢れていると視点を変えてみる。本心ではまだそう思えなくても少しずつ豊かさの波長に自分を移行させていくことが得策です。

冥王星からの影響として、感受性や心理的知覚に刺激がありそうですが、より深く本質的なところを捉えることができるときでもあります。過度な感情的な反応があったとしても、そのおかげでポジティブな心理的変化や意志的変化が期待できる。満月前日に月と天王星が重なることを考慮すると、「あー、もーコレ無理ー!」と急激に何かに嫌気がさして悪い習慣や悪縁からスパッと距離を置ける、とういうこともありえます。

ということで、色々言ってきましたが、簡単にまとめると、

・お金やモノに執着する原因となっている恐れや不安を手放そう

・ゆったりと過ごして五感の恵みを受け取ろう

というのが今回の満月で意識したいことです。冒頭のメッセージに戻りましたけど。

恐れや不安を手放すって結局何すればいいのよ〜!と感じる方、もちろん手放し用のお願いゴトを書くだけでも良いのですが、牡牛座の満月であることと水星逆行中であることを考慮して今のタイミングで手放しワークとしてオススメしたいことは上述した通り、

①自然の中に身を浸して大地・自然の豊かさを感じることで自己を全体的に浄化する

②すでに在るものに目を向けて感謝し、ナイという思いを軽減させる

③過去の失敗体験や不幸だと感じていたこと(ネガティブな気持ちを発動させているもの)を、「すべて意味のあるものだった」と捉え直す

などです。時間のある人はぜひ取り組んでみてくださいね。

繰り返しますが、内側に渦巻く不安や恐怖があるなら、そこを手放していくのが先です。

そしてそのうえで自分が心地良くいられる感覚を保つための、ワクワクや喜びに基づいた選択をしていきましょう。

  • スローダウン
  • 自分にとって真の豊かさとは何なのか
  • 大地を、自然を、感じる
  • 平和第一
  • 心静かに耳を澄ませる
  • Be here now精神で
  • 五感が喜ぶことを選択する

↑このあたりを満月周辺の過ごし方として意識しておくことも忘れずに。

ということで、以上が全体としての内容です。

話してきたことは、ご自身のネイタルチャートで月をはじめ他の天体が何ハウスにあるか、どんなアスペクトを取っているか、などでテーマとなる舞台も表れ方も変わりますが(五感が満ち溢れるのが仕事の人もいれば家庭の人もいるし遊びの場で出す人もいる等)、必ずしもチャートを見なくでも大丈夫です。

今あなたが自分の感覚としてテーマになっていることを思い浮かべてみてください。そして、その事柄に関して自分の五感を使って豊かさを感じることを心がければ、今回の牡牛座満月においてはベストな過ごし方ができるのではないかと思います。

でもやっぱりもっと個人的な運勢が知りたいんだという方は、12月か年明け頃(まだ未定)に受付再開する個別星読みセッションをご検討ください〜★


お金があって才能もあれば、より多くの選択肢から選び取ることができるのは確かです。モノが充実すれば便利だし楽しいし、より安心感を得ることができるかもしれない。でもそれだけでは足りない別の豊かさもある、きっと。

あなたにとって、本当の豊かさって何でしょう。

ってことで今回はマッキーをチョイス↓。もはや菩薩レベル。合掌。


補足:水星逆行中の対策

11月1日から始まった水星逆行が11月21日まで続きます。

この時期は通信障害やコミュニケーションの誤解などが普段より起きやすくなるかもしれません。メールや言葉による確認等は慎重な態度が吉と出ます。

今変更が必要なことがある場合は、詳細をチェックするのが◎。長期スパンの視野や計画が必要なことに着手するより、部分的な改善を。

勢いとノリで前進するよりは、立ち止まって考え直して要確認。失くしたものがあるのなら出てくる可能性あり。壊れたものを修繕をするのもGOODです。新しい分野を新たに勉強するよりはこれまでの復習に注力してみましょう。

過去のものとして終わっていたことが蘇る可能性。再会。昔の恋人や友人にばったり会ったり。

で、水星逆行の期間に覚えておきたいことは、すべてを今の自分のために活かすということ。

過去のことだからと一蹴せずに、今の自分だったらどう感じるか、当時自分がかけていた色眼鏡が外れた今、客観的に見たらどう見えるかと振り返ってみるのも良いでしょう。いずれにしても、あなたにとって必要な過去が照らし出されます。そして、かつて自分が与えていた意味を書き換えることによって、過去の出来事が現在の自分に新鮮な影響をもたらしくれることもあるのです。

蠍座で起こる水星逆行期間中、あなたは、過去が想起される出来事を通して自分の内奥を覗くことになるでしょう。そして、自分自身の核に触れたあなたは、それまでとは違う目で過去を、そして現在を捉え、再生への道を辿るのデス。

ではでは、

あなたが素敵な牡牛座満月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

蠍座新月

10月28日 蠍座新月のこと。秘められた思いをキャッチして、依存から自立的共存へと脱皮するとき

2019年10月27日
牡牛座新月

5月5日 牡牛座新月。今すでにある豊かさをカラダで感じるとき & 豊かさマインドを強化する7つの方法

2019年5月3日

 

スポンサーリンク

その他の記事