5月23日 双子座新月。オープン!チェンジ!ニューエアー!

双子座新月 占星術

5月23日 am2:40頃 双子座の新月です。

こないだの蠍座満月はダークサイドと向き合うことで光を見出すような雰囲気でしたが、今回の双子座新月はとても軽やかで風通しの良い兆しが漂っています。新しいコミュニケーションの形、新しい考えや手段、楽しい交流をもたらしてくれそうな賑やかな新月。

個々人の具体的テーマは異なるものの、共通して言えることは「多様性を楽しみ、柔軟であること」が新しいステージへ進化するためのキーポイントです。

今どんなことを意識しておくのが良さそうか、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のリズムとシンクロして有意義な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

現在の星廻り

5月20日の夜、太陽が牡牛座から双子座へ移動しました。ここから約1ヵ月間、私たちの意思は「情報/コミュニケーション/交流/知的好奇心/移動」といった双子座が司るテーマへと向かいます。また後述しますが、この約1ヶ月間、基本的には下記のようなことを心がけるのがオススメです(太陽は6/21早朝まで双子座に滞在)。

  • テンポのいい会話
  • オープンな社交性
  • 思考力鍛える
  • 身の回りの人たちとの交流
  • 双方向のコミュニケーション
  • 臨機応変・柔軟な態度
  • 遠くの世界よりも身近な環境に目を向ける
  • 物事の両面を知る
  • 知的好奇心を満たす
  • 学ぶ・教える・伝える

このように多様性を楽しみ、オープンな態度で外の世界と接することでご自身の生活の中に新しい風を取り入れるきっかけを掴むことができます。知覚力もアップ。脱・かつてのビリーフシステム。

特に5/23の新月図では柔軟サイン&風サインが優勢。ここ数日の間、「自分の中にある”柔軟性”や”しなやかさ”、はたまた知的好奇心がどんな形で発揮されるか」を観察してみると面白い発見ができるかもしれません。逆に言うと、このタイミングで「ガチガチに何かを決める」とか「自分の一本気な側面をアピールする」とか「ウェットにディープにしっとり過ごす」とかは今あえてしなくても良いんじゃないだろうか、という感じです。

普段、「自分なりのこだわりが強烈にあってスタイルを一貫させている人」「物事を安定させることは得意だけど周囲の状況に柔軟に自分を変化させることが苦手な人」は、軽やかな順応性を発動させられるときでもある。凝り固まったところに「変化」を入れやすいときなのです。

(↑たとえば出生図で、特に双子座に天体がなかったり、インターセプトされてる場合などは、こういう時期に双子エネルギーを活性化させるチャンス!)

知的活動の波には乗りやすい分、「なんだか落ち着かない」と感じる可能性はあります。頭で考えすぎたり外の情報を過度に追い求めすぎて、内なる直観や身体からのメッセージを置き去りにしてしまわないようにしましょう。

現在あなたが向き合っている事柄に関して(お金/仕事/健康/子育てetcなんでも!)、ぜひとも太陽双子座期は(そして新月前後では特に)「様々なオプションがあるんだ」と開かれた姿勢で向き合うようにしましょう。「物事にはたった一つの正解・選択しかない」というポリシーはいったん手放すこと。そうすることで、これまで自分の視野には入ってなかったけど実はそこら中にあった数々の可能性や選択肢に気がつくでしょう。

双子座の性質は射手座と比較してみると分かりやすいですね。射手座が「本を出版する」という長期的な目標地点に例えられるとすれば、双子座の視点は「(本を出版したいから)まずは”今日”、ブログを書こう/まずはSNSで自分の意見を発信しよう」という身近なトライです。出版までの道のりは人それぞれなのだから、まずは自分が今できることを一つ取り組めばいい、ということです。

ちょうど太陽が双子座へと移ったタイミングで、関西圏での非常事態宣言が解除されることが決まりましたね。双子座は「移動」を司るので比較的身近な範囲での人々の移動・交流が活発になることは星的に見ても明瞭。

ただ、諸々の天体逆行のこと、特に土星が7月に山羊座に戻ることなどを前提にするならば今は「調整期間/見直し期間」のようなとき。かつての日常が、世界が、そのまま戻ってくるわけではないため(元通りにはならない)、あくまでも新しい生き方・生活スタイルへと刷新することを前提にして動くことがベストです。

スポンサーリンク

5/23 双子座新月時の天体配置

今回の双子座新月の背景にある天体配置についてお話しします。

5月23日、双子座2度にて重なる月と太陽。敏捷性に富む双子座新月に対して、水瓶座の土星がトラインの調和的関係。エネルギーの安定化、視点が具体的&明確になる、といった好影響をもたらします。あちこち動きまくる風&柔軟サインのエネルギーに対して良い具合に「具体性」がもたらされ、前に進むことへと繋げてくれそうです。

つまり、軽やかなムードだけれども未来への長期的な展望を期待できる配置で(土星は未来志向の水瓶座に滞在)、今回の新月であなたが掲げる意図、願いが、長期的に影響力を持ち続け、実現化することをサポートしてくれるのではないかと感じます。

水瓶座土星は、まだ私たちが手にしていない未来のビジョンと関わります。来るべき理想の未来ビジョンを描き、双子座らしく情報収集をし、新しい視点で社会システム(土星)を作っていくことを目指しましょう。

ちなみにこの土星は5/11から逆行していて、他にも現在は金星/木星/冥王星が逆行しているので、さきほども言いましたが全体的には再調整モードに入ってるシーズンです。物事の実現化や発展には時間がかかることも考えられますが、その分一歩一歩確かめながら振り返りながら進めることで必要な成長を遂げることができます。

また、双子座には水星と金星も滞在しており、この金星と水星はぴったり重なった状態。水星はオウンサインの双子座で本領発揮中。そこに金星の「ワクワク」が加わります。

「学ぶの楽しいー!」「人と話すの楽しいー!」「人と繋がるの楽しいー!」「アウトプット楽しいー!」「とにかく色々吸収したいー!」という感じで、人との交流や知的好奇心を満たすことに対してはぜひとも好意的でいたいとき。開かれた状態でいることで新しい出会いへと繋がったり、新しい分野を開拓できたりと色々な可能性があります。

(↑新月を過ぎると水星と金星は離れていきますが、5月29日に水星が蟹座に移動するまでは、水星&金星&太陽の双子座集合期は続きます)

双子座エネルギーが強調される新月ですから、気の散らばりを有効に使うためStay homeならぬ「Stay mindful」でいることが宇宙からのギフトを受け取ることに結びつくでしょう。これは太陽が双子座に滞在する約1ヶ月間、同様に意識しておきたいことです。

つまり、

自分がどんな人と関わり、どんな発言をし、どんな交流をするのかなど、自分の言動に関して自覚的であること。自分や他者がどんな考えや思いの元、言語化しているのかに思いを馳せること。言葉を表面的な部分だけで受け止めて「反応」するだけでは大事な情報を見落としてしまうかもしれない。(ちなみに、自分が得たい情報に関しては”ファクトベース”で収集・思考することが今の時期フィットします。)

そして、双子座金星&水星に対する魚座海王星のコンタクトを考慮すれば、慈愛や優しさを忘れずに「誠実な態度で交流すること」が双子座の暗面に陥らないためには地味に大事な点です。

シリアスになる必要はありません、むしろコミカル&ユーモアが双子座のスタンス。新しい人たちともどんどん繋がるべし。新しいことにもどんどん首を突っ込むべし。しかし「軽やかであること」と「軽んじること」、そして「自分のオピニオンを伝えること」と「誰かの存在や立場を断罪すること」は同義でないことを意識しておいたほうが良いかもしれません。

言葉は諸刃の剣、言葉が放つエネルギーにいつも以上に繊細であるべきです。あなたなりの真実の言葉を、愛を起点にして発すること。言葉による愛情表現(双子座金星)も、普段は恥ずかしくて出来ない人ほど積極的に行いたいところですね!

上記のような双子座”暗面”のシグナルは、今回の双子座シーズンの注意点として新月時の星の配置からも読み取れます。一つはさきほど言った、双子座金星&水星に対する魚座海王星のコンタクトからの一側面。慈愛や優しさを大切にして「誠実な態度で交流すること」で不要なトラブルを避けることができます。

また、おしゃべりな太陽&月が火星とスクエア、他者を顧みない自己主張・発信はトラブルの原因になりかねない。好奇心MAXの水星&金星が海王星とスクエアで、金星は逆行中ですから身近な人間関係にきちんと寄り添えているかは課題となるところ。知的活動は活発になりますが、愛を巡るトラブルは”頭”だけでは解決できません。

海王星の介入がマイナスに働くと考えれば、お互い何らかの「思い込み」が勝手に暴走してしまっているだけかもしれません。事実は何なのか、というリアリティに立ち戻ることが有効でしょう。

また、魚座海王星スクエア=「現実感覚の緩み/詐欺」、双子座水星=「情報」、双子座金星=「豊かさを予感させる社交」とみれば、怪しい情報商材や給付金系のデマ・混乱にも注意かもしれません。

双子座のルーラーは水星ですから、今回の双子座新月で水星がどんなアスペクトを形成しているかはかなり重要。双子座水星×魚座海王星のハードアスペクトは、真実と虚偽の交錯とも読めます。テレビを観る人は特に、マスメディアによって受けている洗脳があるかもね、という視点に立つことが大切だと感じます。マスコミ情報が正しいとは限りません。

という感じで、一応注意点もお伝えしておきましたが、今回の双子座新月は全体的に観て、とても楽しみな配置です。日本全体のムードでみれば各々が自分の才能や資質をいかした稼ぎどころのアイデアを得そうな気配もありますし、仕事が現在のテーマではない人も何らかの形で生活に新しい空気を取り入れるのがオススメ。

新しいコミュニケーションスタイル、新しい発信方法、新しい学習を始めるなど、とにかく「オープン!!」にアクションを起こしてみると良いでしょう。

自分でホロスコープを見る人は、今回の新月が自分のチャートの何ハウスで起こるかをチェックしてみると、そのハウスに関する領域で「新しい風」が入ってくることを実感できるかもしれません。

最近気分が落ち込んでいた人、鈍重モードで新しいことにあまりトライしていなかった人は、フワッと軽くなる感覚を味わえるかもしれません。その気分に乗って少し前に進んでみてください。

スポンサーリンク

双子座新月&太陽双子座期に意識しておきたいこと

ということで、既にいくつかはお伝えしましたが、改めて今回の双子座新月そして太陽双子座期に意識しておきたいことを書いておきます。

双子座期意識ポイント
・好奇心が全ての鍵

・ファクトベースで情報収集

・柔軟に対応する

・会話の喜び

・着実な成果より、まずはトライ

・ロジカルシンキング

・日常のコミュニケーションに磨きをかける

・マルチタスク、ドンと来い

・Quick Response!

・何かを学ぶ機会を作る/スキルアップ

・新しい情報に対するオープンな態度

・情報は収集するだけでは意味がない、どう活かすかが大事だと心得る

・多様な世界を受け入れる

・嘘つかない

・ゴシップ垂れ流さない

・自分のコミュニケーションの在り方について模索する

・新しい製品やサービスの導入は前向きに

・関心事がどんどん変わるのは自然な時期だと心得る

・ ENJOY speaking, writing, learning, and teaching!

・これまで知らなかったことに首を突っ込んでみる

・気分転換は小刻みに

双子座新月の願い事

新月を迎えたら、ぜひお願い事をしてみましょう。

新月は「新しい意図を掲げる」「新しい方向に自分を向ける」「新しい自分になることを決意する」といった感じで、前向きに意図を放つことで流れを変えられる好機です。

この新しい意図を掲げることが、今回の場合「双子座的なこと」であればベストです。上で紹介した双子座的意識ポイントを参考にするのもアリですし、そのほかご自身の現在のテーマとなっていることに関して願い事を放ってみましょう。

双子座っぽい願い事を例として少し挙げておきます。

  • 多芸多才スタンス、マルチな活動で生きていきたい
  • ユーモアのある/ウィットに富む知的な話上手な人になりたい
  • もっと多様な情報に触れて(本を読んで)知識を増やしたい
  • 情報リテラシーを向上させたい
  • 自分のメディア(ブログやSNSなど)で語りまくりたい
  • 論理的に考えられる人になりたい
  • 文章や言葉を扱う仕事をしたい
  • 臨機応変に対応できる人間でありたい
  • 流行に敏感でありたい
  • もっといろんな場所を訪れて活発な日常を送りたい

双子座は風サインなので数字や何らかのデータベースを元に、自分のモチベーションアップにつながるような”根拠”を出して、そこからオリジナルの願い事へと反映させることもオススメです。

ファクトが大事な双子座ですが、ファクトベースの情報と言えば、、、最近読んだ本でテンション上がったのが『FACTFULNESS』と『シン・ニホン』。これまでの日本のこと世界のこと、そしてこれからの未来の可能性を探る際に、占星学観点あるいはスピリチュアル観点で見渡すことは役に立つとワタクシは考えています。ですが、そこに実際の社会的事実や統計を結びつけて未来を展望することは風の時代を爽快に駆け抜けるためにも必要だなと思います。

データ×AIの力を解き放てば、情報の識別、予測、また目的が明確なことの実行系はことごとく自動化される。これは確かに偉大なことだが、これらの業務から解き放たれてなお、人間に残る役割がある。自分なりに見立て、それに基づき方向を定めたり、何をやるかをきめること、また問いを立て、さらに人を動かすことだ。

(中略)

本当の意味で肉化された知識、知恵がなければその人なりの価値の創出が難しい時代に突入することを考えれば、肌感覚で価値を理解でき、操作できる領域を増やすこと、それを表現することが極めて大切になることは自明だ。

計算機のように隙間なく微細な文言や差を覚えるよりも、このように生々しい質感を感じられる領域、大局的に理解できる領域、自分なりの言葉や表現にすることができる領域を増やすことが大切だということだ。したがってスポンジ的に吸収するよりも、むしろ対象とのぶつかり合いを通じて、自分なりに肉化する力や気づく力が遥かに大切になる。

『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 』

↑なんか風の時代をビシビシ感じますよね〜!

それでは、あなたが素敵な双子座新月の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

スポンサーリンク

Others