12月7日 射手座新月のこと。大いなる夢を胸に、未知なる冒険へ旅立つその一歩を踏み出すとき

射手座新月 Horoscope

12月7日 16:20頃 射手座にて新月を迎えます。

今回の射手座新月は、2018年最後の新月。いよいよ年末ですね〜

11月8日に、蠍座新月を迎えてから、同日、幸運の星である木星が射手座入り。その後、木星の動きを少し止め試行錯誤を促すかのように、水星が逆行開始。水星は逆行しながら12月1日には蠍座まで戻り、3日には金星も蠍座へ。

今一度、蠍座木星期で自分が深めたものや、本心・本音、本当に大事にしたいものなどを再確認することで、射手座木星期の本格化に向けて、移行期間が設けられていたと捉えていいのではないかと思います。

木星と太陽が射手座に入った影響や、双子座満月で活発になった好奇心や社交性のおかげで、さまざまなところから情報や出会いがもたらされたという人も多かったと思います。

11月23日 双子座満月のこと。好奇心の種をまいた先で、情熱がアナタを待っている!

2018.11.22

そして、好奇心や興味が一気にバァっと拡がったあとでやってくるのは、精査・絞り込みの作業。つまり、射手座〜蠍座エリアでの水星逆行&金星の蠍座入り。そして水星は、射手座新月と同日の7日早朝、順行へと転じます。

もう一度深く内面に潜りこみ「あなたが深めていきたい好奇心がどこにあるのか、パワーを注ぎたいことは何なのか、あなたの”好き”はその方向で合っているか」などを見つめる段階にあったのが、12月1日から6日ごろ。その見つめ直し期間のフィードバックを存分に活かしつつ、水星順行の追い風を受けて、未来の願いを大きく放つのが今回の射手座新月です。

水星が逆行を開始した11月17日ごろから感じていた、モヤモヤ感。未来志向の気分に反して、現実がなかなか動かない、そんな歯がゆい状況から抜け出す、スタートラインとなるのも今回の射手座新月だといえます。いや、射手座の勢いを考えるとスタートダッシュですね。

射手座木星期の「本格稼働」は、2019年1月7日に天王星が逆行を終えてからの1月8日以降かなと個人的には思っているのですけど、とはいえ、今回の射手座新月は「実質的な」射手座期の始まりと言えるかと思います。

少し先の話になりますが、2019年1月6日には山羊座日食、21日には獅子座月食、1月7日から3月6日の期間は全惑星順行期間!といった活発な天体の動きが待っています。この期間は物事がグイグイ進むことが予想されます。そのため、ご自身の中で一気に進めたいことがあるならば、天王星が順行に転じる1月8日あたりに始動できるよう、今回の射手座新月から年明けまでの間に着手してみる、あるいは、なんらかのカタチで準備しておくのがいいかなぁと思います。

それでは、12月7日 射手座新月、見ていきましょ〜

スポンサーリンク

いて座が表すもの

射手座の特徴

射手座木星期について書いた下の記事から内容を一部抜粋します。

射手座木星期に意識したい5つのこと & 私的オススメ本とか動くことについて

2018.11.04

射手座

《射手座:火のエレメンツ/柔軟宮》

【キーワード:自由・遠方・研究・海外・哲学・冒険・宗教】

沈潜して深く探っていく蠍座とは対照的に、歩きながら考え、動きながら気づき、外の世界でフィロソフィーを探索していくイメージです。移動が大事!スナフキン!

また、実用的な知識を得意とする双子に対して、射手が目指すのは理想的世界を創るための哲学や思想。

海外にまつわるもの(旅行や海外文化、外国人)に触れることがラッキーアクション。自分とは異なるものへの適応力があり、自らの世界を遠方にまで広げていくことに魅力を感じます。逆に、日常のささいなことやルーティンは卑小に感じる傾向にもあります。

一つ前のサインである水サインの蠍座が表すのが「融合」であるの対し、射手座は火のサインで「独立」。集団的拘束から抜け出して自由を好み、カラッとして小さなことにはこだわりません。

以上のような特徴から、射手座は必然的に視野が広がっていきます。スケールが大きいんですね〜

2018/12/7 いて座新月の特徴

射手座新月_特徴

水星順行 & 射手座新月で射手座木星期が実質スタート

本記事の冒頭でもお伝えしたように、今回の射手座新月の大きな特徴は、木星が射手座入りした後の射手座新月ということで、存分に注がれる射手座エネルギーが私たちの人生を一気に加速させてくれるスタートダッシュの瞬間だということ。

11月17日から逆行を始めて、12月1日に射手座から蠍座へ逆戻りしていた水星も、今回の射手座新月と同日の早朝に順行へと切り替わります。水星逆行期間の見直し・修正・内省などを経て、蠍座で再認識した「本心でエネルギーを注ぎたいもの」を携えて、射手座期を改めて前進していくタイミングです。

2019年を成長・発展あるものとするため、自分への決意表明をする重要な新月だといえるのではないでしょうか。

火星と海王星がコンジャンクション、 太陽 & 新月とはスクエア

魚座に滞在している火星と海王星がコンジャンクションしていて(ぴったり重なっている)、それが太陽&新月とスクエアの関係にあります。

海王星といえばスピリチュアリティやインスピレーション。心や意識の世界を広げる役割をする天体です。

その海王星に、活動の源泉ともいえる火星がぴったりと重なっているということは、自分の中にある神秘的で精神的なエネルギーや感情が刺激されて、サイキックな感覚がバッと出てくる感じ。

そして、これらが、新月&太陽と90度スクエアを取ってますから、お互い圧力をかけつつ緊張感の中で影響し合う。その結果、現状打破や思いきった方向転換などのパンチある変化をもたしてくれそうな予感。パンチはダメージはあるかもだけど、同時に覚醒力もあります。

ここ最近動いてなかったことが、意識的無意識的に関わらず多少なりともサイキックな直感で、打ち破られていく。そして、打ち破られた勢いが、そのまま射手座木星期の拡大へとつながっていく、みたいな感じでしょうか。


魚座海王星の影響や第7ハウスで起こる射手座新月ということで、人とのつながりや社会の動きを通して、無意識的な共感や共有の気持ちが高まり、地球レベルの理想を目指していくような意識が高まるかもしれません。

ジョンレノンの”Imagine”の世界観を、

普通の生活を送っている普通の人たちが、何気に抱いてしまうような、

精神性の高いウェーブが来るかもなんて思ったり。

スポンサーリンク

カリス_電話占い

提供元:ティファレト

12月7日 いて座新月で意識したいこと&取り組みたいこと

射手座新月_取り組み

1. 2017年秋〜2018年やろうと思いつつ、出来てなかったことに着手してみる

新月は何かをスタートさせるのに最適なタイミングです。

2017年10月から約一年間続いた蠍座木星期に、深掘りした思いを実際の行動・成果へと繋げていくチャンス!

足踏み状態となっていた事柄に、今度こそ着手してみてはいかがでしょうか。

2. 2019年以降、向かいたい方向性を定める

射手座期に方向性を定めることの重要性については、射手座木星期のことを書いた記事でもお伝えしたことですが、射手座は的を定めることで本領発揮する星座です。

自分はどの方向に進んでいきたいのか、何を望んでいるのか。

漠然としたものであったとしても、向かいたい方向性があると無いとでは、行き着くスピードも違いますし、飛距離にも影響してきます。

決めて動くことは自己信頼

先のことはどうなるかわかんないしな、いついつまでに終わるかわかんないしな、、、

こんな風に、見通しが立たないと状況は現実問題として出てくるものです。

でも、できるかわからない、終わるかわからない、と思っているということはよく考えてみると、前提として自分を信頼していない状態でいることの表れだといえます。

自分は、これができる。

自分は、これを終わらすことができる。

つまり、まず自分を信じて、できるんだと決めて動くことが、実はとてもとても大事なことだと思うのです。

迷いはあると思います、自信も実績もないかもしれない。

でもまず、決意する。

自分はそこに向かうことにする。

そういった自己信頼が、確かなる前進へと一歩一歩推し進めてくれるのではないかと思います。

3. 今の生活の中で自分の感覚にフィットしないものを洗い出す

こちらも別記事で一度言っておりますが。

波長が合うものだけを厳選するということはつまり、あなたが望む人生の『軸』から離れないでいる、ということ。

波長が合う、感覚にフィットする、居心地が良い、と思うものを選択していった先に、あなたが望む世界があります。

なぜそれがいいのか、なぜそれに惹かれるのかわからなかったとしても、それがなぜかというのは後にならないとわからなかったりします。良いなと思うその感覚を信じて選択していくことが大事ですね。

逆に居心地が悪かったり、違和感を感じるときは、本来いるべき場所から逸れた場所にいる可能性が高いといえます。ワクワクしていない時間を減らすために何か行動を起こすようチャレンジしてみてください。

向かいたい方向性が今の時点で定まっていなくても大丈夫です、今この瞬間を満ち満ちた気分で過ごすことを続けてみてください。

社交辞令や損得勘定が優位になって、無理して選んでいるものがあるならば、それを一つ一つ除いていってください。

頑なに守っている大義名分が、あなたの魂にとって大事なものなのかどうか、今一度問うことが必要になるかもしれません。

4. 射手座木星期に拡大させたいことを明確にする

今回の射手座新月は射手座木星期のスタートダッシュ。これからの一年間に拡大させていきたいものを具体的に考えてみましょう。

どんな人たちと活動していきたいか?

どんな人たちと、どんな人間関係を構築していきたいかイメージしてみましょう。

どんなライフスタイルを実現させていきたいか?

今の生活であなたが嫌なところがあるならば、嫌なところにフォーカスするのではなく、じゃあどんな生活が送りたいのか、という部分に目を向けてみましょう。

パートナーとどんな関係を築きたいか?

パートナーともめることを嘆くのではなく、じゃあどんな関係でありたいのかを考えることにフォーカスしてください。望むパートナーシップを思い描きましょう。

5. 人生の究極の願いに向けて、今からできることを見つける

射手座の空気感が漂う今の時期は、無限の可能性の彼方に思いを馳せたり、大きな夢を描いたりする流れに乗りやすいタイミングです。

この星回りのなか、人生における究極の願いや、こんな風に人生を終えたい、など普段は浮かばないような遠い思いがよぎったならば、その気持ちを大事にしてください。

そして、願いはその遠くのままで、なおかつ今からできることを一つ、また一つと、目の前のことから始めてみてください。

ひとまず2021年、アナタは自分が社会の中でどうあってほしいと思いますか?

人生の理想の終局を考えたとしても、具体的に今からできることはイメージしづらいかもしれません。

なので、究極の願いを念頭に置きつつ、たとえば今から3年後、自分は社会の中でどうなっていたいか、どんな役割を担っていたいか考えてみてください。

そして、3年後そうなっておくために、2019年はどんなことをしたらいいだろうか、と逆算方式で考えてみてください。

スポンサーリンク

願い事を書くときのポイント

射手座新月_願い事

願い事は、新月になってから24時間、できれば8時間以内に手書きで書きましょう!

願い事の数は多すぎると気が散漫になるので、10個程度が良い感じだなと実感しています。

書く前には、机周りをきれいにして、空気を入れ替えて浄化して、できればアロマを焚いたり、ヒーリングミュージックを聴くなどして、できる限り自分の気持ちが清浄になるようしてください。そして、何よりも大事なのはリラックスすること。

思考(マインド)で書いてしまうと、心の願いとは違うということが多々あります。そして、思考から来た望みは、叶いにくく、叶ったとしても実は嬉しくなかった、なんてことが起こります。リラックスして、心に尋ねながら書くよう意識してみてくださいね。

書き終わった後は、声に出して読み上げよう

願い事をすべて書いた後は一度声に出して読むことをオススメします。耳から再度自分自身に願い事を取り込むことで、願いの思いが深まり、逆に心の願いとズレがあったり、表現がしっくりきてないことに気づきやすくなります。

ズレや違和感に気づくことが大事!

読み上げて、「よしこの願いで間違いない!」と思えない場合、本当の望みが別にあるか、もしくは心理的なブロックが働いているかのどちらかである可能性が高いです。

後者の場合は、心理的ブロックが外れた自分になっていることを、願い事の一つとして書き足すのがいいかもしれません。

射手座新月ではスケール大きく願うのがコツ

射手座といえば、「遠さ、高さ、スケールの大きさ」。どこまでも高く遠く、スケール大きく、イメージできる最高のレベルで願うようにしてみることがポイントです。

こんなブッ飛んだ思いを書くのは恥ずかしいな、自分にこんなことができるとは思えない、、、そんな気持ちはひとまず、ひとまず、今はどっかに置いておいて、スケール大きく願いを放っていきましょ〜

射手座新月が叶えてくれること

冒険心と行動力で人生を謳歌するチカラをつける

『人生はアドベンチャー』を地で行きたい人は、必須。

偏見を持たないオープンな心をもつ

射手座の寛容さ、オープン性は、制限的なマインドを手放すにはもってこいですね。

差異を楽しめる自分になる

自分と同じような好みや価値観の人とだけいると、視野は狭くなっていきます。そして、その態度は、射手座新月にも射手座木星期にもフィットしません。射手座期に、人間として大きく成長したいなら、自分とは違うタイプの人と接したり違う環境に浸かってみたり、それぞれの差異をむしろ楽しめるような「おおらかな気持ち」でいることがラッキーアクションとなります。

異文化交流大歓迎!の精神で。

ワクワクしながら楽しく学習し続けられる自分になる

射手座の知的好奇心を味方につけましょう。

世界を舞台に活躍する存在になる

グローバルな視座は、射手座の真骨頂!

旅行 & 海外にまつわる仕事に就く

これには、外国語を使って収入を得ることや、外国人と接する活動をすることも含まれます。

射手座が海外に関わりが深いとはいえ、大事なことは、どのように海外や旅行といった分野で自分が接点を持ちたいのか、という具体性です。

外国人と話す仕事をしたいのか、旅自体を仕事にしたいのか、転々と海外出張したいのか、外国の文化を紹介したいのか、それとも日本のことを海外に発信したいのか、などなど様々な立ち位置があります。自分が望むポジションを明確にした上で願いを書くようにしましょう。

スポンサーリンク

あとがき。自らが望むことで夢を抱くということ

射手座新月_あとがき

以上、12月7日の射手座新月について、さまざまな角度から見てきました。

射手座新月は、デッカい夢を持つことに対する羞恥心を蹴飛ばすタイミングだと私は思っています。

可能性を狭めてしまうのは、いつだって自分自身です。周りから何を言われたとしても、最終的に周りの意見を取り入れて限界を決めてしまうのは自分自身なのです。

なので、周りがどう感じるか、よりも、まず自分だけは自分の可能性に拓けておくことはめちゃくちゃ大事なはず。限界を決めてしまったら、そこで壁ができて、それより先を見ることさえできなくなります。

さて、

そんなことを考えているときに、ふと数年前のある日の出来事を思い出しました。この日のことは、夢の抱き方というテーマに繋がるので、少し詳しく語ります。

当時私は、仏教の世界観に浸かっていて、聖職者の道もいいかもしれないな、なんてことを割とまじめに考えていました。歴史に残る聖職者達の伝記を読んだりして、彼らの精神に内在していた崇高な使命を、自分のなかにインストールするぞ、みたいな感じで燃えていた時期だったように思います。

そんな中、自宅から街に向かう電車に乗ったある日のこと。

2人席の窓側に座って、あと数駅で目的地に着くというとき、視界の隅に人の影が入りました。全身真っ黒の服装で、髪もヒゲも伸びきって、性別もよくわからない風貌でしたがおそらく男性だったと思います。いわゆるホームレスの人で、強烈な存在感と匂いを放って電車に入ってきたのです。

私は、正直なところ、あれ、なんで電車に乗れたんだろう、とか、ヤダなとか思いながら、知らぬふりをしようとしました。

でもまもなくして、その人は、私の隣に座ったのです。

私は一瞬何が起きたかわからず、でも周りの人は何事もないように誰も見向きもしません。私はすぐ隣に座ったその人の存在感と匂いで動くことができなくなりました。ただただ私にできたことは息を止めることだったのです。そして、マザーテレサだったら、この場面でハグができるんだろうな、という思いがよぎりました。

そしてその瞬間、

「オマエに、聖職者なんか務まるもんか」

どこからともなく、そんな声が聞こえた気がしたのです。

と同時に私は思いました、「あ〜、聖職者の道に進む覚悟なんてさらさら無くて、私は自分を救いたかっただけなんだ」と。

そんな自分自身の気づきにショックを感じていると、横に座っていた人は立ち上がって次の駅で降りていきました。

私はこのブログの中で何度も神様ネタをお話していますが、一瞥体験を除いては、この時こそ神の存在を感じた瞬間はありません。(まぁ、つい先日も、神様のフィードバックがあったかもなんて話もしてますが。。)

電車に乗ってきて私の隣に座ったあの男性は、実は他の人には見えてなかったんじゃないか、とか、もしかして、神様が使いをよこしたのかな、なんて思いつつ、甘ったるい自分の考えに喝を入れてくれたことに感謝したり。

そんな感じで、聖職者への道に多少なりとも憧れをもっていた当時の自分は、その日を境に、この俗世に浸かって、この社会の中で何か自分が望むものを探求していかなきゃと、方向転換をしたのであります。

で、なぜ、聖職に進まない道筋がついたかを考えると。

結局、当時の私は、俗世間が「嫌だったから」聖職者に憧れていたんですね。

この〇〇が嫌だから、それゆえに〇〇になりたい、〇〇に行きたい、という思いは非常に危険です。

しかも、本当は自分が逃げたいから、とか、嫌だから、という理由なのに、誰かを助けたいから、といったような善的な思いで自分を本心を覆いかぶせてしまうことがあります。

ですので、

あなたが今どこかに行きたい、何かをしたいと思っている動機が、もし何かからの解放を願うものである場合、もう一度見つめ直すことが必要かもしれません。

今住んでいる家が嫌だから引っ越したい、と思うか、あの土地で〇〇をしたいから引っ越したい、と思うかには大いなる違いがあります。そしてもちろん、後者の動機で動くべきです。

仮に、嫌だという気持ちがどうしても離れないならば、なぜ嫌なのかを考えること。そしてその嫌な理由を反転させて、ポジティブな理由へと書き換えて、そのポジティブな面を自分のなかで意識化させることが大切です。

(思考や価値観の書き換えについては、別記事「他人の価値観から解放されて真に望む人生を歩むための5つのステップ」や「自己の源泉につながってワクワクを生きるための『5つの普遍的To Do List』」で触れてますので、また時間のあるときにでも参考にしてみてください。)

この電車での出来事を通して、私があなたにお伝えしたいことは、あくまでもエスケープではない積極的な望みを、積極的に選ばないと、時に、自分の本心からズレたところに向かってしまう可能性があるということです。

自分は〇〇をしたいんだ、という(エスケープではない)積極的な姿勢で、まずは自己実現を目指し、その過程で自分なりの他者への貢献に励むこと。そうすることで実は結果的に、より多くの人のチカラになっていたり、喜びを深く分かち合ったりできるものです。

そして、誰かと喜びを分かち合うことは、さらなる大きな夢を抱くことにも繋がっていきます。

昔、誰かが口にしていたら自分も鼻で笑っていたような、大いなる夢を持つ瞬間があなたに訪れるかもしれません。(なんといっても今は射手座エネルギーが充満してますからネ、、)

I have a dream!そんな思いを叫びたくなったとき、でも大人だから恥ずかしいと尻込みしてしまったときに、ぜひ思い出してほしいことがあります。

誰かの夢を笑う人は、自分の夢を生きていない、ということです。

そして、夢をもつ人だけが夢を叶えることができるということです。

あなたが親であるならば、子供が憧れるような存在でありたいと思うはずです。

夢を持ち続け、それを叶えていく大人を見て、子供は夢を抱きます。

多くの大人達が、夢を見ることを忘れてしまっているように感じるのは私だけではないと思います。

私もあなたも、自分自身の魂の意思でこの世界に存在しているはず。

一人の力は小さくても、その波及する力は大きなものであると信じられる大人でありたいと私は思います。

なんといっても楽観的な射手座での新月ですから、ここは一発、夢見ることを大いに楽しもうではありませんか。

では、

あなたが素敵な射手座新月を過ごすことを願って、本日はこのあたりで。


おまけ

ジョンレノンの『Imagine』みたいな曲を聴いて、遠くの理想に思いを馳せて願いを書く。

そして、静かに願いを書いた後は、勢いのある曲とか聴いて、盛り上がった気分で思いを宇宙に届ける!

みたいなことをしてみるといいかもしれません。

気分って大事ですから。

ということで、独断と偏見で選曲。

人生のステージを上げるための秘訣 & 神様の話。講演会レポ。

2018.11.29

自己の源泉につながってワクワクを生きるための『5つの普遍的To Do List』

2018.10.17
スポンサーリンク