お金の不安を解決するためのおすすめ本。潜在意識の使い方、お金の原理、資産運用の基礎を知るための良書たち

お金_おすすめ本 マネー

今日は、かつてお金のことに超ウトかった自分が、金融まわりのことやこの世界のお金という存在のことを理解するようになるのに役立った読んだ本を紹介したいと思います。(とは言うものの、まだ初心者の域から脱していません、スタート地点がゼロどころかマイナスだったので。。。)

ですのでこの記事はすでに資産運用にうまくいってる人には向きません、はじめてゆっておくと。資産をすでに築いている人にも必要のない内容だと思います。

  1. 日々お金に苦労している
  2. 長時間労働で自由な時間が少ない
  3. 好きなことでお金を得たい
  4. お金のことを気にせず自由な人生を送りたい
  5. 時間と場所に捉われず収入を得たい
  6. 労働収入を減らして不労所得を増やしていきたい
  7. 仮想通貨が少し気になっている
  8. 資産運用に少し興味がある
  9. NISAとかiDeCo(個人型確定拠出年金)って言葉が最近気になる

上記のうち一つでも当てはまる人は今回紹介する本を数冊読んでいただいたらお金というものに対する考え方・価値観が良い方向に変わるのではないかと思います。

具体的な資産運用の本も少し紹介しますが、最も大事なことは、まずはお金に対して持っている悪いイメージや罪悪感を良いものに(でなくても少なくともニュートラルに)書き換えていくことだと思います。その地点からでしかそもそも資産運用に興味をもったり、お金を学ぶ姿勢が自分の中から芽生えることは無いからです。お金が卑しいと思っているとその時点で興味をもつ機会も学ぶ機会も失っています。それはすごい損失。私自身がかつてお金を蔑んでいたからこそ、お金と向き合う機会を失っていたことのもったいなさを痛感しています。今回紹介する本を読んできた過程で、自分とお金との関係性に変容が起きたように思いますし(もちろん良い意味で)、少しずつですが実際にお金の流れも変わってきています。だからこそ、本記事が少しでも多くの人にお金に良い意味で関心が向かうきっかけになれば良いなと願っています。

お金に超ウトかったワタシのこと

Photo by NeONBRAND on Unsplash

このブログを普段読んでくださっている方はすでにご存知かと思いますが、私は一時期、精神世界や宗教の探求にのめり込んでいた時があり、環境的にも信心深い人たちが多い環境で育ってきたためお金に対しては非常に悪いイメージを持っていました。

お金は持つと不幸になる、お金のことを口にするのは賤しいことだ、汗水垂らして苦しんで得たお金が尊い。

日本人ならばこういう価値観には馴染みのある人も多いのではないでしょうか(最近は減ってきているとは思いますが)。
そして私の場合はそういったお金に対して汚いイメージを持つ昔ながらの日本的な文化の土壌に加え、自分自身が精神的な求道者の道を邁進していたことも合わさって、お金が好きな人を見下していたように思います。

お金のことを考えること自体がすでに賤しいと考えていたので、普段の生活のなかでお金に困っても、ただ節約するだけで他の抜本的な改善策を考えたこともつい最近までなかったのが正直なところです。

でも半年ほど前から、組織に従属せずにどうやって生きていくかを考えるようになってきて、このブログもその一貫としてスタートして、これまでとは違うアプローチで情報収集などをするようになりました。

デザイン業界で制作スタッフとして寝ても起きても作ることを考えていた時代や、貧乏旅行中にバナナだけで過ごす日々すら楽しめていた時代を考えると、どう考えても縁がなかった金融系の本や資産運用の本。最近ふとしたきっかけで興味が湧いてきて読んでみると、すっごい面白かったのです。なんでこれまで何も知らなかったんだろうと無知すぎた自分に驚きました。

そんな流れで仮想通貨を始めてみることにしました(安直 & 単純)。

実際のところ仮想通貨はリスクが高いので、投資というより投機かなという感じですが、超少額から始められるし、コインのロゴが色々あって可愛いという親しみやすさから軽い気持ちで始められます。自分の運用結果を公表できるほど結果が出ていないのでそこは全力でスキップさせてもらいますが、実際に投資を始めたことで意識がお金の運用に対して意識が向くようになったということが、まずはとても大きな収穫だと感じています。

元来ビビりの性格なので、仮想通貨以外の資産運用(投資信託、債券とか)は現在、少額の積立で長期ホルダー一筋です(リターンは少ないけど、リスクも少ない投資スタイルのことです)。それでも、そこをスタート地点として、今は日々の経済の動向に関心がいくようになったし、「自分が働くのではなくてどうやったらお金に働いてもらえるか」という思考が出てくるようになりました。これってすごい成長だと思います(自分をちゃんと褒めるの大事!)。

お金に働いてもらおう、っていう視点は自分自身が今後高めていきたいテーマなので、実際の資産運用ネタについては、今後記事を少しずつ書いていく予定です。(神様の記事を書いた次の日に、国内債券の話とかしていきたい。)

では本の紹介はじめます〜

スポンサーリンク

お金って何?お金との付き合い方&未来のお金のこと

まずお金とは何なのか、という根本的な問いを解決し、日本人の多くが未だ抱いているお金への罪悪感を取り除くためにはじめに読んでおきたい本たち。どれも非常に読みやすく、金融系の知識がなくても問題なく読めると思います。

『いま君に伝えたいお金の話』は先日出版されたばっかりのもので、この記事を書き始めたときに購入し、その書いている合間に読み終えたという、読みたてホヤホヤ。お金の使い方について子供にもわかるようにカンタンに書かれていて、この世界でお金を扱っていく上で大事なことが書かれています。お金との付き合い方がメインテーマなので、稼ぎ方とか投資の方法などについては書いていません。お金を運用せずに貯める傾向にある日本人にとって、お金は回ってなんぼっていうのはホントもっとリアルに頭に叩き込んでおくべきことだということを再確認しました。

『毎月5000円で自動的にお金が増える方法』も先日読み終えたばかりですが、買って良かったです。内容がちょっと珍しい構成になっているのも注目すべき点。内容の半分以上が日本人がお金に抱いている罪悪感やお金持ちになるのを阻害しているメンタルブロックの存在について書かれていたり、それらブロックを払拭するための潜在意識の書き換えについて具体的に色々書かれていたりと、どちらかというとメンタル面にフォーカスした内容なのですが、後半部分で資産運用法の方法やお金を自動的に増やすためのシステム作りの方法が超具体的に紹介されています。メンタルブロックの外し方から資産運用の方法まで学べるなんて、すごいハイブリッドな内容です。おそらくですが、お金の超プロである著書にとって「お金に対する罪悪感を外すこと」と「資産運用すること」が、お金持ちになるための両輪であることを経験から知っているからこその最善の構成だったのではないかと思います。

『働きたくないけどお金は欲しい』はところどころ専門的な投資の話が出てきて、流し読みせざるを得ない箇所もありましたが、お金の正体とは何なのか、この資本主義社会での働き方について投資家目線で語られています。資本主義社会で搾取されないための考え方が散りばめられた良書だと感じました。

ちなみに、お金のことだけでなく、人間のメンタルブロックというのは非常にやっかい。叶えたいことがあるのに前に進めないときや、物事がスムーズにいかないとき、そういう状況の原因の多くは内面の深いところにある怖れや不安や自己否定です。

ポジティブマインドがいいとは言われますが、根本の自己否定や自己価値の低さが根付いている状態で無理してポジティブになろうとしても結局しんどくなります、遅かれ早かれいつかは。

お金もそう。お金が汚いものだと思っている両親に育てられた人は、まず親や環境からの影響があることを知って、さらに自分がその価値観に支配されてたってことに気づくことが大切です。そこではじめて「ユレイカ!発見!」です。自己認識が出来てはじめて、新たな価値観を自分にインストールする余白が生まれることをお忘れなきよう!(と自分に言い聞かせる)

関連記事:引き寄せの法則&思考現実化のやり方を習得したい人の必読本『ブレイン・プログラミング』【書評】

スポンサーリンク

貧乏思考 vs お金持ち思考

知恵として体得できなくても、せめて知識としてまず吸収した方がいいと思うのが、『貧乏人の思考とお金持ちの思考の違い』です。

私は普段こういうジャンルの本に興味が向かないため、読んでいて心のブロックのせいか、なかなか読み進めることができませんでした、笑。ま、でもそこは踏ん張って知ることに徹して、自分が貧乏人とお金持ちどちら側の思考を普段しているかを発見するために読み進めました。

結果的には、意識すべきポイントもわかったし、普段生活しててもお金がほんとにある人はこういう風に考えるんだろうなーって客観的に少しずつ考えられるようになってきたので、同じく皆さんにも読むことをオススメします。