2018年6月14日 双子座新月にオススメしたい開運アクション11選。学んだ知識・情報を血肉化して自分の世界観で発信しよう!PART1

双子座新月_2018_0614 Horoscope

2018年6月14日 午前4時44分、双子座で新月を迎えます。

双子座といえば、水星を守護星としていますね。

先月5月30日に水星が双子座に移動してからは、水星・ふたご座がともに司る「情報」「コミュニケーション」「学び」「言葉」「伝達」などといったテーマをより強く感じるシーズンになっているように思います(ちなみに水星は双子座新月の前日6月13日に蟹座へ移動します)。

しかも、5月21日~6月21日は太陽も双子座に滞在。まさに双子座パワーが本領発揮しやすい星回り!

情報収集能力の高まり、そして柔軟性と機敏な反応力で多様な方向に手を伸ばしやすい時期だといえます。

そして、来たる6月14日、双子座で新月を迎え、双子座のテーマが本格化していきます。

先に一言でいっておくと、6/14 双子座新月の厳選キーワードは情報、学び、言葉、発信です。

さらにいうと、、、自分の内部に蓄積させてきた「情報」「学び」「言葉」を武器に、人とのコミュニケーションを通して「伝達・発信」していくのに最適なタイミングだといえます。

双子座新月のキーワード(情報、学び、言葉、発信など)については開運アクションを紹介するパートでも説明していくので、まずは双子座の基礎知識を復習していきましょ〜。

ちなみにこのはじめの双子座のはなし、けっこう長くなります。(私自身の復習も兼ねてるので!)下の目次を表示していただいて、開運アクションのところをクリックしてもらったら一気に該当箇所に飛べますのでご活用ください。

スポンサーリンク

双子座のはなし

ふたご座新月の特徴

双子座は、自分の立ち位置を固定しません。
いくつもの違った立場の思いを想像し、取材し、組み合わせ、結びつけ、そこから新しいコミュニケーションを生み出します。
思いを伝えること、通信、言葉も、双子座の扱うテーマです。
双子座は、いくつもの「異なった存在」の間を軽やかに飛翔し、
それらをへだてる距離や溝を、解消する働きを持っているのです。

引用:『星読み+』石井ゆかり:著

これには非常に納得です。双子座に太陽を持つ人って、器用で、知的好奇心に溢れているのですが、それ以上に特徴的なことがあります。それは、双子座的知的好奇心というのが、伝えたい、外に発信したいという思いが、行動の大きなエネルギー源になっている、という点です。

双子座の人の知的好奇心は、シンプルに自分が面白いと思うことからスタートしているのですけど、それを外の世界に放ち、大きく循環させていくことで、勢いが加速します。さらに、その過程で何かを解決したり、逆に何かを生み出したりすることがとても得意でもあるのです。

外の世界に発信することで、ふたご座本来のコミュニケーション力、器用さ、フットワークの軽さなどが、存分に発揮されていって相乗効果を生み出していくということですね。

双子座の有名人

ここで少し例を(私の偏見と独断による人選です、ご容赦ください)。

たとえば、写真家の荒木 経惟さんは双子座ですが、氏が撮る写真は世間的にもメジャーで知っている方も多いかと思うのですが、写真以上にスゴイのは氏の編集力です(と私は思っている)。構成のセンスや緩急と間の取り方が絶妙な上に、文章にも写真同様の表現力があります。写真家の人は編集や執筆という面ではあまり表現が得意ではない傾向にあるのですが、荒木氏は編集力、文才が大きな強みになっています。そういう意味で双子座的だなと。

あとは、、、俳優の伊勢谷友介さんも双子座ですが、俳優のみならず映画監督・美術家・実業家などをあらゆる分野で才能を発揮していて、まさに「ふたご座的マルチタレント最強版」という感じの生き方ですよね。そしてオシャレで軽妙、そのあたりも双子座的かと。

普通なら、結び付けないようなこと、共存しえないようなことを、うまく組み合わせ、それを自分のものにしていく。カスタマイズ、アレンジが上手ですね。そしてそれだけで終わらせず、外に発信することで多くの人に影響を与えていくことができるのが、ふたご座のもつパワーといえます。

双子座期は情報の取捨選択を学ぶ良い機会

軽快な知性、編集力や発信力は、ネット上で誰でも発信が可能になったこの時代、ぜひ身に付けたい要素ですよね。

そして、今回の6/14の双子座新月が、上記のようなテーマにまつわるパワーを最大限に吸収できる機会だといえます。

双子座は12星座のなかでも最も好奇心旺盛な星座といわれていることもあり色々なことに関心が向きます。ですので、この時期良い情報も悪い情報もなだれ込んでくる可能性があります。

でもそれは、言い換えると、外部の様々な情報を取り入れ、状況に適応し取捨選択する過程で、自分を成長させるタイミングだといえます。

ですので、いまの時期心がけておきたいことは、双子座的なテキパキとした感じ、 フットワーク軽めで普段より動的な生活を送ってみることです。いろいろと動きつつ、自分に必要な情報をゲットしていくなかで、忙しいリズムにも充実感を感じ、好影響を与えていけるのではないかと。

ワタシの身に起こった『双子座的出来事』

つい最近、友人に誘われて仮想通貨の勉強会に参加したところ、実は詐欺的商法の勧誘でした!しかも参加した別々の二件とも。もちろん友人はそんな怪しいものとは知らずに私を誘ったのですが、行ってびっくり。でも主催者の方の話し方がすごい巧みで確かに惹き込まれるんですよね、笑。でも彼が見せた一瞬の表情でなんかひっかるものがあって、怪しいなーって思ってたのですが、そのあと調べたら、最近増えてきてるマルチ商法的な仮想通貨ビジネスだということが判明。。。

その一方で、先日、元同僚からすごい欲しかった情報をナイスタイミングで教えてもらったことも印象的でした。あと、ネット検索でも普段よりスムーズに欲しい情報が見つかっている気がします。

こんな感じで「学び」「情報」に関心を向けていると、この時期面白いことが起こりそうです

仮想通貨の怪しいセミナーに縁があったことは一見ネガティブに思えるかもしれませんが、でもこれって裏を返せば、正しい情報や知識をリサーチしてきちんと学ぶチャンスだといえます。自分がいかに知らなかったかということに気づくってありがたいチャンス。ワタシの場合、今回の件で、仮想通貨周りのことだけでなく、これからの貨幣経済のことをきちんと学ぼうと思えるようになって今はとてもワクワクしています。

情報がありすぎて整理できない!どれが正しいかわからない!どうしたらいいかわからない!
今の双子座期、場合によってはこのような状態に陥るかもしれません。でも、やはり、それは大いに学ぶチャンスなのです。

決断できないときは、まず何に迷っているのかを明確にすること。そして自分できちんと調べ、事実を認識すること。

何か情報に惑わされるようなことがあった場合は納得できるまでリサーチしていきましょう。ふたご座は、事実・論理を得意とします。事実関係を確認し、情報を集めるようにすると、追い風が吹いてくれます。

そして、今の時期は情報収集能力が高まっているので、アンテナさえ張っていれば正しい情報、必要な情報に出合いやすいだろうとも思います。そして、集めた情報を元にして、最後は自分の直感に訪ねてGOサインが出れば、その時が、情報を元にして行動に移すタイミングです。

ということで直感がGOというまでは好奇心の赴くままに調べ尽くしてみてくださいね。

6/14 双子座新月はアセンダントで起こる

約1ヶ月に1度のペースで訪れる新月は、新たなものを生み出すエネルギー・生命力に満ちています。

そのため、新月の日は願望実現には最も最適なタイミングと言われていますね。今回の双子座新月でも、願い事を書いたり、目標を明確にしたり、というのはぜひ取り組みたいですね。

特に今回の新月は、ASC(アセンダント)で起こる新月なので、新たなのものを生み出すエネルギーが通常の新月より強調されます。

アセンダントって?
出生時に、東の地平線上にある星座がアセンダントと呼ばれています。アセンダントは1ハウスの始点を表していて、一般的に外見、容姿、雰囲気・オーラなどを表すといわれています。ただ占星術師さんによっては、アセンダントは世界へ出て行くときの「扉」として考えたり、チャンスが入ってくる「入り口」だと解釈される方もいらっしゃいます。この考えでいくと、今回の場合、双子座を象徴する「情報」を通して、チャンスがやってくるタイミングだと考えられますね。

アセンダントはチャート上で最も重要なポイントのひとつである。それは単に1ハウスの「扉」ということだけでなく、「正面玄関」でもある。
アセンダントは人が世界へとでていくときに通る扉である。
-中略-
アセンダント上のサインは、世界と接触し、世界を経験するに際して、わたしたちがそれをどのようなものとして期待しているを示している。
双子座が上昇している人は、世界が好奇心をそそり、探検する価値のある場所だという核となる信念を持つ。

引用:『占星術完全ガイド』ケヴィン・バーク:著

上の引用文、ちょっと翻訳感に溢れててわかりにくい文章なのですが、、、要は、アセンダントって正面玄関つまり世界へ出て行くスタートの場所だよってことだと思います。引用にあるように、双子座がアセンダントで起こるときは、世界のあらゆることが好奇心の対象になります。「あーこれも面白そう、これも知りたい、ワクワクワクワク」ってな感じが強まりますよーってこと。

チャンスが入ってくる入り口でもあるし、エネルギーが世界へ出て行く扉でもあるということ。

そして、今回は双子座の好奇心エネルギーも加味されるため、始まりのエネルギーにさらに『好奇心が倍増』されているようなかんじですね。

双子座のキーワード

双子座のはなしの最後に、双子座のキーワードを挙げておきます。ピンときたキーワードをメモしておいて、願い事を書く際に参考にしてみてください。

双子座キーワード

【情報収集】【情報発信】【好奇心】【学び】【読書】【コミュニケーション】【コラボレーション】【論理】【知性】【器用】【世渡り上手】【言語表現】【会話】【多芸多才】【アレンジ】【行動力】【移動】【活動】【運動】【多様性】【同時進行】【カスタマイズ】【臨機応変】【柔軟】【軽快】【SNS】【スマホ】【アイデア】【トレンド】【オシャレ】【旅行】【マルチプレーヤー】【ベストタイミング】【伝える】【説明する】

以上大変長くなりましたが、双子座のはなしでした。

では6/14の双子座新月のオススメ開運アクションを紹介していきます〜

スポンサーリンク

2018年6月14日 双子座新月にオススメしたい開運アクション11選

双子座新月_開運アクション

ここでは、私が双子座や今回の星回りについて調べてことを元にして、自分なりに導き出した双子座新月の開運アクションを紹介します。

私が行いたいと考えているアクションなので、これが唯一の正解だともいえませんし、すべての項目を皆さんが行う必要はもちろん無いです。この中から自分に合いそうなものがあれば、ピックアップして実際の行動に移してみてくださいね。

1. 同時進行させていきたいことについて願い事を書く

双子座は、とても器用かつ要領がいいので、複数の物事を同時進行させていけるマルチタスクな能力を備えています。この部分に注目して願い事を書くことをオススメします。

具体的に言うと、、たとえば私の場合、ブログを普段書きつつ、自分のクリエイティブワークにも取り組んでいます。趣味的な感じでパートタイムのお仕事をすることもあるのですが、それぞれの活動において、使う脳のエリアが違っていて切り替えが難しいことがあるんですね。

この場合、双子座の力を借りて、これらすべてのことを軽快に切り替えつつ臨機応変に同時進行していくというパワーをチャージすることが期待できます。

あと、双子座は「言語」「ことば」を司るサインですし、フットワークの軽さからあらゆることやモノの価値をいち早くキャッチしてそれらの価値を金銭という尺度に置き換えるというビジネスセンスにも優れています

つまり、「言葉」「ビジネス」「器用さ」を掛け合わせて、何かを同時進行させていくような願い事が最適な方向性なのではないかと。

何か自分が興味のあることを言語を使って表現し、さらにそれを金銭という価値、収入源という現実的価値に置き換えていくことについて、願い事を書くということです。

「私は複業家として、すべての活動に全能的に取り組み、世の中に広く発信しつつ、同時にマネタイズすることもできています」みたいな感じが良さそうですね。

2.「言葉」にまつわる願い事を書く

言葉

「言葉」といえば、外国語、読書、書籍、執筆活動、ブログ、コミュニケーション。

双子座期は言語能力が発達しやすい時期なので、外国語学習についてはぜひ願い事にしておきたいですね。

また、日頃の語彙のセンスを磨きたい、読書をもっと効率的かつ効果的に読むスキルを高めたい、ブログでもっと人の心を動かす文章を描きたい、アウトプットとして文章を書く習慣を作りたい、といった思いのある方は、今回のふたご座新月はベストタイミングです。

あと、この社会では基本的に言語を通して、コミュニケーションが成り立っているので、「コミュニケーション」「会話」という方面からで願い事を書くのも良さそうです。

仕事でうまく相手に説得できない、恋人に家族に思いをきちんと伝えられない、相手の懐にうまく入っていけない、初対面の人と会話が苦手、という風に感じている人は、自分がスムーズに人とコミュニケーションをとって、相手も自分も笑顔になっていることをイメージしつつ願い事を書くことをオススメします。

3.「学び」にまつわる願い事を書く

以上の「言葉」の要素とは別に、ふたご座の大きなテーマとして「学び」「知識」があります。

何かを学習している最中の人も、これから何かを始めたい人も、自分の現時点のレベルを気にせず目指す到達点を含めて願い事に書いてみてください。

また自分が学ぶ側だけではなく、自分が何かを伝えて、相手の学びを促進させることも含まれるので、講師業をしている方や、セミナー・ワークショップなどで教える立場にいる方も今回の双子座新月が最適ですね。知的好奇心を育てる担い手として自分がもっと活躍していけるようにと願ったり、また自分が学ぶことで人の役に立っていけることなどを書いてみると良さそうです。

4. 自分にとっての『理想のコミュニケーション』を考え、願い事を書く

人との関わり

上の項目で「コミュニケーション」について述べましたが、この言葉自体、かなり広範囲な意味を含んでいます。ですので、この双子座新月の機会に、自分にとって理想のワクワクするような『人との関わり方』『コミュニケーション』について考えを深め、願い事に書いておくことをオススメします。

ネット上のコミュニケーションがこれだけ一般化された今、オンラインでの人との関わりとオフラインの生活を自分の中でどう融合させていくのか、逆にどこは切り離して考えていくのか、ということは、ネットリテラシー的にもますます必要になってくる視点だと思います。

また実際に人と会うという点においても、少人数が自分には合うとか、大人数の方がエネルギーがもらえるとか、人によって異なります。

一対一でディープに語り合うのが好きな人もいれば、大勢で楽しく話すのが好きな人もいます。

自分のポテンシャルが最大限発揮できる場所はどういった空間なのか、環境なのか、ということを考えてみる良いタイミングなのではないでしょうか。

自分がどんな時に自然体でいられるかどうか、がキーポイントです。

5. 肩&肩甲骨&ハンドマッサージ!

突然、具体的なアクションになりましたが、、、これは、肩、肩まわり、手、腕が双子座の支配する身体部分だからです。

双子座新月のタイミングで、これらの身体部分の健康を促進する願い事をすると同時に、実際に老廃物を流すためのアクションを起こすのがベターです。

双子座の日には、肩、腕、手のために行う手当てはすべて、普段の日の倍の効果がある。ただし、外科的な処置や手術はのぞく。
-中略-

この時期に肩のためになる処置、たとえばマッサージや体操をすると、驚くほど効果があります。あとで筋肉痛が起きたとしても気にすることはありません。身体が正常に反応している証拠だからです。

引用:『月の癒し』ヨハンナ・パウンガー/トーマス・ポッペ:著

この新月前後でいつもより少し贅沢なスペシャルマッサージを受けたり、入浴後のストレッチを入念に行うのが良さそうですね。

PART2に続く

新月の空

 

6月14日の双子座新月にオススメしたいこと Part1

1. 同時進行させていきたいことについて願い事を書く
2.「言葉」にまつわる願い事を書く
3.「学び」にまつわる願い事を書く
4. 自分にとっての『理想のコミュニケーション』を考え、願い事を書く
5. 肩&肩甲骨&ハンドマッサージ!

双子座新月の開運アクション、残り6つは次回記事【PART2】でお届けします。

また、PART2では、双子座新月のテーマで具体的に効果的なアファメーションの例文や、双子座の「情報」や「言葉」といったテーマを深められるようなオススメ本を紹介する予定です。

新月のパワーを最大限に活用して、最高のエネルギーをチャージしていくよう共に取り組んでいきましょ〜

では、本日はこのあたりで。


New Information!!
Part2 アップしました★
2018年6月14日 双子座新月にオススメしたい開運アクション11選。学んだ知識・情報を血肉化して自分の世界観で発信する!PART2

スポンサーリンク