11月30日 双子座満月&月食。しなやかなマインドが固定観念を吹き飛ばすとき

双子座満月2020 占星術・星占い

こんにちは、サリーです。

11月30日 18:30、双子座の満月&半影月食です。

今回の満月は海王星のエネルギーが強い影響下で迎えるので、もしかすると人によってはここ数日少し非現実的な感覚に陥ったり、スピリチュアルな感覚の高まりを経験するかもしれません。海王星的な”無条件の愛”に波長を合わせていくためにも、常に自分の言動を「それは愛から来ているのか?」と問うようにしましょう。100%愛で生きる姿勢で!

11月29日の海王星順行を機に、6月終わり頃から霧に包まれていたものが徐々にクリアになってくることもあるかと思いますので、どのように視界が開けていくかを見届けたいところです、個人レベル&社会レベルともに。

また、満月&月食は、これまで取り組んできたことの「結実・達成」のタイミングでもあり、場合によっては「隠されていたものが露わになる」「何らかの”エンディング”への流れがもたらされる」といったときでもあります。月食の流れの中で終わりがやってくるもの、卒業していくものは戻らないことも多い、というのが実感としてもあります。今あなたが「脱・〇〇」だと感じているものがあるとすれば、それはこの先実際に卒業していくことになるのではないかと思います。

現在の星の配置の影響下でどんなことを意識しておけばいいか、今の時期を有意義に過ごすためのポイントなど、星廻りからお伝えできることをシェアしたいと思います。宇宙のリズムに呼応して、素敵な時間を過ごしていただけましたら幸いです。

双子座満月のこと

双子座満月2020-2

太陽が射手座を運行する現在、私たちの意識は「壮大な夢や希望を追い求めること」へと向かいます。「外の世界」へと足を運び、異なる視野や新たな知恵を手にするのが射手座シーズンの醍醐味、ではあるのですが、実際の旅となると今年は少々難しい状況ではありますね。

とはいえ、まだ見ぬ世界への大志を抱くのが射手座らしさです。読書や映画鑑賞などを通じて異世界を感じることはぜひ心がけてください。

一方で今回11月30日の満月が起こるのは双子座。「ここではないどこか」を目指し、深遠な意味を重視する射手座に対して、双子座が重視するのは「いまここ」「好奇心に従って身の回りを動き回ること」「身近な情報に触れること」などです。

”精神や知性のアクティブな活動”という意味では共通するサイン同士のため、いずれにしても今回の満月は知覚のアップデートが起こるときです。

高い次元での「理想の人生」を思い描くことは忘れずにいたいですが、同時に「今あなたの元にやってきた具体的な情報や知識」に軽やかにレスポンスすることによって重要な発見をしたり、何らかの決断をすることになる人もいるでしょう。

スポンサーリンク

満月周辺でのおすすめ振り返りポイント

双子座満月&振り返り

今回の満月のタイミングで振り返っていただきたいポイントを提案します。

11月15日 蠍座新月あたりでスタートさせたこと

11月15日の蠍座新月あたりからスタートしたことを振り返りましょう。このときに何か新しく始めた人は、さらにそれらを今後進めていくためにどんなアップデートが必要か?実際に始めたからこそ分かった気づきを次なる行動に役立ててください。

約半年前の双子座新月でスタートしたことは?願い事の実現度は?

約半年前の双子座新月時(5月23日)に宇宙に放った願い事や宣言の振り返りを。「既に実現したぞ!」ということがあれば盛大に祝福することをお忘れなく!

また、放った願い事に対して思いが冷めたものもある一方で、変わらず願い続けていることもあるはずです。特にまだ実現していないことに対しては、実際に自分がどんな行動を取ってきたかを振り返ってみてください。宣言をしてから実際の行動を起こしてきましたか?何らかの心理的ブレーキが行動を阻んでいたでしょうか?そもそも本音からの願望でしたでしょうか?

2017年末〜2018年はじめの振り返り

さらに今回特に有益だと私が感じている振り返りポイントを紹介します。

今回の満月は双子座で起こりますが、そのルーラーである水星が山羊座天体(土星、木星、冥王星)たちからのサポートを受けているときでもあるのが今。山羊座天体たちのサポートを得て、真実を見通す蠍座の水星があなたに重要な洞察を与えてくれるでのはないかと思います。ということで山羊座に注目。

2017年12月、土星が山羊座に入りましたが、そこからまもなく約三年が経とうとしています。2017年終わり〜2018年前半頃から現在もなお継続的に取り組んでいることがあなたには何かあるでしょうか?それ以前から始めたことであったとしても、あるいはもっと後に始めたことであったとしても、概ねこの三年ほどの間にあなた自身の長期の課題となり、地道な忍耐や努力が求められていたことが人生の何らかの領域であったのではないかと思います。

あなたなりに何か積み上げてきたもの、継続してきたことがあった場合は、そろそろ今年の年末あたりから次のフェーズへと移行するときなのですが、その前に今回の双子座満月周辺で、あなたが辞めずにやってきたこと、頑張ってきたことの背後にあった深い意味やスピリチュアルな次元での意図がご自身の中でクリアになる、洞察を得る、といったことがあるかもしれません。

「あぁ私はこのためにやっていたのか」

「だから今があるのか」

「だからあのときはあの選択を取るしかなかったんだ」

「あのときから実は導きがあったんだ」

といった感じで、数年越しに気づく発見を通して、人生の不思議な流れに改めて思いを馳せるタイミングになるかもしれません。

そして、そうやって過去を振り返り、不思議な導きを感じたのであれば、現在のあなたから見て「もうこれは自分には違うな」と違和感と感じるものからは離れるのが吉です。その反対に、3年前には全く思いつきもしなかった、今のあなただからこそ考えられる新たな戦略や計画、今後の方向性にはどんなものがあるか、などなど「未来」へとも意識を向けていただきたいです。

2012年の冬〜2013年春頃の振り返り

過去を振り返る際のさらなる提案。今回の双子座満月&月食は2012年の冬の月食とも何らかの形でリンクしている可能性があります。2012の冬〜2013年の春頃にかけて起きた変化(この時期に終わったこと、そして終わりがくるときには何かが始まっている可能性)が、実は現在の流れとどこかで繋がっているかも、という感じです。

こちらの振り返りに関しては、当時の満月時とネイタルチャートとの関係によっては特に何もない場合もあるかと思いますが、ネイタルチャートの重要な場所で当時満月&月食が起こっていた場合などは、今の時期似たようなテーマが、年月を経てバージョンアップして再来していることもあります。

パートナーシップ、仕事や家庭、など領域はさまざまですが、当時印象的な出来事があったり、あなたにとって大事な時期であった場合は、振り返ってみる価値があるのではないかと思います。


お時間のある人はぜひ上記のようないくつかの異なる時期で過去を振り返り、かつての古い世界観にはサヨナラを、そして現在の立ち位置の確認、さらには未来への方向づけへと意識を移行していただけましたら最高です。

あなたがこれまで何を大事にしてきたか、様々な経験を経た今あなたがいる場所はどのあたりなのか、どこからやってきてどこに向かおうとしているのか、人生の全体像を掴みながら進むことを心がけてください。

多くの課題や忍耐を乗り越え続けてきたことには必ず意図があります。そしてそこにはあなた個人のこだわりや信念だけでなく、スピリチュアルな次元での課題やミッションがあったのでは?という視点でみていくことも重要です。個人のエゴを超えた視点で自己の過去を振り返るようにすれば、より高次の視点での「人生の目的」を発見することにも繋がっていきます。

スポンサーリンク

過去を振り返ること&グラウンディングの重要性

なぜ今回振り返り面を強調しているのか、つまり過去→未来の視点を重視しているかと言うと。

満月を過ぎるとまもなく水星は射手座に移動します(12月2日)。水星が射手座、そして太陽も射手座に滞在する12月20日&21日頃までは(金星もここに入ってきますね)、向学心が旺盛になったり、楽観的になっていつもより冒険ができるエキサイティングな時期となる一方で、非現実的な理想やビジョンに夢中になったり、自分の本来の居場所から遠く離れたところとも繋がる機会が増えることが考えられます。

大志を抱いたり、未知の可能性を模索するには最適なときなのですけど、スケールが大きくなりすぎたり大言壮語で終わることには少々注意なので、未来志向が全くズレた方向に行かぬよう、少し過去を振り返っておくことがオススメです。

さらに今回の満月は海王星が順行へと転じた翌日でもあり、海王星の影響を強く受けるときです。さらにさらに現在の太陽射手座シーズンは、海王星とノード軸とのTスクエアが2021年の明けをめがけてタイトになっていく時期でもあるので、順行にはなったものの「いったい何が現実で、何がそうでないのか。何が本当で、何がそうでないのか」というのが依然として曇りやすいときでもあるのではないかと私は感じています。

もちろんこういった海王星の神秘的なエネルギーがポジティブに発揮されれば、ワンネスをリアルに感じられるときでもあるし、愛からすべてを行うことを心がければ素晴らしいレベルで大いなる存在との繋がりを強められるときであるのも確か。感受性を良き形で刺激してくれる音楽や小説、アートなどとも好相性です。

ただ同時に現実感覚の歪みがなきよう、グラウンディングは特に意識していただきたいと思っています。流れがグイグイと風の時代へと移行していっている時だからこそ、自分のセンターを意識することはめちゃくちゃ大事です。あと、諸々の”中毒”にも注意です。

12/15射手座新月までのゆるやかな課題

集合的カルマとして私たちが手放していくべきテーマが射手座でもある現在。たとえば自分が信奉する教祖的な人の発信を100%信じるとか、自分が支持している特定の世界観のドグマに囚われるとか、絶対的な人生観や信念に執着する、といったことからも卒業したいときです。相対主義で広く柔軟に、開かれた好奇心で情報を集め学び、多面的に物事を見ていくことが開運ポイント。

ノード軸は、12月半ばに向けて牡羊座火星と調和関係を形成していくので、「複数の選択肢を用意し、柔軟な態度で現実に対応すること」が、新しいことを始めたり、自分のやりたいことを能動的に進めていく上でもポジティブな影響を及ぼしてくれるはずです。

  • あなたがいま繋がろうとしている人や居場所やモノが、あなたが大事にしていることに共鳴する波動であるかどうかをチェックする
  • 違和感を覚えることからは離れ、新しい世界に飛び込む”軽やかさ”を身につける
  • 理想や夢を感じさせてくれてワクワクするものだったとしてもそこに具体的な内容があるかどうか現実面での効果があるかどうかをチェックする
  • たった一つの答えや解決策に執着しない、複数の選択肢を用意し、柔軟に対応する

これらのことは今回の双子座満月を含め、12月15日の射手座新月&日食までのゆるやかな課題にしてくださいませ!

「伝達」することへの苦手意識を手放す

双子座満月_伝達

話は変わって、今回の満月でぜひ卒業していただきたいことが一点。

これは私自身、セッションでよく相談を受けることなので、ぜひこの双子座のタイミングでお伝えしたいなと感じたことです。

双子座は「言葉」や「情報発信&情報収集」などと関わりが深いサインです。もしあなたが普段「自分の言葉で発信することへの恐れや抵抗、苦手意識」を感じているのあれば、ぜひともそのあたりの”卒業宣言”をしていただきたいのが今回の双子座満月。

おそらく既に多くの人が様々なメディアで目にしているかと思いますが、来たる風の時代はこれまで力の象徴であった組織や地位、肩書きがどうか、よりも、個の活動で人々が自由に繋がり合うことが主流となります。となると、大事なことは自分の言葉や世界観をもつこと、自分の特技や個性を活かして自由にどんどん発信していくことが時代の流れにシンクロして生きるためのキーになることはきっと想像できると思います。

感性やセンスが共鳴しあう人同士が繋がり、これまでになかったような新しい形態での価値提供や受取がますます当たり前になるということ。既にその片鱗は各種発信媒体やオンラインサロン等で十分すぎるほど多種多様に展開されていますが、それらのプラットフォームでは従来のビジネスライクな取引や上下関係がもはや存在せず、「同志」や「仲間」といった感覚で交流することへとシフトチェンジしていることを、あなた自身既に何度も経験していることでしょう。

このようなフラットな交流にあなたが居心地の良さや新しい可能性を感じているのであればなおさら、今回の双子座満月は「コミュニケーションや情報発信、伝達に関する心理的ブロック」を手放す好機です。波長が合う”同志”と軽やかに繋がっている未来の自分をイメージして、狭い世界に自らを閉じ込めている原因となっている”思い込み”をポイポイ外していきましょう。

「私には外に発信するようなネタがないから、、、」

→本当にそうでしょうか?日々のちょっとした気づきや思いをつぶやくことから始めてみては?

「私は人前に出るのが苦手だから、、、」

→人前に出ることが唯一の発信方法ではないですよ?声だけ、文章だけならOKなのでは?

「個人で活動する時間が今はないから、、、」

→本当にそうでしょうか?1日1ツイート、なんなら週に1ツイートとかでもいいのでは?

「環境がまだ整ってないから」

→本当にそうですか?どんな環境が必要ですか?それが整うのはいつでしょうか?

とまぁ色々言ってみましたが「風の時代に向けて今すぐ発信を始めろ」ということではもちろんないです。論点はそこではなくて、もし自分を外に出していきたいと考えているならば、「そこに至る道にはいろんな選択肢やオプションがありますよね?いろいろなアプローチがありますよね?」ということが今だいじなこと。発信のことに限らず、物事には常に様々な選択肢が存在します。

あっちを取るか、こっちを取るか、どちらとも違うまた別のものを取るか、選択は自由でそこに絶対的な正誤はなく、選択した方の世界で進んでいくだけです。だからこそ、自分が普段何気なく働かせているマインドの取捨選択、思考の癖に注意深くいることが大切です。

知らないうちに本当は住みたくない世界を自分で選択している、ということはよくあること。自分が無意識に選んでいた思い込みが自分にとって心地良いものでないのであれば、改めてそれが唯一無二の真実なのかどうか疑問を投げかけ、別の可能性も見出していくようにしましょう。

さらには、

複数の収入源を得る、多方面で活躍する、話す&書く&教えるなどのコミュニケーションを通じて自分の世界観をスピーディーに展開させていく、、、

このような双子座的な生き方も、これからの時代はあなたがこれまで生きてきたという事実さえあれば、環境は既に整っているようなもの。あとは面白がってトライするか、しないか、の違いです。

複雑に考えすぎていないか?

もっと気軽に始めてもいいのでは?

”とりあえず好奇心でスタート”でもいいのでは?

様々なアプローチがあるのでは?

別の視点から可能性を探ってみるのもアリなのでは?

このような感じでライト&しなやかなマインドで自己と対話し、自分で自分をがんじがらめにしている固定観念を解放させていってください。そうすることによって、風の時代にフィットする”軽やかさ”をインストールすることにもなり、さらには満月&月食で促される”浄化”をより一層経験することにも繋がるでしょう。

「そろそろ発信を始めたいのですが自信がなくて、、、」「そろそろ新しい収入源が作りたいけどそれが自分にできるかどうか、、、」といったご相談を最近よく受けていたので、同じようなお悩みを持っていた人は、ぜひぜひ今回の双子座満月をそういった怖れや苦手意識を卒業する機会にしてくださいませ。

どんなスタンスが自分に合っているのか、どんな形態のコミュニケーションに才覚があるのかなどは、(たとえ出生図では暗示されていたとしても)実際やってみないと分からないものです。いずれにしてもまだまだあなたには計り知れないポテンシャルが潜在していることは間違いありませぬ!

ということで、今回はそんな感じです。

それでは

あなたが素敵な双子座満月&月食の日を過ごすことを願って、

本日はこのあたりで。

蠍座新月_トップ

11月15日 蠍座新月のこと。真実を手にし、Rebirthへの扉を開くとき

10月31日 牡牛座満月。次の新月に向けていま大事なこと

スポンサーリンク

Support JOYLE

Others