自宅をパワースポットにする方法。今すぐ出来る「家パワスポ化」のポイント

自宅パワースポット ライフスタイル

こんにちは、サリーです。本日のテーマは「自宅をパワースポットにして家の波動を上げる方法」です。

最近の外出自粛に伴い自宅で過ごす時間が増えている方もいらっしゃるかと思います。大変な時期ではありますが、この機会に自宅のパワースポット化ひいては”ヒーリング”を一つご自身のTo do listに入れてはどうかと。

私はかつて典型的なワーカホリック、そのあとは転々と旅をする放浪人間だったこともあり「自分の家を心地良いものにすること」とは無縁の人生でした。が、悪環境による急激な体調不良を経験したことをきっかけに、空間にかなり気を遣うようになりました。

空気の澱みや場が持つエネルギーにもおそらく今は敏感な方で、この場所はヤバイとか、逆にここは氣が良くて癒される、といったこともパッと感じられる方だと思います。そんなHSP寄りな自分が、普段どんなことを自宅で心がけているのか、あなたの自宅パワスポ化に際して何かのご参考になりましたら幸いです。

かつて無いほどに自宅で長時間過ごすことになるかもしれない今、その場所を「良い氣に満ちた」空間にすることは、案外軽視できないことなのではないかと感じています。

特別なことはしなくていい、お金もかけなくていい、ただでさえ経済がどうなるかワカラナイ時期です。無駄なお金をかけず、簡単なところで、清浄な空間づくりに取り組むことを一つの楽しみとしていただけたら長引くStay Home期間も退屈なものではなくなるはず。

今日は、自宅の波動を上げるうえで私が特に大事だと感じている基本的なこと、なおかつ特別な準備や道具を必要とせず、時間があまり無いときにでもパッと取り組みやすいアクションを紹介したいと思います。どうぞお気軽にお読みくださいませ!

今すぐ出来る、自宅をパワースポットにするための簡単アイデア

1. 風を通す

今の時期、全然換気をしない人はさすがにいないかな、とも思いますが、ここは徹底してやっておきたいことなので、空間浄化において超ベーシックなポイントではありますが改めて。

空気を循環させることは氣を循環させること。窓を開けて換気するだけでなく、見逃しがちな普段「閉じている」場所に対しても外の空気を入れてあげるようにしましょう。

クローゼットや押入れのほか、家の中で特に湿気がたまりやすいところがどこかにあるのではないかと思います。ジメジメしたところに霊は集まると言われますが、霊でなくとも湿気がたまればカビが繁殖して菌が発生しますね。

玄関の扉、トイレの扉、台所・洗面所のシンク下、クローゼットなど普段閉めているところも、換気タイムのときに一斉に開けてみるとスッキリした感覚を味わえるのではないかと。

ちなみに私は毎朝机周りの引き出しも全開にしますし(笑)、カバンから荷物を全て外に出します。一度これがクセになると、狭い場所に詰め込まれたモノたちに新鮮な空気を吸ってもらいたい、と思うようになりますので結果としてかなり風通しの良い暮らしになるのではないかと感じます。

2. 朝10分、毎日掃除する

上記の換気作業「閉じているものを開ける」ようにして、自宅内のあらゆるものに風を通してあげることはぜひ日課にしたいことなのですが、さらにできれば、そのタイミングでそのまま掃除を(簡単に)するようにしましょう。換気と掃除はセットで行うのがやはり理想ですね。

トイレ/キッチン/玄関の掃除、掃除機かける、床拭き&窓拭き、部屋の隅のホコリ取りetc

朝の時点でスペース全体を「何となく」掃除してしまうと、思考がその後散漫になったり、肝心の仕事に取り掛かるのが遅れてしまう可能性があるので、一点だけ注意したほうが良いことがあります。

それは「どこか一箇所だけ掃除すること」。掃除する場所を絞りましょう。掃除を何となく始めてしまうことで、朝から意思決定すべきことが増えてしまうんですね(ここは拭く?これは捨てる?この部屋のどこまで掃除する?etc)。

そのため、仕事を始める前にガッツリ掃除をしてしまうと、掃除に伴う意思決定で疲れてしまう可能性があります。

あるいは掃除をしたことによって「達成感」を味わってしまい、いざ仕事を始めようとなったら「やる気が出ない」という状況を生み出しかねません。さらには、以前の記事でもお伝えしましたが、掃除場所を絞ることで「瞑想状態になれる」という効果もあります。

ということで、あくまでも短時間の掃除がオススメです。

朝の10分はとても貴重ですが、自宅で過ごす時間が増えるからこそ活動を始める前にサクッと掃除することは価値のあることだと感じます。掃除によって空間と自分の気持ちを整えることができるため、1日を良い気分で過ごすことにも繋がるはずです。

自宅作業は自分でリズムを作り出す必要があるため、体を動かす意味も込めて「1日数回、休憩時間を含む掃除タイム」を入れるようにしましょう。自宅パワスポ化は日々の継続的な掃除があってこそ実現できるものです。

3. 玄関に物を溜めない

風水を取り入れている方はご存知かと思いますが、玄関は運気の入り口とも言われていて、かなり重要視されます。「部屋は綺麗にしているけれど、玄関はあまり気にしていない」という方はこの機会にぜひ玄関を生まれ変わるほど綺麗にしてはいかがでしょうか。玄関を清潔に保つことを意識するだけでも、運気好転の効果があるはずです。

  • 普段履かない靴は全て靴箱に。
  • 近々出す予定のゴミを玄関に溜めない。
  • 傘は必要な分だけ。

毎日のささやかな心がけで出来ることを、まずは習慣化するようにしましょう。

スポンサーリンク

4. またぐorよける動作をしなくて済む物の配置を

家の中の主要な場所(リビングや自分の部屋など)では、動線をベストな感じで仕上げることがエネルギーの流れを考えると理想です。

たとえば机のある場所に行こうとする度に、毎回その前に何か物をよけなければいけなかったり、体をひねったり身を縮めて通らなければいけない場所があると、エネルギーの流れが中断してしまいますよね。パワスポ化において大事なことは「循環」です。

ドアを開けてから障害物なく目的の場所にたどり着けるか、床に落ちているものを毎回よけていないか、この機会に見直してみましょう。

5. 盛り塩

外的環境や人からのエネルギーをもらいやすい人or 霊媒体質の人は、高価な浄化アイテムを買ったり、ヒーラーさんに本格的に頼る前に、まず自分の家の全ての部屋、空間の四隅に盛り塩を置いてみると不思議な結界ができることを体感できるのでは、と思います。

  • 家で過ごすと体が重くなる感じがする
  • 自宅にいると鬱々したした気分に陥りがち
  • 家の雰囲気がどんよりしていてやる気が出ない

これらに当てはまる人は、もしかするともしかして人的あるいは霊的なネガティブなエネルギーを家に入れてしまっているのかもしれません。

スピリチュアルなことに関係する「モノ」について私には変な?こだわりがあり、「普通であること」から外れないようにしているため、ブランド力のある高価なものや、カリスマなんちゃらさんが販売する商品などはスルーします。「普通に買えるもの」を使って浄化することは可能です。

スーパーで売っている普通の粗塩(精製してないやつ)で、小さいアルミカップ(お弁当箱に入れるアレ)もしくは盛り塩用のお皿に軽く三角錐を作るような感じで盛ります。

私の場合、自宅の全ての部屋の四隅、玄関の内側、窓のそば、ベランダのそば、に置いていますが、感覚的には霊的防犯と空間浄化どちらの目的もあるため、塩を置くことでちょっとした安心感も得られます。「アカンもんは家の中に入れてない!」と思えることが、結果的には良くないものを引き離すことにもなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

6. 天然の香り&音

嗅覚のタイプによるかもですが、ドラッグストアなどに売っている芳香剤やルームスプレーは人工香料が多く刺激が強い傾向にあるため、自宅パワスポ化を意識するのではあれば天然の香りを嗜むことをオススメします。

もしエッセンシャルオイルをお持ちであれば、アロマディフューザーに使うだけでなく、スプレーボトルに水を入れて数滴オイルを垂らして使用すればルームスプレーとして十分に効能を発揮します。

あとは、天然素材のお香や匂い袋など、オンラインでも比較的手に入りやすいですよね。職場では自分の好きな香りを漂わすことは難しいかと思いますので、自宅で過ごす時間が増える今の時期こそ「香り」を楽しんでいただきたいです。

「音」については、いま外に出る機会が少なくなって家で音楽を聴くことが増えている方もいらっしゃるかと思いますが、電子音が増えすぎることは少し気を遣いたいところ。

シンキングボウルやティンシャ、音叉などは瞑想やヨガを習慣にしている人にとってはすごく良いと思うのですが、本記事のテーマである「特別な準備や道具を必要としないこと」とは少し離れますね、笑

外に出なくとも自然音をBGMにするなど工夫をすれば癒し空間を作ることは十分可能です。↓こういうやつですね。

突然占星術の話で恐縮ですが、私の場合自分のホロスコープで火&不動サインが多いせいか「焚き火の映像と音を流しておくこと」が心地良いですし、安らぎをもたらしてくれる「月」が水サインなので、疲れた時には川のせせらぎ音などを聞いて癒されています。

思いっきりMP3データですが、普段のように緑のある場所に気軽に行けない分、効果はバカにできません。占星術好きの人はご自分のエレメントに合わせて自然音を選ぶのも良いかもしれませんね!

7. デッドゾーンを作らない

無駄に広い家に住まないことを私はしばらく前から心がけているのですが、それには「自宅内でデッドゾーンを作らない」という目的があります。

使われていない部屋がある、使い道のない空間がある、普段使わず奥に入れっぱなしのものが多くある、といった場合、そこではエネルギーの循環が起きません。人が使ってこそ、空間は呼吸するのですね。

物置部屋をどうしても無くせない場合は、その部屋が「呼吸する」ためにはどうすればいいか少し対策を講じてみてください。用事はなくとも毎日換気することや、定期的にそこで作業する時間を作り「住んでいるんだ」ということを部屋に知らせてあげる、という感じでしょうか。

週末など時間が十分にあるタイミングで、日頃放置しがちな物置部屋orデッドスペースを生き返らせてあげましょう。

ちなみに私の実家は家の構造上、部屋が小分けされまくっておりまして、普段は使わない物置部屋がいくつかあったのですが、その部屋にたまに行くたびに季節問わず寒気がする、ということが頻繁にありました。

霊がいるとかそういう陰気さではなかったのですが、部屋が呼吸してなかったのです。普段は気にしていないので問題はなかったわけですが、どこかの部屋が呼吸していないとやはり家全体にも影響してくるのではないかと感じます。

そして、実家の大断捨離期、物置部屋自体をなくして、荷物を分散させ全ての部屋を使うようになったら、以前は冷気が漂っていた部屋が息を吹き返したように暖かくなったのでした。

スポンサーリンク

あとがき_自宅はパワースポットになる!

以上、自宅をパワースポットにする方法について、比較的すぐに取り組みやすいアイデアを紹介しました。

  1. 風を通す
  2. 朝10分、毎日掃除する
  3. 玄関に物を溜めない
  4. またぐorよける動作をしなくて済む物の配置を
  5. 盛り塩
  6. 天然の香り&音
  7. デッドゾーンを作らない

今のような非常事態のときには、無理して新しいものを取り入れて出費がかさむことは負担ですし、自宅で過ごす時間が長いからといって本格的に風水を勉強しよう!インテリアを刷新しよう!といったフレッシュな気分にもなりにくいように思います。

だからこそ、今は無理をせず「すぐに出来ることから」工夫して自宅をより良い空間にしていくことが大切です。特別なことをしなくても、自宅パワスポ化は十分可能です。むしろ、掃除や換気といったベーシックなことをせずに、開運グッズや浄化アイテムに頼ってもあまり意味がないのでは?というのが私の意見です。

もしあなたが今ご自分の自宅が落ち着かない空間だと感じているならば、(もちろんご家族とのことや置かざるを得ない様々なアイテムはあるかと思いますが)、「自宅をパワースポットにする!」と決意して、ぜひ居心地の良いスペースを作っていただきたいと思います。

外出自粛の期間は、普段外で忙しい人こそ、家のことに取り組む「またとないチャンス」かもしれません。簡単なところからまずは始めていきましょう!

余談 : 私の体験談

私はこれまで他の記事の中で何度も「自宅を心地良い空間にする」ことについて書いているのですが、なぜかと言えば身を持って得た教訓があるからデス。冒頭で少し言ったように「超ワーカホリック→放浪人間」だっため、私自身元々、自宅をかなりないがしろにしていた人間なのですね。

以前の私は、職場に住むような感じで仕事をしており家は完全に「寝るだけの場所」でした。旅にハマっていたときは定住することにエネルギーが向かず常に外で活動していました。自宅をケアすることは本当に考えてなくて、ただの寝床だったわけです。

がしかし、ロンドンで働いていたときに職場が非常に汚いところで働く機会がありました。私は当時店舗のデザイン関係の仕事をしていて店の内部で作業していたのですが、割と頻繁にネズミが歩き回ったり(!)、使っていないものが大量に散乱している空間で一時期仕事をしてたんですね。換気も十分にできず、観葉植物なんて当然ない。

かなり殺伐としたワークプレイスだったのですが、お給料も業務内容もまぁまぁ満足していたので続けようとしていたところ(人間関係も問題なし)、あっという間に体調が悪くなり、最終的には手術までするハメに、笑。

もちろん、その労働環境と病気に直接的な因果関係があったかどうかは分からないのですが、その場所で働くようになってから、色々な状況が負のスパイラルのように悪くなったんですね。気分も沈みがちで明らかに笑顔が減っていました。

結局、強制的にその仕事は辞めることになったのですが、今思い返してみると、私はあのとき「場の持つ力(良くも悪くも)」というものが本当にあるんだと痛感し、その後の人生に影響を与え続ける大きな学びを得たのだと思います。

それ以来、まるで生まれ変わったかのように、労働環境だけでなく自分がどんなところで暮らすのか、どんな部屋で過ごすのか、何を置くのか、何を置かないのか、など「空間づくり」に関して心配りをするようになったのでした。人生で初めて、自分(の部屋)のために花を買ったのも、上記の手術後です。

そして今や、自宅が仕事場となり、同時に安らぎの場に。

あの時、もし自分が、過ごす空間をないがしろにしたままだったら、仮に社会的活動が上手くいったとしても、心の安定はそれほどなかったのではないかと想像します。もちろん、健康に「良い」影響を与えることもなかったでしょう。

以上、ワタクシが身をもって得た教訓でした。

これまで「家にはこだわらない」と思っていた人もぜひ、今のこの時期に、自宅を癒し空間&パワスポにすることに取り組んでみてくださいね!

では、本日はこのあたりで。

こちらの記事もオススメです!

エネルギーワーク

自分をパワースポットにするためのエネルギーワーク

開運アクション

運気アップ&物事の流れを変えたいと思ったら。私的おすすめ開運アクション5つ

HSP_対策_特徴

外的環境に敏感な人(HSP)にオススメしたいスピリチュアル対策&過ごし方

開運

運気を好転させる7つの開運行動。運の流れは自分で変えられる!

スポンサーリンク

Others