幸運を引き寄せるオススメ朝習慣。8つの禅的行動でハッピーライフを!

朝習慣_禅的行動 心理・習慣・自己啓発

こんにちは、サリーです。

本日は、幸運を引き寄せるオススメの朝習慣について。

幸せな人生を送るためには心身に良い影響をもたらす朝の習慣を形成することが大切です。

幸せの秘訣はゴールデンタイムを使った朝習慣

朝はゴールデンタイム。朝いかに幸せを感じるか、がポイントです。

私は元々かなり夜型でしたが、今では強く朝活を推奨しています。

私自身、朝習慣によって実感していることとして、

  • 夜にはない幸福感が朝の空気には満ちている。
  • 朝の充実感は人生の充実感につながる。
  • 自分で自分を管理できているという感覚が自己肯定感を高める。
  • 早朝から全開で活動しても長時間働いても、昼前まで寝てしまった日よりも疲れを感じない。

などがあります。朝に良い習慣を身につけることで本当に様々な恩恵を手にすることができるんですね。

具体的にはどんな朝習慣を形成するのがいいのか。

本記事では、「禅の心で習慣を身につけること」を提案いたします。朝の禅的習慣で心身を整え、幸運体質をぜひ身につけてくださいね!

幸運をつかむ機会は平等に訪れている。ただそれを活かす人もいれば、活かせない人もいる。

その違いは、一体どこにあるのでしょう。

『幸運は、必ず朝に訪れる。』枡野 俊明

スポンサーリンク

幸運を引き寄せる8つの禅的おすすめ朝習慣

禅では、心と身体が切り離せないものと考えますから、ともに”準備ができている”ことが、幸運を宿す条件になると思います。では、心と身体の準備ができているとは、どういうことでしょうか。それは「心身が整っている」ということです。-中略-

身体を整えれば、呼吸が整い、また、心も整う、ということ。
身体を整えるとは、きちんとした行いをすること、といってもいいでしょう。
それが幸運をつかむ準備にもなるのです。

では、どうやって身体を整えるのか?

カギははじまりに、つまりは「朝」にあります。
一日のはじまりである朝を充実させ、その日一日を整った心と身体の状態で過ごすことは、すなわち幸運を手にする準備をしているのと同じです。

朝を充実させることで、心身を整え、幸運体質を手に入れることができるということですね。

では以下でオススメの朝習慣を紹介します。

1. まず、朝10分だけ掃除をする

朝やるべきこととして、まず挙げたいのが、「掃除」です。簡単な掃除で十分です。掃除とまでいかなくて、机の上を拭いたり、本棚を整理したりといった小さい整理整頓だけでもいいので、一つの作業に集中して行うようにしましょう。

禅語「一行三昧」
→「一心に、全力を投入して、全身全霊で行うこと」。短い間でも一心に取り組んで綺麗になったとき、心が晴れ晴れします。そのちょっとした爽快感がその一日を良い方向に導いてくれます。

2. 椅子に座って10分間坐禅をする

“坐禅”と聞くと敷居が高く感じますが、まずは「ただ椅子に座って静かにする」だけでokです。

ゆっくり呼吸をして、心を落ち着かせ、清らかでまっさらな状態になること(実際にはならなくても「そうなろう」という気持ちをもつことが大切です)。

禅語「調身、調息、調心」
→意味は順に、「姿勢を整える、呼吸を整える、心を整える」。これら三つは深く関わり合っています。姿勢を整えると呼吸が整う。呼吸が整うと心が整う、という関係です。

3. 朝、テレビはつけないと決める

朝テレビを見ないこと。これはぜひ試していただきたいです。朝、テレビがつかないことに慣れると、久々にテレビをつけた時には頭痛がしたり、その日の仕事のパフォーマンスが良くない、といった現象が起こることがあります。

テレビの情報は受動的であること、そしてネガティブなニュースがどうしても多いので、良い影響があまり無いのですね。毎日観ていると慣れて気にならないかもしれませんが、しばらく離れてみるとそのネガティブパワーに気づくはずです。

朝起きて、まずテレビのリモコンをつけることが習慣になっている人は、ひとまず5分、テレビ無しの静寂を味わってみてください。

禅語「喫茶喫飯(きっさきっぱん)」
→「お茶を飲むときは、お茶を飲むことだけに一生懸命になり、ご飯をいただくときは、そのことだけに集中しなさい」という意味。何をするときもその瞬間に向き合っていることが”禅的生き方”の基本です。テレビに目をやりながら朝食を機械的に口に運んでいると、どちらも中途半端で疎かにしてしまいます。

4. 丁寧にお茶を淹れる

お茶(コーヒーや紅茶)を淹れるという所作の一つひとつに心を込めてみましょう。自分の行動をゆっくり眺め、意識を集中させる「マインドフルネス」の姿勢がその後の仕事や作業を行うときの集中力を高めることに繋がります。

丁寧にお茶を淹れて、じっくり味わうこと。丹念に味わう感覚を研ぎ澄ますことで、その日の自分の体調も分かるようになってきます。

5. 鏡に向かって自分に問いかける

かの有名な卒業式スピーチでジョブスは言います。

私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。『もし今日が自分の人生の最後の日だとしても、今日やろうとしていることを私はやるだろうか?』と。『違う』という答えが何日も続くようなら、何かを変える(生き方を見直す)必要があるということです

「自分がやるべきことを人生で本当にやっているか」を問い、自分の内面を真摯に見つめること。本当に生きたい人生を歩むためには必要な姿勢です。

自己に対して真剣に問いを投げかけること、そして正直に答えること、それを朝の時間にできたならば、その日一日の過ごし方は大きく変わってくるのではないでしょうか。

まずは、「いま」やるべきこと、あるいは「今日」やるべきことを、自分に問いかけ、それを確実に一つひとつやっていくことから実践しましょう。

6. 目覚し時計が鳴ったら、とにかく身体を起こし、ひと声発する

目が覚めたら、まずひと声発しましょう。

「おはよう」と言うだけでもいいですし、自分なりに気合いの入る言葉を思いっきり声にしてみると良いでしょう。朝起きたてに、一曲歌うのも良いですね。

7. 朝起きたら日光を浴びて深呼吸をする

目覚ました時計をとめて、身体を起こして、ひと声発した後にすること、それは「すべての窓を開け放つ」ことです。

窓を全開にして古い空気と外の新鮮な空気を入れ換えましょう。

そして開けた窓から、もしくはベランダや庭に出て、思いっ切り深呼吸をしましょう。身体に溜まった邪気を吐き出すイメージをしながら吐き出すようにしてください。

さらに、呼吸するときには、両手を横に広げて「私は思いっきり呼吸をしている」と思える、”いかにもな”ポーズで行うと、より効果的です。

8. 自然の音を聴く

家のすぐ近くに川や森があれば、そこまで散歩できるのがベストですが、すぐに外出することが難しい場合や都会暮らしの場合は、代わりに「自然音」を聴くようにしましょう。ネイチャーサウンドはyoutubeをはじめ、spotifyやamazon musicなどで入手できます。

禅語「独坐大雄峰(どくざだいゆうほう)」
→「連なる峰々が望める大自然の中に、命をいただき、どっしりと座っていることが、一番ありがたく、また尊い」という意味。自然と一体になったとき、人は究極の安らぎや癒しを得る、ということですね。

あとがき 幸運を引き寄せる朝習慣

以上、幸運を引き寄せるオススメの朝習慣を紹介しました。

1. まず、朝10分だけ掃除をする

2. 椅子に座って10分間坐禅をする

3. 朝、テレビはつけないと決める

4. 丁寧にお茶を淹れる

5. 鏡に向かって自分に問いかける

6. 目覚し時計が鳴ったら、とにかく身体を起こし、ひと声発する

7. 朝起きたら日光を浴びて深呼吸をする

8. 自然の音を聴く

朝の禅的習慣で心身を整えて、幸運体質を身に付けましょう!

幸せであるための朝の開運生活は起きた瞬間から始まっています。いかに気持ちよく朝を過ごすかは、その日一日だけでなく、人生を左右すると言っても過言ではありません。

仕事や家事、育児などで朝がとにかくカオスになりがちな人も、まずは10分いつもより早起きしてみて効果を実感するようにしてください。少しでも効果を実感できれば、朝の過ごし方に対する意識が徐々に変わってくるはずです。

では、本日はこのあたりで。

関連記事

自宅パワースポット

自宅をパワースポットに!今すぐ出来る簡単パワスポ化

2020年3月31日
感情の解放

不安やイライラ、心のざわつきから自己を解放するための10の心がけ

2020年3月13日
潜在能力

潜在能力を引き出し、才能を開花させるために必要なこと

2020年2月20日
スポンサーリンク

Others