3月10日 乙女座満月。ウェルビーイングへの道に光が当たるとき

乙女座満月 占星術

3月10日 am 2:48 乙女座の満月です。

今回の満月は、健康や衛生、自己管理など「身の回りの実際的なこと」に関わりのある乙女座で起こります。自分自身のケアをきちんとする、生活や仕事における細々としたことを調整するなど、実務的なレベルで見直す機会を作りたいところです。

世の中の混乱モードが続きそうではありますが、現在の星の配置の影響下でどんなことを意識しておけばいいか、今の時期をポジティブな過ごし方へと転じていくためには何がポイントとなるのか、星の動きからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のサイクルに軽やかに乗って有意義な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

3月10日 乙女座満月周辺で意識したいこと

月は乙女座、太陽は魚座、両者が真向かいに位置し、互いに刺激し合う関係にあるのが今回の満月。

月は私たちの無意識に「反応」を起こさせ、気分や感情を作り出します。乙女座の月のもと、私たちが内側で感じ取るものとしては、”乱れていることを整える”、”こまやかな配慮をもって物事に取り組む”、”自己管理をして状況を改善する”といった感じで、「ウェルビーング(well-being)」へと気持ちが引き寄せられるときです。

前回の満月は獅子座で起こりましたが、「自分が何をしたいか」「自分をどう見せたいか」ということが獅子座のテーマだとすれば、乙女座のテーマとなるのは「自分には何ができるのか」です。現状をチェックして、より改善できることは何か、細かく観察&分析し、整理整頓し、実際に役立つ形で要望に応えるのが乙女座なのです。人に「奉仕」することにも繋がりますね。

12サインのサイクルとして、牡羊座から始まった「個人の育成」の最後の段階であるのが乙女座。一つ前の獅子座では個人の価値が評価され「楽しさ」が大事なポイント、でもそのあとの乙女座では「楽しいのは分かった、で、それって役立つの?」という実用的な効果を追求するのですね。

となると今回の乙女座満月では、「ワクワクー!楽しいー!」ではなかったとしても、現実世界で自他の役に立つ、あるいは実際的効果があるのであればそれは必要なこととして行動すること、そして、なんらかの状況改善や自己管理能力をアップさせるべく身の回りの”調整”に取り組むことがラッキーアクションだと言えるでしょう。

本来乙女座はどちらかという個人技でいきますが、今回の場合は少し「協同」を心がけてみることがキーになりそうです。一人で抱え込まず、周囲の協力を仰いだり、自分も周囲へのサポートを心がけたりするなどして”共同作業”を意識してみましょう。周囲への思いやり、優しさ、お互いのことを配慮する心がけがあなたの気持ちを何らかの形で「満たす」ことにも繋がるはずです。

現在占星術のサイクル的には、一年のスタートの直前のタイミング。3/20に太陽が牡羊座入りして(春分の日)一年の新たなサイクルが始まり、3/22にはいったん土星が水瓶座入りすることで世の中の動向にも変化があるかと思います。この新たなステージを一人ひとりが軽やかな態勢で迎えるべく身辺整理をしておくことが、皆に共通する開運ポイントだと思うのですね(各人取り組む課題は異なるとしても)。

やるべきこと&やるべきではないことを分別し、目に見える形で状況を改善することを心がけてみましょう。

  • 日常生活を整える
  • 身体のケア・健康管理
  • 自らのコントロールが及ぶ範囲において対策を講じる
  • スケジュール調整
  • 物の整理整頓・仕事のプロジェクトなどの細かい調整
  • 衛生管理・掃除・断捨離

上記のようなことに関して、あなた自身の状況に当てはめてみたときに、改善した方が良いと思うことが何かありそうか、自分の日々の心がけで向上できるのはどんなことか、少し思い巡らしてみてください。ディテールを放置していたこと、もっと細やかなケアが必要だと思うことはどこか、がチェックポイントとなります。

ご自分でチャートを見る方は、乙女座19度(月の度数)が自分のチャートの何ハウスにあるか、そしてそのハウスが司る領域において、

  • あなたがいま調整を行ったほうが良さそうなこと
  • 整理整頓をしてスッキリした方が良さそうなこと
  • もうちょっと分析をしてみる価値がありそうなこと
  • 緻密さがポジティブな結果をもたらしそうなこと
  • 周囲の役に立てそうなこと
  • 自分が「求められている」役割がどんなことか

といった視点で振り返り、改善の方向へと意識を向けていくようにしましょう。いつもより少し細かく”分析や観察”をしてみると、今の自分にとって必要な次なるステップを発見することになるかもしれません。

ただし、清廉潔白・完璧主義な乙女座です、ついつい「デキてない部分」ばかりを指摘したくなるかもしれませんので、既に上手くいっている部分、自他の良いトコロをきちんと認め、褒めてあげることも、満月付近では忘れずにいてくださいね。

2月初旬からの変化を振り返る

別の側面からの振り返りポイントとして、水星を考慮してしましょう。

魚座で逆行を始めた水星が、水瓶座まで戻ってきましたが今回の満月時には「留」の状態となっており、まもなく順行へと転じます。

ちなみに、普段水星はちょこまか動きまくっているので(笑)、動きがなくなる時は少々気になる。9,10日あたりは念のため生活や仕事において「ちょっと慎重モード」でいるのが得策かもしれません。満月でテンションが上がる部分もありそうですが、「いきなり走り出さない。まず少し歩くこと」を頭の片隅に入れておく、という感じでしょうか。(しかも10日は夕方ボイドなので、この局所的なポイントで何か大きな決断を下すのは、どうせなら「一応」避けたい。)

とはいえ、水星は乙女座のルーラーでもあるのでこの「留」と満月のタイミングが重なっているのは非常に興味深いポイント。

満月時に水星は水瓶座の28度で留、前回この度数に水星がここにいたのは2月の2、3日。ということで、二月始め頃をちょっと思い出してみてください。

この時期に考えていたこと&テーマになっていたこと、この頃から浮上した課題や変化、この頃から始まったプロジェクトや取り組みが何かあるでしょうか。もしかすると、それらは現在も未解決のままだったり、中断していたり、思うように進んでいないかもしれず、今また向き合うことになっている、ということもあるかと思います。

その場合、満月が過ぎて水星順行に転じるのをきっかけに徐々に風向きが変わり、前に進んでいく流れになりそうです。そのあたりも含めて、今後の生活や仕事の再調整、スケジュール調整が必要になるかもしれません。

前向きなデイリーマネジメントを

いくつか振り返りポイントをお伝えしましたが、最終的には自分自身に尋ねて「今のあなたにとって必要なデイリーマネジメント」に励むことが最も大切。これからの新しいサイクルにスムーズな流れで移行していけるよう身辺整理をすること、体調を整えること、既に古くなっているものを手放してどんどん軽くなっていくようにしましょう。

コロナウイルスの影響により、例えば日々の仕事がテレワーク&在宅勤務になった際には自己管理は大きな課題になるでしょうし、お勤めムードが低下すれば「え、じゃあ自分で何かビジネスしたらいいんじゃないか」とインディペンデントライフへの関心が高まるかもしれない。外出自粛ムードになることで家で過ごす時間が増えれば、自分の生活周りのことを見直す、といったことへと意識が向く機会も増えるかと思います。

オフラインのイベントが中止になれば、ネット上で代わりに配信する、といった感じで新たなスタイルを模索する必要があったり、子供の学校が休みになることで親側の生活&仕事スタイルに変化が生じることは避けられません。これらは総じて乙女座的な「要望に応じた調整」を前向きにしていくことで後々、「結果的には良かったな」と感じられる変化へと発展する可能性が十分にある。

必要に応じて自分なりのロールモデルを見つけ分析し、見習い、より良い方法へと軸を変えていくことが、少なくとも満月付近では、プラスの効果をもたらしてくれるはずです。

幸いにも乙女座満月付近では、実務的な乙女座のエネルギーに乗って身の回りのことにうまく対処することができる予感。なにか自分なりの目標を決めて日々のルーティンを変えてみる、といったことについても、宇宙からの応援がありそうです。

満月時には同じく地のサインである山羊座に座する天体たちからの調和的なサポートがあるため、実現力を伴うものになりそうですし、周囲(社会)にもたらす影響としてもポジティブなものになるのではないかと感じます。

一方で、自分に対しても他者に対して、そして社会に対しても批判的に見過ぎることには注意です。気になることも心配なこともたくさんあるかもしれないけれど、自分の身に起こっている目の前のことを近視眼的に観察するのではなく、もっと大きな視点で流れを捉える必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

引き続き魚座エネルギーの影響&その他の星の配置

魚座で太陽と海王星が重なっているここ数日、自我からすればこれまで当たり前だった日常に霧がかかり、一体いま自分がどこに向かっているのか、世の中がこれからどうなるのか見当がつかない、といった曖昧模糊とした感覚に陥ることが影響として考えられます。

他には、この世(自我)とあの世(霊的レベル)の輪郭線がボケボケになって、なんかよくわからない不思議なことが起こる、非現実的・非日常なことを経験する、ということもあるかもしれません。

天王星と金星の合にノード軸が絡んでいることを考慮すれば、「え、嘘でしょ?」と思うほどのミラクルな突然の”出会い”や”ご縁”もあるかもしれない。でもこの謎の出会いやご縁が、今の時期「地のエネルギー」が強いおかげで、あなた自身の夢や目標をリアルに叶えるための何らかのきっかけになるかも、ということなのです。

海王星によってヴェールに包まれた太陽は、私たちの生き方に幻想性がブレンドされることを暗示します。普段の暮らしの中に流れている「世俗意識・現実感覚」がボヤけるときだとも言える。これは人によっては、自分が世界から隔離されているような孤独感を味わうことにも繋がるかもしれない。

ただ、その一方で現在の状況は、あなたがこれまでの日常の環境で当たり前のように触れていた「世俗的なノイズ」を祓い落とすチャンスでもあるということ。もちろんこれは、こないだの魚座新月でお伝えしたように、不安ばかりを煽るニュースを追い続けない、ダークサイドのエネルギーに呑み込まれないようにする、という条件付きではありますが。

太陽魚座期である現在、今回の乙女座満月でも前提として「美しいことに波動を合わせること」が非常に大事なポイントであることには変わりません。そこを忘れずにいれば、

  • 本来の自分にとって純粋かつ理想的なビジョンを見る
  • 自らの神性を思い出す
  • 寝たときに見た夢がきっかけで変容が起こる
  • イマジネーション力&直感力アップ
  • 芸術的感性、感受性を高められる(映画見たり絵描いたり音楽聴いたりとかgood)
  • ビジュアライゼーションで夢を現実に引き寄せる

といった感じで、恩恵を受けられることは以前お伝えした通りです。

そして太陽&海王星のエネルギーをポジティブに活かしたいのであれば、外の環境に振り回されるのではなく、内的世界を豊かにすることを目的にして日々を過ごすことがやはりオススメ。インドアな活動を楽しむことに切り替える、普段なら後回しにしている「家の中でできること」に取り組む、身の回りを整える、これらは乙女座満月がテーマとする”調整作業”ともリンクすることです。

そして何より、月&太陽(+海王星)に対して、サポート関係にある木星と冥王星の存在(ゆるく火星も)は心強い。たとえ今、あなたが進んでいる目の前の道が曖昧で不安なものであったとしても(魚座太陽&海王星)、何らかの変容と向上のために「導かれているのだ」と信じて進むことが必要なのですね。そして今のタイミングでこの流れに良い感じで乗るためには、地に足をつけて日常の細々としたことを改善する、ウェルビーイングへの欲求を満たすこと(乙女座月)がゆくゆく恩恵をもたらしてくれそうだ、ということです。

他に注目すべきポイントとしては、牡牛座にて重なる天王星と金星。金星の「美的センス」に、天王星の「独自性」がブレンドされて、研ぎ澄まされた感性が呼び起こされるとき。天王星がもたらすのは「離反」、金星はあなたが何を愛でるのか、価値を見出すところです。

天王星と金星がドッキングすることで私たちが受ける影響は既に満月の数日前からきているのですが、この星の流れによって、あなたの五感が「快・不快」「好き・嫌い」とするラインが明確になったり、これまで何らかのかたちで制限されていた価値基準に閃光が走り自分にとって本当に価値あることに気づく、これまでラブだったものが急に冷める、代わりに新たな愛やワクワクを感じるところに強烈に向かいたくなる、といったことがあるかもしれない。

そして、こういった感覚が今現在あなたの内にあるとしたら、辿り着く先は新たなる愛のカタチ、新たなる自由・独自性への希求そして獲得、あるいは経済的自立への目覚めなどでしょう。冴える感性を良き流れへと繋げていくためにも、日々変わる外的状況やデマやネガティブな情報に振り回されずに「自分の内なる感覚に耳を澄ますことができるか」ということが、さきほどの太陽海王星の課題とも重なる部分ですが、やはり大事なわけです。

金星と天王星の影響下で、一人ひとりが自分自身の感性や独自性に目覚め個人のパワーを開花させていくことは、これらがノード軸と調和座を形成していることからも、私たちの集合意識、魂の進化にとって必要な目覚めであることは確かだろうと思います。自らの五感を尊び、自立し、「送りたい人生を自ら選ぶ生き方」へとシフトすることが、あなたにとって必要なご縁を引き寄せることになるはずです。

ただやはりちょっとしんどいなと感じるのは、牡羊座のカイロンがノード軸とTスクエアを形成していること。社会において、自己の存在意義に危機を感じる経験をしそうな雰囲気が漂っている。

つまりこれは、現在の世の中の状況を考慮すれば、日々変わる外部の状況によって「自分の存在が無視されているような」「自分の意見が聞いてもらえないような」無力感、あるいは社会で然るべき権利を手にしていないような不平等な感覚を味わうことを意味しているのかもしれません。個の存在に対して、社会体制が多大な影響を及ぼすことにもなるでしょう。

それでもなお、現在の星の配置を考えると、私たちがどこか必要なところへと「導かれている」という感覚をもっておくことが、これからあなた自身の選択を最適化していくためには必要なことだろうとワタクシは思います。

ということで、話が色々と広がりましたが、、乙女座満月のメインテーマは

  • 日常生活を整える
  • 身体のケア・健康管理
  • 自らのコントロールが及ぶ範囲において対策を講じる
  • スケジュール調整
  • 物の整理整頓・仕事のプロジェクトなどの細かい調整
  • 衛生管理・掃除・断捨離

といったことであるのは前述のとおり。身の回りの生活で改善できることが何かないか、たとえ世の中が混乱していて色々な不安があったとしても、”自分の日々の心がけ”で対処できることはどんなことか、自分なりの形で周囲の役に立てることはどんなことか、いろいろと思い巡らしてみてください。そしてできれば一つ実際に思いついた改善策を実行してみてくださいね。

それでは、あなたが素敵な乙女座満月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

魚座新月

2月24日 魚座新月。魚座のこと、水星逆行などいろいろ。

2020年2月23日
獅子座満月

2月9日 獅子座満月。自愛ありきの慈愛で一人ひとりが輝く社会へ

2020年2月8日

スポンサーリンク

Others